[CML 032388] (2-2)【報告】第1171日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 7月 4日 (金) 07:24:37 JST


青柳行信です。7月4日。
<つづき>
福島第一の現場で、
15.<くみ上げ水 最悪2300ベクレル 福島第1 東電、薄めて放出方針>
しんぶん赤旗7月3日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-07-03/2014070315_02_1.html
記事全文<東京電力は2日、福島第1原発の地下水バイパス計画で、海に放出す
るためのくみ上げ用井戸で6月30日に採取した地下水から、過去最高濃度とな
る1リットル当たり2300ベクレルのトリチウム(3重水素)を検出したと発
表しました。この井戸では、海洋放出の開始後も約6週間にわたり放出基準(同
1500ベクレル未満)を超える状況が続いていますが、東電はくみ上げを継続
しています。濃度上昇傾向が続いている井戸は、12本あるくみ上げ用井戸の最
南端。130メートルほど上流側には、昨年8月に高濃度の放射能汚染水が漏れ
たタンク群があり、漏えい事故による地下水汚染の影響が懸念されています。
この井戸では、5月下旬に放出基準を超える同1700ベクレルが検出され、く
み上げをいったん停止しましたが、その後も基準を超える状態が継続しているに
もかかわらず、6月12日にくみ上げを再開。東電は、12本の井戸でくみ上げ
た水を一時貯留タンクにためて基準値を下回れば海に放出する方針で、事実上、
基準値を超えた汚染水を、ほかの井戸の地下水によって薄めて排出する運用と
なっています。7月2日にも、一時貯留タンクから地下水1858トンを海に放
出しました。地下水バイパスは、原子炉建屋などへの地下水流入による高濃度汚
染水の増加を抑制するために、建屋の山側で地下水をくみ上げて流す計画。現
在、1日当たり300トン規模の地下水を12本の井戸でくみ上げています。>
・・・なんということでしょう、なし崩しの放出、とんでもない・・・・。

16.<福島沖セシウム海底分布、くぼみにたまる傾向>朝日デジタル2014年7
月3日05時00分  (添付図あり)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11221898.html
<・・・福島第一原発の事故で放出された放射性セシウムの海底での分布が、東
京大などのチームの調査でわかってきた。海底のくぼみや泥がたまっている場所
は線量が高い傾向があった。これまでに比べて広域で連続したデータを取ること
で、地形との関係が見えてきたという。
 東京大と海上技術安全研究所、金沢大のチームが原子力規制委員会の委託で報
告書をまとめた。福島第一原発沖の南北50キロ、東西25キロの範囲で、独自
に開発したガンマ線を測る装置を船で引き、同時に音波探査で海底地形を調べ
た。測定した距離は1千キロに及んだ。セシウム137の濃度は海底土1キロあ
たり平均90ベクレルだったが、沖合4キロの測定では1千ベクレルを超える場
所が約20カ所あり、沖合6キロには2千ベクレルの場所もあった。東京大生産
技術研究所のソーントン・ブレア特任准教授(海洋知覚システム学)によると、
濃度が高いのは段差やくぼんだ場所。岩場に比べ泥がたまりやすく、細かな粒子
にセシウムがくっつき高濃度になると考えられるという。原発の南側のほうが
高く、事故時の海流の影響とみられる。また、宮城県の阿武隈川河口から1・6
キロ沖と2・5キロ沖でも、1キロあたり1300ベクレルと2700ベクレル
の高濃度の海域があった。福島県を南北に流れる川が泥などとともに運んだセシ
ウムがたまったとみられる。台風シーズンを挟んでもほぼ同じで、細かな泥は再
移動しにくいと分かった。さらに、採取した海底土からセシウムがどれくらい溶
け出すかを実験で調べると、濃度にかかわらず1〜2%程度だった。事故直後の
約10%より低く、海底からの再汚染が少なくなっていることを示していた。
ソーントンさんは「海の中全体が汚染されたわけではなく、濃度が高くなりやす
い場所があることが分かってきた。今後も継続的に調査したい」としている。>

