[CML 032400] 人口の知能どこまで超越す? 苦い未来の「トランセンデンス」

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 7月 4日 (金) 20:46:53 JST


映画「トランセンデンス
<http://weekendmovies.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-dfa5.html>」

(昨日) ← 右半分ね

(ウイル・キャスター博士は)

(ただの人間だった)

人工知能の助成金を得るためのプレゼンテーション。後ろの巨大スクリーンに心象風景を刺激する映像が、なんだか詐欺師か新興宗教みたいだった。

反コンピューターの集団が、テロリスト想定になってて不満。善悪つけすぎ。

ポロニウム中毒で余命1ケ月という展開で、ロシアのリトビネンコ
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%8D%E3%83%B3%E3%82%B3>
やPLOアラファト議長
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%88>
を連想した。

ダークナイト
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/38d1ec9f2a3545f86d98d33270af539d>
のクリストファー・ノーラン監督かと勘違いしてた。たんなる製作総指揮かぁ。

後半は、だらだらしてる。睡魔に襲われた。
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内