[CML 032410] (2-2)【報告】第1172日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 7月 5日 (土) 07:31:14 JST


青柳行信です。7月5日。
<つづき>
今回から新シリーズ、原発事故から4年目の夏。長引く避難生活の実情を伝えます、
21.<(プロメテウスの罠)4年目の夏:1 「夜行」で妻子の元へ>朝日デ
ジタル2014年7月4日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11223973.html
<◇No.968 福島県の郡山駅前から、京都行きの夜行バスが出ている。夜
10時5分に発車し、磐越道を新潟に向かう。北陸道に入り、日本海沿いに富
山・福井を通って琵琶湖をかすめ、翌朝の8時10分に京都駅前に着く。10時
間超という長旅だ。福島市に住むNPO職員、吉野裕之(よしのひろゆき)
(48)は、もう20回以上もこのバスに乗っている。京都に避難している妻子
に会うためだ。・・・・・原発事故後の2011年7月、妻のマヤ(48)と、
4歳になったばかりの長女の楓(かえで)(6)が京都市山科区の市営住宅に自
主避難した。吉野が京都に着いた6月15日は、この春1年生になった楓が通う
小学校の授業参観日だった。マヤと一緒に道徳、国語、算数の授業を見た。・・・
・・帰りのバスは京都駅発が夜9時15分。席は前から2列目だ。吉野はカーテ
ンを少し開けて外に目をやる。もう一度、そしてまた一度。バスが高速に上がる
直前、左手に妻子が暮らす市営住宅の明かりが見えた。翌朝6時50分に郡山駅
東口に到着。7時35分発のJRに乗って福島市へ向かう。福島駅に着くと仕事
が待っている。>

22.<4日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定
値・県内震災関連死者・行方不明者>福島民報7月5日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・・・「放射性物質の検査結果(果実・野菜・山菜・キノコ)」・・・。

23.<(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)>下野
新聞7月4日 17:18
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140704/1645292
<▼空間放射線量率(4日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>
・・・・話題が異なりますが、この新聞社の記事に、最近毎日のように「クマ出
没」とあります、クマ猟が控えられているためでしょうか。

福島第一の現場で、
24.<正門周辺の大気中の環境放射線量 毎日新聞 2014年07月05日03時27分
 東京朝刊  
<4日正午現在 1.5マイクロシーベルト毎時?  数値は東京電力のホーム
ページから抜粋  前日は1.6マイクロシーベルト毎時>

電力、
25.<中・西日本の電力6社「余力」増 夏の需給確保、予断は許さず>佐賀
新聞2014年07月04日 19時47分
記事全文<中部、西日本の電力6社は、今夏の電力需給の逼迫に備えて供給余力
(予備力)を積み増し、新たに計55・3万キロワットを確保した。態勢は強化
されたが、それでも火力発電所1基相当。フル稼働を続ける老朽火力のトラブル
などで状況が一気に深刻化しかねない上、上積み分の大半は企業の使用抑制を当
てにしており、依然予断を許さない。東日本大震災後初めて、国内で原発の稼働
なく迎える夏。原発依存度が高い関西電力や九州電力を含む中・西日本は、東京
電力から電力融通を受けることで、需要に対する余力を示す予備率を地域で3・
4%とし、最低限の目安3・0%をクリアした。>
・・・・どこかの配信記事だと思いますが、記事の意図は?

26.<(富山)初の脱原発提案、賛成5% 北陸電力株主総会>朝日デジタル
(2014/07/05)
http://www.asahi.com/articles/ASG7455SPG74UBNB00T.html
<先月の北陸電力(富山市)の株主総会に初めて出された株主提案5議案のう
ち、定款への脱原発の明記を求めた議案への賛成の割合は5・4%(約790万
株)だったことが3日わかった。個々の役員の報酬公表を求めた議案への賛成は
13・8%(約2020万株)。提案者の保有株数(48人で約3万3千株)を
はるかに超える賛同が集まったことから、提案者サイドは「大きな成果だ」と評
価している。同社の株主総会にはこれまで株主提案自体、出されたことがなく、
富山、石川両県の株主有志でつくる「北陸電力と共に脱原発をすすめる株主の
会」が今年初めて、脱原発など5議案を株主提案した。総会では、いずれも否決
された。
 同社が3日、関東財務局に提出した総会の報告書によると、他の株主提案への
賛成は、志賀原発(石川県志賀町)の廃炉を進めるための廃炉本部設置=5・
4%▽使用済み核燃料の再処理禁止=5・8%▽取締役の削減と女性登用=5・
5%だった。・・・・・・・>

