[CML 032462] 【京都でも京都弁護士会主催で数千人の集会・デモ実現を!/京都新聞記事】集団的自衛権、反対集会に5千人 大阪弁護士会、平和主義訴え

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2014年 7月 8日 (火) 14:14:39 JST


京都での7・6ロックアクション(秘密保護法廃止行動)は「東西本願寺をむすぶ非戦行動」のお坊さんたちと「秘密保護法廃止を求める京都府民有志」の共同行動として土砂降りの雨の中160名の参加で行われました。


 京都でも京都弁護士会主催で数千人の集会・デモ実現を!


集団的自衛権、反対集会に5千人
 大阪弁護士会、平和主義訴え
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20140706000091


 集団的自衛権の行使容認反対を訴えるデモ参加者=6日午後、大阪市北区



 安倍晋三政権が集団的自衛権行使容認を閣議決定したことや、12月までに施行が予定されている特定秘密保護法に反対する集会が6日、大阪市内で大阪弁護士会の主催により開かれ、約5千人が「平和主義を守り抜こう」などと声を上げた。



 社民党の福島瑞穂参院議員も姿を見せ、行使容認の閣議決定について「安倍政権は憲法を踏みにじっている」と指摘。特定秘密保護法に関しては「国民に情報を出さず、うそと捏造が始まり、戦争に突入することになる」と危機感を訴えた。



 大阪弁護士会の石田法子会長は「政府が憲法を破壊するような行為は認められない。反対の声を一つにしよう」と呼び掛けた。(共同通信)


【 2014年07月06日 19時35分 】 		 	   		  


CML メーリングリストの案内