17.<正門周辺の大気中の環境放射線量 毎日新聞 2014年07月0403時00分日
 東京朝刊  
<3日正午現在 1.6マイクロシーベルト毎時?  数値は東京電力のホーム
ページから抜粋  前日は1.5マイクロシーベルト毎時・・・>

原発立地自治体、
18.<島根原発、停止中の課税検討 島根県>山陰中央新報7月4日
<島根県は、動いている原発の核燃料の価格に応じて課税する核燃料税につい
て、止まっていても課税できる「出力割」の導入を検討している。福島第1原発
事故に伴う中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)の運転停止の影響で、
2011年度から「税収ゼロ」の状態が続いているため。導入する場合は15年
春からを想定しており、今秋に最終判断する。>

19.<(新潟県)原発事故 広域避難計画に懸念も 柏崎市 住民団体に説
明>新潟日報2014/07/03 11:13
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20140703121572.html
<東京電力柏崎刈羽原発を監視する住民組織「透明性を確保する地域の会」の定
例会が2日、柏崎市で開かれ、市は6月に公表した原発事故に備えた広域避難計
画案を説明した。委員からは「事故現場から正確な情報は出るのか」など東電の
情報把握と発信を懸念する意見が出た。市は、今回の計画案は具体的な事故想
定、避難時間のシミュレーションは考慮せず、情報連絡体制や避難経路の選定な
ど基本的な枠組みを定めたものと説明した。委員からは「逃げる場所を明確にし
たことは評価できる」とする意見が出た半面、「そもそも安心できる避難計画が
できるか疑問」という声も上がった。・・・・・・・・>

海外で、
20.<東芝、ブルガリアに原発納入へ 受注額5千億円、東欧で初>佐賀新聞
2014年07月03日 11時46分??
記事全文<東芝が傘下のウェスチングハウス・エレクトリック(WH)を通じ、
ブルガリアの国営電力会社の原子力発電所に、原発1基を納入する見通しとなっ
たことが3日、分かった。近く基本合意を結ぶ。受注額は5千億円程度の見込
み。日本メーカーが東欧で原発を受注するのは初めてという。東芝は、東京電力
福島第1原発事故以降、原発事業の軸足を国内から海外に移した。特に新規の建
設や増設の計画が多い欧州への輸出に活路を見いだそうとしている。基本合意を
結ぶのは、ブルガリア・エナジー・ホールディング(BEH)が、北部コズロ
デュイ原発で進めている増設計画。>
・・・・こちらもとんでもないです。

参考記事、
21.<[電力 首都へ 後編・巨大基地](11)県幹部 柏崎と東電仲介>
新潟日報2014/07/03 13:14
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20140703121601.html
柏崎市は地域活性化の核として原発誘致を目指し、東京電力は首都の西側に大容
量の電源を欲しがっていた。本県は東北電力の供給区域のため、両者に深いつな
がりはない。だれが結び付けたのか。・・・・・・・・・その人物とは、知事亘
四郎の下で秘書課長だった県職員の南雲達衛である。南雲は次の君健男知事時代
に出納長まで上り、君の「側近中の側近」となった。退職後に次の知事金子清の
知事選を仕切ったが、佐川急便献金事件で起訴され、有罪判決を受けた。大物
OBとして県内の政治、経済界に幅広い人脈を持っていたとされる。ただ、秘書
課以前は地方課などで市町村行財政畑を歩んでいた。どこで東電との関係を築い
たのか、定かではない。・・・・小林の私設秘書を務めた長男正明(73)=
後に治助と改名=の記憶では「信濃川水系の関係を担当したことがあって東電に
人脈があった」という。・・・・・本県の信濃川水系の発電所群は戦前、首都圏
のために開発され、戦後の電気事業再編で首都圏の電源地として固定化された。
その歴史の過程で構築された人脈が本県に原発をも引き寄せたと言える。小林の
評伝によると、原発誘致で最終的に「(東北電ではなく)東京がいい」とゴーサ
インを出したのは、知事の亘だった。亘にも東電に人脈があったのだ。本県と東
電との間には、幾重にも人脈が築かれてきたようにも見える。それには、両者が
戦後、水力開発をめぐって「戦友関係」だったことも背景にあった。>

