[CML 032478] 今日の言葉 ――ニッポン外務省のホームページをみて仰天した。絶句。みまちがいとおもい、目をこすった(辺見庸「日録24」2014/07/08)

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 7月 9日 (水) 11:06:04 JST


今日の言葉 ――辺見庸「日録24」(2014/07/08)から。
http://mizukith.blog91.fc2.com/

要旨:
ニッポン外務省のホームページをみて仰天した。絶句。みまちがいとおもい、目をこすった。(略)「盧溝橋事件の発生」にかんし外務
省はいう。1937当時の外務省ではない。2014年現在の外務省が、である。「昭和12年7月7日、北京郊外で日中間に軍事衝突(盧溝
橋事件)が発生しました。(略)17日、日本は中国政府に対して、挑戦的言動を即時停止し、現地解決を妨害しないよう要求しました。
(略)28日、華北駐屯の日本軍は総攻撃を開始し、31日までに北京・天津方面をほぼ制圧しました」。(略)ここからはニッポンによる
中国の侵略、軍事占領、半植民地化という重大な歴史的事実が、ごそっとえぐりとられている。なんということだろう。(略)「日本政府
は自衛行動をとるのやむなきに至った」は、いまのアベ政権でもそのまま再現可能な、「自衛」または「自存自衛」という名の「戦争の
論理」以外のなにものでもない。(略)どうも気流がおかしい。気圧が尋常ではない。息が苦しい。(略)基底に狂気じみたなにかがあ
って、それが連鎖しあい、日々ふくらんでいる。どこでも極右と民族主義者、国家主義者が台頭している。歴史が映像のように巻きも
どされている。(略)佐藤とかいう評論家が、集団的自衛権行使容認に賛成した公明党を堂々と賞賛している。(略)アベ政権支持率
は50パーセント以下になったが、まだ40パーセント以上が支持している。(略)おなじ本をなんども読む。(略)〈委託権を失った市民は
行動にでることもなく、全体をあらわす一部としてかりだされ、「民衆の役割」を演じるだけだ〉〈こうして、民衆は「演劇的機能」にすぎ
ないものとなる〉(辺見庸「日録24」2014/07/08)



東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内