[CML 032368] (2-2)【報告】第1170日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 7月 3日 (木) 07:14:17 JST


青柳行信です。7月3日。
<つづき>
原発立地自治体、
19.<(福井県)原発事故避難、検査場必ず通過を 福井県、国に方針提示求
める>福井新聞(2014年7月2日午前11時21分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/51850.html
福井県議会は1日、原発・防災対策特別委員会を開いた。原発事故時に30キロ
圏内の県内住民が避難する際、放射性物質の汚染検査を行うスクリーニングの方
法や場所設定について委員から質問が相次いだ。理事者は「スクリーニング場所
は避難するときに必ず通過してもらう」との認識を示した。実施体制はまだ具体
化されておらず、国に方針を示すよう求めていることを明らかにし
た。・・・・・・・・・櫻本宏安全環境部長は、候補地について関西電力高浜原
発西側の30キロ圏境界周辺が手薄になっている状況を明らかにし「舞鶴若狭自
動車道の京都府内にあるPAを候補地にするよう(国のワーキンググループで)
提案しているが、京都府民の避難時の候補地も定まっておらず、今後の課題」と
述べた。
ゲート式の検査方法について、川上修司危機対策監は「(国が導入した)新しい
考え方なので、どういう体制や手順で行うか、国に方針を早く示すよう求めてい
る」と強調。8月31日に高浜原発周辺で行う県原子力防災総合訓練で、ゲート
式を使った所要時間や避難車両の流れを検証するとした。原発が立地する嶺南の
各半島で整備を進めている原子力防災道路4区間の完成時期について、理事者は
「2019〜20年度まで掛かる」との見通しを示した。>
・・・・・昨日の?30.の記事の続きのような記事、「道路の完成が2019〜20
年」だそうです、何もかも後でです。

20.<(島根県)島根原発:地震動引き上げ説明 中国電力、県や周辺自治体
に>毎日新聞 2014年07月02日 地方版
記事全文<中国電力は1日、原子力規制委員会で実施中の島根原発2号機(松江
市)の安全審査について島根、鳥取両県と周辺6市対象の説明会を松江市で開い
た。6月27日の審査会合で示した、基準地震動(想定する最大の揺れ)を引き
上げる方針を各自治体の担当者に示した。中国電は活断層の存在が知られていな
い場所で起きた地震について想定を追加。2000年のマグニチュード
(M)7・3の「鳥取県西部地震」と2004年のM6・1の「北海道留萌支庁
南部地震」の二つの地震を考慮し、基準地震動を現行の600ガル(ガルは加速
度の単位)から620ガルに引き上げる方針を決めている。質疑では、島根県の
担当者から「問題のある機器があればできるだけ早く対応してほしい」などと耐震補
強を求める意見が出た。これに対し、中国電の担当者は「既に耐震補強をしてお
り、現在は周辺での断層の追加調査もしている。何かしら影響が出ればしっかり
と設備の安全性を維持していきたい」と話した。>
・・・・地震動の変化は対数倍という指摘があるのだが、電力会社はいつもこん
な数字でお茶を濁す、ほんとうのこと言えば基本設計が変わるからでしょう!

核関連の一連の動き、
21.<原子力学会新会長に藤田氏>毎日新聞 2014年07月03日 東京朝刊
記事全文<日本原子力学会の新会長に東芝の藤田玲子首席技監(61)が就任し
た。女性が会長を務めるのは初めて。藤田会長は6月25日の記者会見で東京電
力福島第1原発事故について「福島の支援活動を続け、原子力災害の当事国とし
て廃炉作業などで学術的に支援したい」と述べた。任期は2015年6月までの
1年間。原子力規制委員会で進む原発の再稼働に向けた安全審査について「活断
層の評価についてはいろいろな意見を幅広く聞いて議論しないといけない」と注
文を付けた。藤田会長は東京都出身で、1982年東京工業大博士課程修了。
83年に東芝に入社し、電力・社会システム技術開発センター技監などを経て
2012年から東芝首席技監。専門は放射性廃棄物処理など。>