37.<(東北)電気料金上げ 東北の企業対応 「価格転嫁は困難」7割>河
北新報7月4日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140704_72008.html
<東北の7割近くの企業が東北電力による電気料金の引き上げ分を価格転嫁でき
ずにいることが、帝国データバンク仙台支店の調査で分かった。減益につながる
と予想する企業が半数以上に上るなど、影響の大きさを映し出した。商品、サー
ビス価格への転嫁について、「全くできない」(43.1%)「ほとんどできな
い」(25.2%)は計68.3%に上った。「ほぼ全額できる」は2.9%、
「半分以上」は2.0%にとどまった。・・・・停止中の原発に関しては再稼働
を容認する意見が50.4%を占め、「即廃止」(10.1%)「徐々に廃止す
べきだ」(30.5%)を合わせた40.6%を上回った。仙台支店は「電気料
金引き上げの影響は大きく、今後も続けば、企業の業績への影響はさらに深
刻なものになるだろう」と指摘した。調査は5月、東北の1376社を対象にイ
ンターネットで行い、663社の回答を得た。回答率は48.2%。>

原発メーカー、昨日既報ですが、添付表あり、
28.<東芝、ブルガリア原発受注 国内メーカー海外に軸足>東京新聞7月4日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014070402100004.html
<・・・・・・・ブルガリアはロシアからの輸入に頼る天然ガスを使った火力発
電への依存度が高く、電力の安定確保のため原発に力を入れている。昨年十二月
にブルガリア政府が交渉入りを承認し、東芝とBEHが契約内容の協議を進めて
いた。日本原子力産業協会によると、海外では百基程度の原発計画が進んでい
る。東芝は六月、英国で原発建設計画を進める企業の経営権を握り、三基の受注
を確実にした。日立製作所も、英国で発電会社を買収し原発建設を予定している
ほか、リトアニアでも受注に向けた優先交渉権を獲得。三菱重工業はフランスの
原子力大手アレバと組んでトルコで四基の受注を固めるなど、各社しのぎを削っ
ている。>

重要な参考記事、
29.<(東京)埋もれた内部被ばくを示唆するデータ 放射線量と放射性物質
濃度が一時ピークに>Business Journal7月4日(金)3時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140704-00010006-bjournal-soci
長い記事<2011年3月15日午前10時、東京にはおびただしい種類の放射性物質が
一気に降り注いでいた――。東京電力福島第一原発事故による東京都内の放射能汚
染について、京都精華大学の山田國廣名誉教授(環境学)が一般にはあまり知ら
れていない公的な測定データを掘り起こし、独自に分析。放射線量と放射性物質
濃度が極めて短時間、かつ同時にピークを迎えていたことを明らかにした。「そ
の時間帯に屋内、屋外のどちらにいたかで内部被ばくの影響がまったく違うだろ
う」といった教訓を、今後の原発事故の避難計画などに生かすべきだと呼び掛け
ている。
●3月15日10時台に降り注いだ「テルル」系核種
それによれば、福島第一原発1、3号機の爆発を経て2号機も状態が悪化していた
15日は、午前3時台にヨウ素、テルル、セシウムなどの放射性物質を12核種、大
気1立方メートル当たり計41.6ベクレル検出。数値は午前7時台から急上昇して9
時台に261.2ベクレル、10時台にピークの1205ベクレルに達した。このとき最も
多かった放射性核種はテルル132で390ベクレル、次いでヨウ素132の280ベクレル
だった。テルル132は半減期が約3日で、ベータ線を出しながらさらに半減期が
2.3時間と短いヨウ素132に変わる。つまり両者は「親子関係」にあり、次々と
ベータ崩壊をして別の放射性物質に変わっていく。データによれば、15日10時前
後はこの「親子」が東京に降り注いだ放射性物質の半分以上を占めている。山田
名誉教授は「初期被ばく
といえばヨウ素131(半減期約8日)とお決まりのように言われていたが、それ以
前にテルル132、ヨウ素132にも注目しなければならず、実際に東京の大気中に
あったのはその両者が大半だということがわかった。これは非常に重大な事実
だ」と指摘する。・・・・・・
●「逃げる」だけでない避難計画を・・・・・避難の目的を『逃げる避難』から
『初期被ばく防止』に切り替え、線量の上昇を察知したら数時間後に大量の放射
能が浮遊、降下してくると想定して住民を適切に待機させるような避難計画を立
てるべきだ」>
・・・重要な指摘です、時間をつくって検索してみてください。

