[CML 032347] (2-2)【報告】第1169日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 7月 2日 (水) 07:11:00 JST


青柳行信です。7月2日。
<つづき>
参考記事、
38.<(福井県)(核リポート 原発銀座:3)影響はございません 大阪社
会部・室矢英樹>朝日デジタル2014年7月1日17時19分
http://www.asahi.com/articles/ASG6Z5R1RG6ZPTIL01Q.html
出るわ、出るわ、だった。
原発はトラブルの山――。国内最多の原発15基(廃炉作業中の新型転換炉「ふげ
ん」含む)を抱える福井県・嶺南地域で取材した実感である。・・・・敦賀支局
には2012年4月〜14年3月の2年間勤務した。関西電力大飯原発3、4号
機の再稼働など、全国から注目される大きなニュースもあったが、その陰で全国
版に載らない様々な原発がらみのトラブル、不祥事の取材に追われた。
例を挙げると――・・・・・・こうした事例は一部に過ぎない。設備の故障もある
が、軽率な人為ミスが目立つ。トラブルが起きたとき、事業者の説明はこんな言
葉から始まる。「影響はございません」「問題はございません」  これは、環
境に影響を与えるほどの放射性物質を外部に漏らしていない、職員、作業員は被
曝(ひばく)していないことを意味している。この文言を聞くたび、憤りを感じ
た。>
・・・・原発立地する地域の生活に驚く、時間があれば、検索してどうぞ。

39.<(原子のクニ)「事故起きない」不可能>朝日デジタル2014年7月1日19
時39分
http://www.asahi.com/articles/ASG6M45WQG6MTTHB00D.html
<■第6部 再考:9 後藤政志・元原子力プラント設計技術者 ――東芝で原子炉
格納容器の設計者として柏崎刈羽原発や浜岡原発などを手がけた人が、いま原発
の危険性を訴えている?
 日本では、スリーマイル島やチェルノブイリのような事故は起こらないという
前提でやっていたが、1990年代になると「そうも言い切れない」となってき
た。東芝でも、原子炉の安全設計担当が「(過酷事故が起こった時)格納容器の
圧力が設計条件の何倍までもつか計算してくれ」という。そもそも設計とは、設
計条件に沿ってなされているわけだから、超えてはいけない。「保証できないが
設計条件(4気圧)の2倍ぐらいまで」と答えた。――8気圧までと。それが、爆
発を防ぐために圧力を逃すベント(排気)の設計の基礎になっ
た。・・・・・・・・・>

39’.<(原子のクニ)原発建設再開「頭冷やせ」>朝日デジタル2014年7月1
日19時41分
http://www.asahi.com/articles/ASG6R7JN0G6RTTHB00Q.html
<■第6部 再考:10 工藤寿樹・北海道函館市長 ――函館市は4月、電源開
発(Jパワー)が青森県大間町で建設中の大間原発の建設差し止め訴訟を東京地
裁に起こした  立地自治体並みの(建設への)同意権を認めるべきだというこ
とと、建設は実効性のある避難計画ができると確認したうえでなければおかしい
と。函館は大間原発まで最短23キロ。原発から半径30キロ圏内のUPZ(緊
急時防護措置準備区域)に入り、避難計画を作らなくてはならない。危険な区域
は30キロに広げて、同意権は(立地自治体に)収めておく理由はあるのか。 
――ほかの原発訴訟との違いは  大間原発はフルMOXの危険性があるとか。そ
れに再稼働と違って電力需給には関係ないし、危ないものを動かす必要
はない。福島の事故を見て、たった1年半で建設を再開するようなバカな話ある
か、頭冷やせってこと。・・・・>

39”.<(原子のクニ)再選の民意「原発いらね」>朝日デジタル2014年7月1
日19時42分
http://www.asahi.com/articles/ASG6S1T01G6STTHB001.html
<■第6部 再考:11 桜井勝延・福島県南相馬市長  ――大地震、大津波に
チェルノブイリと並ぶ史上最悪の原発事故という類のない複合災害を任期1期目
に経験した  市の南端が東京電力福島第一原発から北に約10キロ。市域の4
割が帰還が困難とされたり、居住制限がかけられたりしている避難指示区域だ。
震災前は市内に約7万1千人が暮らしていたが、死者・行方不明者は1千人以
上。いまも2万数千人が避難生活をしている。――昨年、福島県内の首長選で相次
いで現職が敗れる中で、今年1月に対立候補2人の票を足しても届かない圧勝で
再選された。  現職が敗れた福島、いわきなど6市町で、首長はみんな全力で
復興に取り組んできた。何かミスをしたわけじゃない。有権者は、首長選
を通じて国や政府に審判を下したのだと思う。――震災後、周辺の町村役場が避難
する中で市役所の避難はしなかった。また中央に毅然(きぜん)と異議を唱えら
れる姿勢も、市民の共感を得たと評価されている。・・・・・・・・・・>

