[CML 032393] Re: 集団的自衛権行使違憲確認に松坂市長決意 各地で違憲訴訟を起こすか、原告に加わるかでしょう

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2014年 7月 4日 (金) 14:55:24 JST


前田 朗です。
7月4日

大畑さん

訂正ありがとうございます。

原告らがもった「思い」を立証で積み重ねることで、平和的生存権に基づいて提
訴することができる原告適格を認め、かつ国の行為の違法性を認め させたとこ
ろまでですね。

判決本体で権利侵害を認定して賠償を命じることにはなりませんでした。

判決文の中に、池住さんの原告陳述から引っ張ったのかと思わせる記述があった
ことがとても印象が強くて、平和的生存権にひきつけすぎました。

ありがとうございます。


> 大畑です。
>
>> 自衛隊イラク派遣違憲訴訟・名古屋高裁判決で勝訴したのは、原告の権
>> 利が侵害されたことを裁判所が認めたからです。
> イラク派兵について憲法9条1項に違反すると違憲判決が出ましたが、裁判としては国の勝訴で、平和的生存権の具体的権利性は認めたものの、本件では「未だ」権利侵害はないとして却下されたと思います。
>
> 【参照】歴史的,イラク派兵差止訴訟・名古屋高裁違憲判決
>  http://www.aiben.jp/page/library/kaihou/2004_01irak.html
>
> 名古屋高裁違憲判決(全文)
> http://www.kyodo-center.jp/ugoki/kiji/080417.htm
>  
>
> On Fri, 04 Jul 2014 09:28:15 +0900
> <maeda at zokei.ac.jp> wrote:
>
>> 前田 朗です。
>> 7月4日
>>
>> 今野さん
>> 石垣さん
>>
>> ご苦労様です。
>>
>> 日本の裁判制度では、違憲確認訴訟は極めて困難です。
>>
>> 自衛隊イラク派遣違憲訴訟・名古屋高裁判決で勝訴したのは、原告の権利が侵害
>> されたことを裁判所が認めたからです。
>>
>> 平和憲法を守り、戦争に反対する市民の権利が侵害されたことを裁判所に認めさ
>> せることが必要です。
>>
>> 安倍政権の暴走によって市民の権利が侵害されたことを立証するための工夫が必
>> 要です。
>>
>> 松坂市長は、もしかすると、市長として地方自治行政に携わる立場で、政府の行
>> 為によって業務が困難になったといった新しい主張をされるかもしれません。こ
>> れまでの訴訟とは違った局面も出て来るかもしれません。
>>
>> いずれにせよ、みんなで頭をひねりましょう。
>>



CML メーリングリストの案内