[CML 032457] 7.10葛飾憲法集会連続学習会(2)のご案内

林田力 info at hayariki.net
2014年 7月 7日 (月) 22:57:33 JST


以下、変えるな9条!葛飾憲法集会の連続学習会の第2回の案内です。

日時=7月10日(木)18時30分〜20時45分
場所=ウィメンズパル3階洋室A(お花茶屋駅徒歩8分、京成立石駅徒歩10分、青砥駅徒歩13分 )
内容=「専守防衛」から「積極的平和主義」へ〜日米軍事同盟の実態
講師=半田滋氏(東京新聞論説・編集委員)
主催=変えるな9条!葛飾憲法集会実行委員会
*資料代200円。

問い合わせは、戦争協力にNO!葛飾ネットワーク、憲法を生かす会・葛飾、まで。
案内図 http://www.city.katsushika.lg.jp/2877/6587/002931.html
参照URL http://69772467.at.webry.info/

案内文

 戦争放棄を定めた憲法を持ちながら日米安全保障条約を結び自衛隊を整備してきた歴代日本政府は「専守防衛」に徹する、自衛隊は自衛のための最小限度の武力であると言って平和憲法のもと平和国家として歩むことを内外に表明してきた。
 先の戦争の終結から69年、戦争を知る世代が第一線から退き始めると頭を持ち上げ始めた軍事による戦争抑止論、自衛隊とアメリカ軍との一体化。安倍首相はこれまでの歴代政府が掲げていた我が国の軍事戦略「専守防衛」を平和それも「積極的平和」に切り替えてきた。その中身と言えば、武器輸出三原則の見直し、自衛隊の海外派兵・海兵隊機能の強化、外国との兵器共同開発、敵基地攻撃能力研究、自衛隊の離島上陸訓練・・・。安倍首相の言う「積極的平和主義」とは「戦争準備」だ。それがいま、深く静かに進行している。
-- 
林田力(『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者)
http://hayariki.ie-yasu.com/



CML メーリングリストの案内