参考記事、
30.<大間原発訴訟 原告適格「2段の壁」>河北新報7月4日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140704_23013.html
<電源開発(Jパワー)大間原発(青森県大間町)の差し止め訴訟は、行政事件
訴訟法が原告適格を認める「法律上の利益を有する者」が自治体を含むか、含む
としても事故時に直接的で重大な被害がある地域と言えるかが、まず争点だ。原
告の函館市は訴訟の入り口で「2段の壁」を越える必要がある。
◎自治体は「法律上利益有する者」か/事故時に直接重大被害ある地域か  函
館市は福島第1原発事故を例に「事故時は個人だけでなく自治体も被害を受け、
避難を強いられる」と指摘。大間原発で事故が起きれば自治体機能を著しく損な
うとして、市の存立を維持する「地方自治権」と市の財産権を法的根拠としてい
る。また、福島事故後に原子炉等規制法の目的に国民の財産保護や環境保全が追
加された上、原発事故の防災対策重点地域が半径8〜10キロ圏から30キロ圏
に拡大したと指摘。大間原発から最短23キロに位置する市は事故時に直接的で
重大な被害を受けるため、原告適格があると主張している。過去に競輪の場外車
券売り場をめぐり、自治体が国に環境施策などの自治権侵害を理由に設置許
可の無効確認や取り消しを求めた訴訟があるが、判決は設置許可が直接自治体の
権能を侵したり、不利益を課したりしないとして原告適格を認めなかった。
市の財産権について、被告は「判例が保護すべき利益とする『原発近くに居住す
る個人の生命や身体の安全』と性質が違う」(国)、「財産が何か具体性を欠
く」(Jパワー)と反論している。欧米では自治権侵害に基づく訴訟で、自治体
の原告適格を認める国が少なくない。函館市もこの点を主張しているが、法制度
の異なる海外の事例が考慮されるかどうかは微妙だ。>

31.<電力 首都へ 後編・巨大基地](12)県と東電 只見川で共闘>新
潟日報2014/07/04 13:16
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20140704121807.html
<戦後復興期の1950(昭和25)年ごろ、本県は電源開発をめぐる大きな騒
動の当事者だった。舞台は福島県境を流れる只見川だ。豊かな水量を誇り、戦後
に「日本最大の未開発水力地点」として注目された。どの事業者が、どんな方法
で開発するかで、本県、福島県、東京電力、東北電力が入り乱れて争っていた。
実は、この争いを通じて本県と東電が親密になった。きっかけは52年7月25
日、吉田茂内閣の閣議で示された水力開発に関する方針だ。国立公文書館に、そ
の内容を記した文書が残っている。閣議文書には、福島県内の只見川中流2地点
における水力発電所設置のための水利権使用を「東北電力に許可する」とある。
続けてこう書かれている。「重複する東京電力所有の水利権は取り消す」・
・・・東電はこの2地点を開発する権利を東北電に奪われたのだ。国家による私
企業の権利侵害である。政府も閣議で「ほとんど前例のない全く異例のことであ
る」と認めている。もちろん東電は強く反発した。社長の安蔵(あんぞう)弥輔
は9月に仙台市で開かれた政府聴聞会で「今回の異例の強権的処置は、甚だ不明
朗な政治的措置である」と訴えた。本県も政府方針に反発した。本県は当時、只
見川上流部で流れを変え、信濃川に水を流して発電する「分流案」を要望してい
た。只見川に沿って水力開発する「本流案」を主張する福島県、東北電とは敵対
関係にあった。只見川中流での開発が認められれば、本流案が既成事実になりか
ねない。・・・・・・後に東電の原発を誘致すると判断した知事亘四郎も当
時、本県選出の国会議員だった。分流案推進の一角を担い、共闘する東電幹部に
も知遇を得たのだろう。この争いは本流案に軍配が上がり、本県と東電は共に敗
れた。同時に本県が東北電の管内でありながら、東電の原発を受け入れる土壌が
つくられたとも言える。>