22.<核のごみ:「30年暫定保管を」学術会議が報告書>毎日新聞 2014年
07月02日 21時53分
http://mainichi.jp/select/news/20140703k0000m040077000c.html
<原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物について、日本学術会議
の分科会(委員長・船橋晴俊法政大教授)は2日、廃棄物を地層処分する政府方
針を見直し、30年間をめどに地上施設などで暫定保管することが適切とする報
告書を大筋でまとめた。処分までの猶予期間を設け、将来世代が最新の科学技術
で処理できる余地を残すのが狙い。8月にも政府に報告書を提出す
る。・・・・・・・・・報告書は「総量規制と暫定保管という大局的方向で対処
すべきだ」と主張し、暫定保管の区切りの期間を、人間の1世代に相当する
「30年間」とした。保管がより長期に及んでも、30年ごとに計画を見直すよ
う求めている。一方、負担の公平性を図るため、原発を持つ電力会社の配電エリ
アごとに暫定
保管施設を作ることも盛り込んだ。総量規制については「国民的合意形成を図る
必要がある」として上限値などの具体化は見送ったが、さらなる廃棄物を生み出
す再稼働については「将来世代への無責任を意味する」と反対する姿勢を明記し
た。>

23.<原子力発電環境整備機構:「核のごみ」処分地選定、秋に工程表 新理
事長方針>毎日新聞 2014年07月02日 大阪朝刊
記事全文<原発から出る「核のごみ」の最終処分地を選ぶ「原子力発電環境整備
機構」(NUMO)の新理事長に、近藤駿介氏(71)が1日就任し、新体制が
発足した。近藤理事長は今年3月まで原子力委員会委員長を務めた。同日の記者
会見で、選定作業の工程を定めた独自の「中間目標」を今秋ごろまでにまとめ、
できるだけ早く候補地を絞り込む方針を明らかにした。1日付の人事異動では、
役員10人中8人が交代。副理事長には、関西電力元社長の藤(ふじ)洋作氏
(76)、専務理事には経済産業省出身の西塔(さいとう)雅彦氏(56)が就
いた。機構職員は1日現在89人で、電力会社からの出向組が59人を占める>
・・・昨日の11.の記事と類似、電力会社からの出向が9人・・・・!

参考記事、
24.<(滋賀県)’14知事選:候補者アンケート/2 原発と核のごみ /滋
賀>毎日新聞 2014年07月02日 地方版
<◆質問 (敦賀原発から最短13キロに位置する長浜市余呉町の70代の無職
男性) 以前、旧余呉町に高レベル放射性廃棄物最終処分場誘致の話が持ち上
がった(2006年断念)。政府は今も候補地を探しているが、県内に作る可能
性はあるのか。嘉田由紀子知事は「卒原発」で頑張ったが、12年の大飯原発再
稼働は止められなかった。電気代が少々上がってもいいから、原発をなくしてほ
しい。原発と県内での処分場建設の是非について、どう思いますか。(届け出
順)・・・・・>
・・・・・ご興味があれば検索してどうぞ>

25.<(茨城県)行方にメガソーラー 変電設備、4者共同運営>茨城新聞
2014年7月3日(木)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14042988226100
<行方市内宿の北浦複合団地内に、日立キャピタル・日立製作所連合体(東京)な
ど計4事業者による大規模太陽光発電施設(メガソーラー)「北浦複合団地太陽光
発電所」が完成し2日、同所で合同開所式が行われた。同発電所は同連合体、日
昇つくば(つくば市)、関彰商事(筑西市)、NTTファシリティーズ(東京)の4事業者
が共同で一つの特別高圧受変電設備を運営する。こうした試みは東京電力管内で
は初めて。・・・・・・・・同発電所は、約34ヘクタールの敷地に太陽光パネル計約
11万2千枚を設置。年間想定発電量は一般家庭約8200世帯分に当たる約2950万キロ
ワット時。先月20日から稼働し、20年間発電を行う。電力は全て東京電力に売電さ
れる。>