22.<(九電子会社)QTNetがマンション向け電力販売 料金割安、通信
とセット割も>西日本電子版2014年07月04日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/41249/1/
<九州電力グループの九州通信ネットワーク(QTNet、福岡市)は3日、
50世帯以上の新築マンションを対象に電力販売を始めると発表した。企業向け
の割安な高圧電力を一括購入して各家庭に分配することで、九電の家庭向け電気
料金より5%以上安くする。QTNetの光通信サービスに加入すれば8%以上
割引するという。電力会社からマンションに6千ボルトの高圧電力を引き受変電
設備で100ボルトに下げて各世帯に配電する仕組みで、新築マンションでの導
入が増えている。QTNetの光サービスの営業エリアが対象。マンションの世
帯数が多いほど割引率は大きくできる見込み。第一交通産業(北九州市)が福岡
市西区に建設中で2016年2月に完成予定のマンション(107世帯)での
採用が決まっているという。通信と電力のセット販売は、ケーブルテレビ大手の
ジュピターテレコム(JCOM、東京)が先行している。>
・・・・九電による顧客の囲い込みです。

23.<(九電)佐賀県で電線泥棒が多発 九電が通報呼び掛け>西日本電子版
2014年07月04日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/41248/1/
<田園地帯の電柱によじ登り、電線を切断して盗む事件が佐賀県内で多発してい
る。九州電力佐賀支社によると、本年度は3カ月で7件で、前年度1年間の11
件を上回る被害状況だ。電線は主に銅製で、販売目的とみられる。九電は県警に
被害を届け出た。佐賀支社によると、盗難が確認されたのは佐賀市川副町3件、
神埼市千代田町2件、白石町2件。長さ10〜30メートルにわたって電線がな
くなっているのを5月19日〜6月10日に巡回した作業員が気付い
た。・・・・・・・・銅製の電線は10メートル当たり数千円で取引されている
といい、被害額は4万5千円ほどという。九電によると、本年度は福岡県で1
件、熊本県でも2件の被害が出ている。電線の切れ端がぶら下がっていることも
あり「触
ると感電する危険もある。発見したら通報を」と呼び掛けている。 >

24.<福島第1原発:毎日新聞記者ルポ 残る傷跡、先見えぬ汚染水処理 /
石川>毎日新聞 2014年07月03日 地方版
 
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20140703ddlk17040628000c.html
長い記事<東日本大震災でメルトダウン(炉心溶融)した東京電力福島第1原発
に6月18日、毎日新聞の原発研修の一環で取材に入った。事故から3年3カ月
たつが、構内には倒れたままの鉄塔など震災の生々しい傷跡が残る。最大の懸案
となっている汚染水の対策工事では、鋼材が複雑に組み合わされた異様な構造物
が建設中で、試行錯誤の段階にあることを強くうかがわせた。いまだ事態をコン
トロールすることすらままならない福島第1原発の現実を目にして、再稼働を急
ぐ政府や経済界の姿勢に危うさを感じた。・・・・・・>
・・・時間があれば検索してどうぞ。

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
7面経済欄に、20.の類似記事、見出しに、
25.<「福島」後、海外に活路>だそうです、
34面九州経済欄に、22.の記事。
この新聞の昨夕刊に次の特集記事が続いています、
26.<全電源喪失 福島第一原発「1号機爆発」4.「毎時1000ミリシーベル
ト 振り切れた放射線量計」>
今朝は以上です。(7.4.3:50)?
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ
ください。