32.<計画的避難区域づくり、アメリカも参加 福山調書>朝日デジタル2014
年7月4日11時31分
http://www.asahi.com/articles/ASG735VPPG73UEHF013.html
<朝日新聞デジタルは、東日本大震災発生時の官房副長官、福山哲郎参議院議員
が、政府事故調査・検証委員会の聴取に答えた「福山調書」の特集「そのとき官
邸は」第3回「アメリカの声」を配信しました。原発事故から1カ月もたって福
島県飯舘村などの住民に放射線量が高いから立ち退くよう求めた計画的避難区域
の設定をめぐる話です。・・・・・・・・・>

運動の形態の参考、
33.<(埼玉)静かな抗議で「平和」を問う 越谷 >朝日デジタル2014年7月
4日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG734GVYG73UTNB008.html
<政府が閣議決定した集団的自衛権の行使容認に反対する越谷市民らが、JR南
越谷駅前で静かな抗議を続けている。意思表示を書いた紙を持って立っているだ
けで、大声での演説やビラ配りはない。行き交う人に無言で「平和」を問いかけ
ている。
この活動を呼びかけたのは同市の主婦宮前真知子さん(61)。東京電力福島第
一原発事故の後、原発再稼働や秘密保護法などの反対集会にほぼ毎週、国会前な
どに行っているが、往復の交通費や時間は馬鹿にならず、体力の限界も感じてい
た。そこでもっと地元での活動を増やそうと考えた。訴えを書いたプラカードや
紙を掲げたり身にまとったりするだけの方法は、東京・新宿駅西口で実施されて
いる活動を参考にした。・・・・・・・(以下、有料設定)・・・>
・・・・いのうえしんぢさんが福岡の天神でやっているのもこんな感じでしょうか。

34.<(福岡)飯舘村の苦悩伝える映画、糸島で上映へ>朝日デジタル2014年
7月4日03時00分
福島第一原発から30キロ以上離れていながら放射能に汚染され、いまだに全村
避難を余儀なくされている福島県飯舘村。古里を追われた人々の苦悩を描くド
キュメンタリー映画「飯舘村 放射能と帰村」(土井敏邦監督)が26日、糸島
市の伊都文化会館で上映される。・・・・・土井さんは佐賀県出身のジャーナリ
ストで、パレスチナの難民キャンプなどを30年近く取材。東日本大震災後、パ
レスチナと同じ「土地を奪われた人々」の視点で「飯舘村―故郷を追われる村人
たち」を制作した。本作はその続編に当たる。・・・・?>

35.<(大分)太陽光発電設置、8月に規制導入 豊後高田市が指導要綱>西
日本電子版2014年07月05日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/41326/1/
<大分県豊後高田市は4日、太陽光など再生可能エネルギーの発電施設設置を規
制する指導要綱を定め、8月1日から施行すると発表した。同施設の設置が増加
する中、市は「生活環境や自然景観を巡る住民とのトラブルを未然に防ぐため、
一定のルールが必要と判断した」と説明している。要綱は、5千平方メートル以
上の土地に同施設を設置する場合、市への事前の届け出や地元自治会などへの説
明会の開催などを事業者に求める。景観維持などのため設置事業を行わないよう
求める「協力要請区域」も設け、「昭和の町」などがある市中心市街地▽国の重
要文化的景観の田染荘小崎地区▽長崎鼻リゾートキャンプ場周辺?の3区域を指定
している。・・・>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、フクシマ・原発・電力関連記事はありません。
33面に、
36.<被爆後のカラー航空写真、長崎市が発見 米国立公文書館で調査 [長崎
県]>2014年07月04日 01時42分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/99304
<長崎市は4日、被爆翌年までに撮影されたとみられる爆心地一帯のカラー航空
写真が、米国立公文書館で見つかったと発表した。この時期のカラー写真は数が
少なく、航空写真を確認したのは初めて。破壊された浦上天主堂を地上で撮影し
たカラー写真も公開した。長崎市が派遣した調査団が6月16日から28日ま
で、米国立公文書館が所蔵する軍やエネルギー省などの資料を調査し、約2千点
の写真を複写して持ち帰った。・・・・・・・・>