26.<安川電機、フィンランドの風力部品メーカー買収>西日本電子版2014年
07月02日 15時15分 更新
記事全文<安川電機(北九州市)は2日、フィンランドの風力発電用部品メー
カーの発行済み株式のほぼすべてを取得し、7月中に子会社化することで合意し
た、と発表した。取得額は公表していない。買収するのはフィンランドのスイッ
チ社。安川電機は昨年9月、電力制御装置(コンバーター)を相互供給する業務
提携契約を結んでいた。安川電機は6月、定款に「発電及び売電に関する事業」
を追加。「環境・エネルギー事業」の強化を経営ビジョンに掲げている。スイッ
チ社は、風力発電では現在主流の低圧装置が得意で、安川電機は今後欧州などで
拡大が見込まれる大型風力設備に適した高圧装置に強いため、今回のM&Aに
よって相互の技術を生かし、マーケットを取り込めると判断した。低圧装置は船
舶のスクリューや潮流を活用した発電設備などにも使われるため、新規分野にも
製品やサービスを提供できるとみている。>
過去にこんな関連記事があった、
26’.<安川電機、「発電と売電」定款追加へ>西日本電子版2014年05月08日
19時51分 更新
記事全文<産業用ロボット最大手の安川電機(北九州市)は8日午後、定款の事
業目的に「発電及び売電に関する事業」を加えると発表した。6月18日開催予
定の株主総会に付議したうえで正式に追加する。定款変更の理由について、同社
は「事業の多様化と今後の事業展開に備えるため」としている。同社は風力・太
陽光発電設備などの主要部品やシステム開発を強化している。>
・・・・世界有数のロボット生産企業−こうした企業が自然エネルギー分野で本
気で取り組んでほしいです。

自然エネルギー
27.<(長崎)五島列島北端島、太陽光発電で再興へ(前)?長崎県宇久島 >
データ・マックス2014年7月 2日 13:45
http://www.data-max.co.jp/2014/07/02/post_16457_yng_01.html
<・・・・・・・・・・・ 「平均年齢としては50代後半になるだろうが、それ
は0歳児まで入れての計算。過半数が60代の島というイメージだ。年間100人ずつ
減っていっているのは少子化も原因だが、やはり島に残ってもらえない、産業が
ないということが原因ではなかろうか。このままでは加速的に人口が減ってしま
う」。美しい島は島民の努力と人の暮らしがあってこそ守られている。しかし、
離島で人が暮らすには、都市部にはない苦労がある。消費地までの輸送手段が限
られる。島内で閉鎖した経済圏がある。産業を誘致する優位性がない。おそら
く、多くの離島が同じような問題に直面し、その解決策も見つけることができず
に徐々に体力を減らしてしまっていることだろう。しかし、その宇久島に、大き
なチャンスが訪れている――。>
・・・・・この記事、次の記事の続きといってよいでしょう、

27’.<五島に世界最大級の営農型太陽光発電? >データ・マックス2014年6月
17日 07:00
http://www.data-max.co.jp/2014/06/17/post_16457_yng_1.html
<フォトボルト・デベロップメント・パートナーズ社(ドイツ)、京セラ、九電
工、オリックス、みずほ銀行は6月12日、長崎県佐世保市宇久(宇久島)に最大
出力430MWのメガソーラー発電施設を設置するプロジェクトの基本合意がなされ
たことを発表した。計画が実現したならば、世界最大の営農型太陽光発電施設と
なる。・・・・・・・・・・・・・>

28.<(東京)被爆者の声をうけつぐ映画祭:原爆・原発テーマに 明治大、
きょうから11作品上映>毎日新聞 2014年07月03日 地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20140703ddlk13040161000c.html
<広島・長崎の原爆や原発事故をテーマにした11作品を紹介する「被爆者の声
をうけつぐ映画祭2014」が3?6日、千代田区神田駿河台の明治大学リバ
ティタワーで開かれる。映画祭は、映像による被爆体験の継承を目的に、有志で
作る実行委員会と明大軍縮平和研究所が共催し、8回目を迎え
る。・・・・・・・・・>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
28面九州経済欄の下方に小さく26.の記事。
今朝の紙面はこれだけです。
この新聞の夕刊では、
<全電源喪失 福島第一原発「1号機爆発」というシリーズが6月30日より始
まっています。
このシリーズ、福島第一の事故の原因を極めるつもりはあるか??
今朝は以上です。(7.3.5:25)
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ
ください。