★ 木村(雅)さんから:
安倍政権は、憲法も平和主義も立憲主義も民主主義も、
そして「豊かな国土と国民が根を下ろして生活していること」である「国富」も
破壊している。
原発と武器を輸出する「武器商人」安倍政権を倒そう。

7月の首相官邸「裏」抗議行動の案内です。

首相官邸「裏」からの抗議行動
反原連有志が呼びかける金曜の首相官邸前抗議行動の時間帯に、
独自に首相官邸「裏」から行動します。
常連さんも、通りすがりの方も、あるいは「表」に参加している方も、
どうぞお立ち寄りください。
志を同じにする方々のアピール・コールを歓迎します。

(名前) 首相官邸「裏」からの抗議行動
(目的) 首相官邸により近いところで官邸に向かって脱原発・反戦を訴えると
ともに、安倍政権の横暴を糾弾する。
(呼びかけ) 木村(雅)(@kimuramasacl)
(日時)2014年7月4日、11日、18日、25日(金)
				 18時半〜19時半
(場所)首相官邸「裏」官邸西側(地下鉄銀座線・南北線の溜池山王駅7番出口
すぐ)
(抗議内容)
脱原発(被害者を守れ、被ばく労働者を守れ、再稼働反対、汚染水対策最優先、
自民党は原発推進の責任をとれ、原子力規制委員会糾弾、原発廃炉、原発輸出止
めろ、東電破綻、福井地裁判決を尊重せよ)、
秘密国家化・戦争国家化反対(特定秘密保護法廃止、集団的自衛権閣議決定糾
弾、武器輸出3原則を守れ、日米安保条約反対、普天間閉鎖・撤去、辺野古新基
地建設反対、高江ヘリパッド建設反対、解釈改憲反対、憲法改悪反対)など。
(注意)「表」の行動とは独立の行動です。
警察の不当な「誘導」や規制や「お願い」には非暴力で毅然と抵抗します。

★ 金信明 さんから: 
安倍内閣は「集団的自衛権の閣議決定」をしました。3日のNHKでは菅官房長官
だけを出演させて、その宣伝だけをやる始末です。本当に日本は危険な崖っぷち
に立っています。そんな日本、安倍内閣にNO!を突きつけるために、安倍靖国違
憲訴訟は一つの有効な手段になるのではないでしょうか?原告やサポーターに是
非なってください。第2次原告を募集しています。締め切りは8月15日です。
下記はこの訴訟の九州・山口の原告団のホームページです。原告になるための
「訴訟委任状」チラシなどもダウンロードできます。ぜひご覧になってください。
http://yasukuniiyaiya.jimdo.com/

★ 井上澄夫 さんから:
辺野古制限水域拡大・海底ボーリング調査反対緊急アピール
7 月 1 日、安倍政権は、6 月 20 日の日米合同委員会の合意を受けて、辺野古
沿岸における「臨時制限区域」を閣議決定し、本日、防衛大臣名で官報告示し
た。辺野古新基地建設に向けて、キャンプ・シュワブ沿岸提供水域の第 1 区域
(常時立ち入り制限区域)を現行の「沿岸から 50m」から「同 2000m」へと大幅
拡大し、「工事完了の日まで」の「臨時制限区域」の設定によって、市民・県民
の当然の権利である抗議行動を徹底排除しようというものである。さらに、飛行
場建設予定敷地内の兵舎などの解体作業も始まった。

辺野古の美ら海は、太古の昔から無数の命をはぐくみ、地域住民が先祖代々、そ
の恩恵を受け、感謝しつつ引き継いできた命の海である。とりわけ、「鉄の暴
風」と呼ばれた沖縄地上戦で陸地が焼け野原になったあと、しまんちゅの命を
救ってくれたのはこの海の豊かさであったことを、私たちは決して忘れない。そ
の海が、陸域のキャンプ・シュワブの運用に伴う提供水域とされ、殺戮と破壊の
訓練のために使われていることは、なんという理不尽であろうか。