この新聞の昨夕刊に、
<全電源喪失 福島第一原発「1号機爆発」ァ 峽菽任泙2、3秒 あと30メー
トル 駄目だった」
今朝は以上です。(7.5.5:40)
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ
ください。

★ 前田 朗 さんから: 
レイシズムの社会学に学ぶ(4)資源動員論の提示
樋口直人『日本型排外主義』(名古屋大学出版会、2014年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/07/blog-post_4.html

★ 井上澄夫 さんから:
社説・内閣支持率下落 暴走やめ民意を直視せよ 7・4 琉球新報
社説[集団的自衛権容認]抑止力向上は まやかし 7・4 沖縄タイムス
<金口木舌>厚化粧の物言い 7・4 琉球新報・コラム

 安倍による7・1解釈改憲への批判が多くのメディアに噴出していますが、こ
の暴挙が「二度目の沖縄戦」をもたらすという危機感は「本土」メディアにはほ
とんど見当たりません。

7・4付沖縄タイムス記事「辺野古のブイ設置、本土企業と契約 防衛省」から。
 〈【東京】米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設で、防衛省
がキャンプ・シュワブ沖の施工区域を明示するブイ(浮標)の設置を含む業務契
約を、県外企業と結んでいたことが3日までに分かった。安全確保を理由に、一
部を省内で秘密指定しており、契約内容や受注業者を明かしていない。
 海底で固定したブイを海上に間隔を空けて浮かべ、その間をフロート(浮具)
の付いたひもでつなぐという。海上に線を引いたような状態となり、立ち入り禁
止区域を明確にする。
 2日に官報告示したシュワブ沖の臨時制限区域(約561ヘクタール)設定な
ど、ブイ設置の条件は整っている。防衛省は潮位を見ながら、作業に着手する見
通し。
 関係者は「一日で一気に片付けたい」と、阻止行動を念頭に“短期決戦”に持ち
込む考えを示した。〉
 ブイ設置は国による公共事業の一部で国費を投入するのですから、業務契約の
内容や受注業者を秘密指定し公告しないことは許されません。こっそり「一日で
一気に」ブイ設置というのは、万全の警備態勢を敷いていると喧伝しながら、実
は国が戦々恐々として薄氷を踏む思いであることをはしなくも暴露しています。

7・4付琉球新報記事「辺野古 年度内にも埋め立て 知事選後に具体化」から。 
 本格的な埋め立て着工の予定が「2月ごろ以降」とは当初の知事選前着工と比
べるとかなりのずれ込みです。どんどん遅らせ、着工断念に追い込みましょう。

7・4付QABのルポ「検証動かぬ基地 vol.135 北限のジュゴンも生きる環境
守りたい」は動画もご覧ください。悠々と泳ぐジュゴンの映像に触れると、この
海を埋め立てようとする者たちへの怒りがふつふつと湧いてきます。

沖縄でのオスプレイ訓練の横暴ぶりはいよいよエスカレートしています。

  −−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●<1000日目記念冊子希望先●
※<福岡・九州集会>反原発運動1000日の激動の歴史。
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
青柳 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第9回裁判 7月4日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
       原告総数 原告総数 8107名 (6/18現在)
 ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 全九州・全国集会「原発いらない!8.31九州・川内行動」(仮)●
要項詳細:http://tinyurl.com/mqmmstt
     第一回実行委員会
日 時: 7月5日(土)13:30〜17:00
場 所: 深見ビル1階、D会議室
   〒812-0011 福岡市博多区博多駅前4丁目14番1号
      電話:092−411−4860
    地図:http://tinyurl.com/p58mvvo
呼びかけ:原発いらない!九州実行委員会

-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--
8/31 川内に行こう! 再稼働を許さない! 決意。原発いらない!意思表明。

 全九州・全国集会「原発いらない!8.31九州・川内行動」(仮)
〇日程: 8月31日(日)
〇開催場所: 川内原発現地

● 「さよなら原発!福岡」例会 7月10日(木)18時30分〜●
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
      福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
         地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:さよなら原発!福岡
共 催:原発とめよう!九電本店前ひろば
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(090-6420-6211・青柳)

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
       <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
          青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内