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1025日 テント日誌 7月1日(火)商業用原発停止
286日
テントからのお知らせ
  7月3日(木)「原発いらない福島の女たち」の7・3緊急行動
7月3日、「原発いらない福島の女たち」は、除染やモニタリングなどの放射性物
質対策や、震災瓦礫、除染土の処理、原発事故に伴い必要となった健康管理な
ど、極めて重要な役割を担っている環境省に対し、以下の4点を要請します。
1.除染に偏らない被曝低減措置を早急に策定・実施すること。
1.原発事故子ども被災者支援法の理念に則り、環境省の被災地/者支援政策、放射
性物質対策を抜本的に見直すこと。
1.今後の政策、立案には被災者の声を反映させること。
1.石原伸晃環境大臣は辞任すること。

緊急行動のため流動的ですが、以下の予定です。
☆14:00〜16:00(予定)=環境省前抗議集会・行動
 (14:10〜環境省申入れ、14:46 ダイイン、15:00頃申入れ報告、並行して
15:00〜外国特派員協会記者会見)
☆16:00頃=記者会見報告
☆16:00以降バスで官邸前に移動し、「集団的自衛権・憲法解釈改悪反対」の抗議行動
☆17:00〜18:00頃 帰福

7月3日(木)15:00〜 函館市大間原発差し止め訴訟 第1回口頭弁論

函館市裁判 大間原発建設差し止め訴訟 第1回口頭弁論
。祁遑各(木)15時開廷 14時30分 傍聴締め切り
 東京地裁・103号法廷(100名規模の大法廷) 
 法廷を一杯にするために傍聴をお願いします。
 傍聴抽選に並んでください。
∈枷十了後、「大間原発反対の会・関東」が報告会  資料代500円
  会場:参議院議員会館 1階101会議室
  入り口で通行証を受け取ってください。
  発言者:澤井正子さん(原子力資料情報室)
  野村保子さん(函館市 大間原発訴訟の会)
   弁護士から   
7月16日(月)テント裁判「第7回口頭弁論」14時〜地裁103号法廷(13
時東京地裁前集合) 16時報告集会(衆院第一議員会館 地下1階大会議室)

★ 再稼働阻止全国ネットワーク事務局の木村(雅)さんから:
川内原発再稼働をやめろ!
全国一斉規制委抗議行動 第2波

日時:7月9日(水)12時〜13時半
(原発立地の行動は7月7日〜11日の週を検討中)
場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前
(http://www.nsr.go.jp/nra/map.html )
港区六本木1丁目9番9号   TEL:03-3581-3352(規制庁)
東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」徒歩4分、日比谷線「神谷町駅」徒歩8分
主催:再稼働阻止全国ネットワーク	
http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/inquiry   メール
info at saikadososhinet.sakura.ne.jp
TEL 070-6650-5549             FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワー
ク宛と明記)
(東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付け)
協力:原子力規制を監視する市民の会 
 http://kiseikanshishimin.jimdo.com/    @kanshi_chu

私たち「再稼働阻止全国ネットワーク」は、新規制基準の施行日以来、再稼働審
査よりも放射能汚染水対策を!と主張し、連続的に原子力規制委員会への抗議行
動をしてきました。しかし、規制委は、既に120回も審査会合し、今は川内原
発の「審査書案」作成に着手しています。
東電福島第一原発(イチエフ)の放射能汚染水対策も廃炉への道も見えず、コン
トロールもブロックもできていない中で、原子力規制委員会の再稼働容認は許せ
ません。まして、事故を踏まえていない新規制基準で、地震対策も火山噴火対策
もプラント評価も全く不十分なままで、また、避難対策も住民理解も得られない
ままで、再稼働などあり得ません。
私たちは、6月12日〜14日の鹿児島・川内行動に多数参加して川内原発再稼
働反対を訴えました。13日午後には鹿児島市内で全国相談会を開催(参加
120名)し、鹿児島・川内現地や他原発現地の方々とともに、避難問題など川
内原発再稼働阻止のための行動を論議しました。その中で再稼働推進組織・原子
力規制委員会を糾弾し川内原発の再稼働を阻止することも確認しました。
そこで、「新規制基準」施行(7月8日)から2年目に入る9日(水)に「全国
一斉規制委抗議行動」第2波を提案します。原子力規制委員会(六本木一丁目)
のみならず全国の規制庁現地事務所に対して抗議したいと思います。首都圏及び
原発現地・周辺の方々の同時行動への参加を呼びかけます。