そして今、この海が、名護市民・沖縄県民の圧倒的反対を足蹴にして新基地建設
を強行しようとする日米両政府によって、さらなる理不尽な暴力で奪われようと
していることを、私たちは決して許すわけにいかない。万人がその恵みを享受す
べき「公有水面」が、米軍提供水域として漁業や立ち入りを制限されていること
は極めて不当であるが、それを置くとしても、第 1 水域は陸域の米軍施設の保
安のために設けられているものであり、県民の正当な抗議行動を取り締まるため
に恣意的に拡大することは、日米地位協定の 5・15 メモにも反する基地の拡大
であり、言語道断である。稲嶺進名護市長はこれに強く反対しており、名護市議
会も 6 月 25 日、制限区域拡大の日米合意に反対する決議を行った。閣議決定
は、これら地元の意思を踏みにじる許しがたい暴挙である。

さらに安倍政権は、県民の抗議行動を「海上犯罪」として「刑事特別法」を適用
して取り締まる

よう海上保安庁に指示し、海保はすでにそのための訓練を辺野古海域で開始して
いる。海保の増員、沖縄防衛局辺野古現地事務所の増員、名護漁協への法外な漁
業補償も含め、あらゆる権力と金力を用いて名護市民・沖縄県民の民意を徹底的
に潰そうとする国家権力の横暴を看過することは、独裁政治と沖縄戦再現への道
を追認することであり、私たちはこれを断固拒否する。

私たちは、「辺野古の海にも陸にも新たな基地は造らせない」と頑張っている稲
嶺市長や市民とともに、また、埋め立て予定海域内の海草藻場を餌場として盛ん
に利用し、未来への命をつなごうとしているジュゴンをはじめすべての命ととも
に、不法・不当な制限区域の拡大、海底ボーリング調査を許さず、新基地建設を
撤回させるために、内外に広く、次のことを呼びかける。
1) 辺野古現地座り込みへの参加
2) 監視・抗議行動(キャンプ・シュワブゲート前および海上)への参加
 奇しくも、憲法解釈による集団的自衛権の行使容認の閣議決定と同じ閣議で
あったことに、沖縄の将来に暗雲を感じるのは私たちだけでしょうか。沖縄戦の
悪夢を再現させないために、平和を希求する皆さんと粘り強く、戦い続けます。
ご支援をよろしくお願いいたします。 2014 年 7 月 2 日(水) 名護・ヘリ基
地反対協議会
●ヘリ基地反対協議会のHP
 http://www.mco.ne.jp/~herikiti/info.html

  −−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●<1000日目記念冊子希望先●
※<福岡・九州集会>反原発運動1000日の激動の歴史。
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
青柳 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第9回裁判 7月4日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
       原告総数 原告総数 8107名 (6/18現在)
 ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 全九州・全国集会「原発いらない!8.31九州・川内行動」(仮)●
要項詳細:http://tinyurl.com/mqmmstt
     第一回実行委員会
日 時: 7月5日(土)13:30〜17:00
場 所: 深見ビル1階、D会議室
   〒812-0011 福岡市博多区博多駅前4丁目14番1号
      電話:092−411−4860
    地図:http://tinyurl.com/p58mvvo
呼びかけ:原発いらない!九州実行委員会

-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--
8/31 川内に行こう! 再稼働を許さない! 決意。原発いらない!意思表明。

 全九州・全国集会「原発いらない!8.31九州・川内行動」(仮)
〇日程: 8月31日(日)
〇開催場所: 川内原発現地

● 「さよなら原発!福岡」例会 7月10日(木)18時30分〜●
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
      福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
         地図:http://tinyurl.com/mkzzusw


● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:さよなら原発!福岡
共 催:原発とめよう!九電本店前ひろば
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(090-6420-6211・青柳)

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
       <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
          青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内