★ 前田 朗 さんから: 
レイシズムの社会学に学ぶ(3)研究方法論の模索
樋口直人『日本型排外主義』(名古屋大学出版会、2014年)  
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/07/blog-post_2.html

★ 井上澄夫 さんから:
2014年7月1日、安倍首相が9条を葬り去り、憲政を破壊して、日本が戦争
国家に転じた日に、辺野古新基地建設工事が本格的に始まりました。これは単な
る偶然の一致ではなく、安倍政権の明確な意思表示だと思います。

辺野古新基地建設を強行する政府の動きが急です。7・1付NHK沖縄が政府の
動きをわかりやすく要約しているので、紹介します。むろんその他の記事もそれ
ぞれ重要です。
◆移設計画で陸地工事のため届出 7・1 NHK沖縄
 アメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐり、沖縄防衛局は、名護市辺野古沿岸
部の埋め立て工事に先立って、移設予定地の一部がかかるアメリカ軍基地内で建
物を解体する工事を始めるため県に届け出を提出しました。
 普天間基地の移設計画をめぐって沖縄防衛局は、移設先とする名護市辺野古沿
岸部の埋め立て工事に向けて海底の地質を調べるボーリング調査の準備を進めて
います。

 建設が予定される飛行場はアメリカ軍キャンプシュワブの敷地内にも一部かか
ることから、 防衛局は、沿岸部の埋め立てに先立って、まず基地内の既存の建
物を解体する工事を始めるため、30日、県に飛行場建設の届け出を提出しました。
 具体的には、キャンプシュワブ内の建設予定地に建つ兵舎や倉庫などの解体を
きょうから順次進め、資材の仮置き場にするということです。

キャンプシュワブでは今回の解体工事とは別に、平成18年以降「基地内の建物
を機能的に再配置するため」として兵舎の移転やゲートを新設する工事が進めら
れていて、これらも普天間基地の移設を見据えた環境整備の一環と見られていま
す。

7・2付琉球新報記事「辺野古水域拡大を官報告示、近くブイ設置作業へ」に
「今月中旬にも開始する海底ボーリング調査」とあり目を引きます。
 ここ数日の諸記事は、沖縄防衛局のリーク情報として海底ボーリング調査を
「今月下旬にも」と伝えていましたが、新報の記述が正確なら、国は調査開始を
早めるつもりということになります。異常に前のめりの政府の姿勢からみて、そ
れは大いにありえることです。

  −−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●<1000日目記念冊子希望先●
※<福岡・九州集会>反原発運動1000日の激動の歴史。
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
青柳 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第9回裁判 7月4日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
       原告総数 原告総数 8107名 (6/18現在)
 ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 全九州・全国集会「原発いらない!8.31九州・川内行動」(仮)●
要項詳細:http://tinyurl.com/mqmmstt
     第一回実行委員会
日 時: 7月5日(土)13:30〜17:00
場 所: 深見ビル1階、D会議室
   〒812-0011 福岡市博多区博多駅前4丁目14番1号
      電話:092−411−4860
    地図:http://tinyurl.com/p58mvvo
呼びかけ:原発いらない!九州実行委員会

-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--
8/31 川内に行こう! 再稼働を許さない! 決意。原発いらない!意思表明。

 全九州・全国集会「原発いらない!8.31九州・川内行動」(仮)
〇日程: 8月31日(日)
〇開催場所: 川内原発現地

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:さよなら原発!福岡
共 催:原発とめよう!九電本店前ひろば
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(090-6420-6211・青柳)

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
       <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
          青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内