40.<城南信金のシンクタンク 名誉所長に小泉元首相=「脱原発」発信>時
事通信(2014/07/01-17:00)
記事全文<城南信用金庫(東京都品川区)は1日、シンクタンク部門「城南総合
研究所」の名誉所長に小泉純一郎元首相を同日付で迎えたと発表した。城南信金
は「脱原発」を提言しており、自然エネルギー推進に関する情報発信などを強化
する狙い。>

41.<[電力 首都へ 後編・巨大基地](10)田中元首相、陸自想定か>
新潟日報2014/07/01 09:54
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20140701121122.html
<東京電力柏崎刈羽原発の設置に、地元選出の元首相田中角栄がどう関与したの
か。本紙のこれまでの報道と関係者の証言などを基に、あらためて検証する。田
中に近い元県議木村博保は1966(昭和41)年7月、後に原発用地となる荒
浜の山林を北越製紙(現北越紀州製紙、本社長岡市)から買った。同社の元社員
の証言では、社長の桜井督三が田中からこの土地を「売ってくれ」と頼まれてい
た。木村は田中の指示で購入したのだろう。土地の所有権は9月に田中のファミ
リー企業「室町産業」に移った。だが、67年1月に錯誤だったとして登記手続
きが抹消され、所有権は木村に戻った。不可解な動きの背景には、当時の田中を
めぐるある事情が見え隠れする。・・・・木村は71年に荒浜の土地を元手
の20倍にも上る約4億円で東電に売った。生前「売却代金4億円は本間秘書と
目白(の田中邸)に運んだ」と証言している。・・・・・・・北越製紙の桜井が
田中から荒浜の土地を売るよう頼まれた際、田中は「自衛隊の演習地がなくて
困っている」と説明したという。柏崎市議会は66年6月に荒浜砂丘地への陸上
自衛隊の誘致を決議している。田中は自衛隊誘致を見越して先物買いをした可能
性もある。結果として荒浜は自衛隊ではなく、原発の用地となった。そこに田中
が深く関わったとの証言は、今のところない。>
・・・・・・政治の世界は闇・・・本当のことはわからない、すでに墓場にもっ
ていっています。

今朝届いた西日本新聞朝刊?紙面では、
1面全面を使って、大見出しで、
<集団的自衛権 閣議決定 行使へ 解釈改憲 平和国家 変質の岐路 首相
「戦争をする国にならない」>
<「戦場に九州の(自衛隊員」現実味>
2面に、「
<戦後体制 幕引き執念・・・・拉致、原発再稼働、消費税再増税・・・>
・・・各紙面に関連記事が続きます、
34面社会欄見開きで、反対運動などの写真を掲載して、国民の反応を伝えています。
原発・電力関連の記事は、32面に、3’.の類似記事があるだけです。
今朝の紙面は以上です。(7.2.3:53)
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ
ください。

★ たんぽぽ舎 さんから: 
【TMM:No2213】
2014年7月1日(火)地震と原発事故情報−4つの情報をお知らせします
  ━━━━━━━
☆1.集団的自衛権に反対、閣議決定を糾弾
   原発並べて(自衛)戦争はできない(山田太郎パンフ)
         柳田真(たんぽぽ舎)
☆2.安全確保のためのDBA(設計基準事故)思想の破綻 
      講座レポート 6/26原発事故基礎講座第3回
   講師:槌田 敦 さん   ※次回は7月17日(木)
            中川敦詞(たんぽぽ舎)
☆3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
    ◆ 7・3環境省抗議行動!− 原発いらない福島の女たち
  ◆ 『小児甲状腺がん89例は異常多発!全調査データの開示を! 健康調査
を! 保養・避難を!』  7/8福島県要請行動&集会参加を!
☆4.新聞より3つ
  ◆ 節電で問う脱原発 センサーや検査機械製作 得意分野生かし開発
               (6月28日東京新聞より抜粋)
   ◆「沈黙は共犯」一人でも歌う
   歌手の横井さん 秘密法廃止や原発ゼロ訴え 11日コンサート
   金曜夜に月1回 官邸近くで安倍政権批判      (6月21日東京新聞より抜粋)
   ◆凍結止水作業が難航   (福島第一の1週間)    (6月28日東京新聞より)
━━━━━━━
※7/2【東電抗議行動】にご参加を!
 第10回東電本店合同抗議 東電解体!汚染水止めろ! 柏崎刈羽原発再稼働す
るな!  原発再稼働は日本を滅ぼす
 日  時:7月2日(水)18時30分より20時
 場  所:東京電力本店前(JR・地下鉄新橋駅徒歩5分)
 よびかけ:経産省前テントひろば・たんぽぽ舎
 賛同団体:東電株主代表訴訟ほか約96団体(6/30現在)
━━━━━━━
┏┓
┗■1.集団的自衛権に反対、閣議決定を糾弾
 | 原発並べて(自衛)戦争はできない(山田太郎パンフ)
 └──── 柳田真(たんぽぽ舎)
 
1.安倍晋三首相らの強硬な「集団的自衛権へのおもわく」で、そして平和の党
をうたう公明党は「予想された腰くだけ・屈服」で、遂に集団的自衛権が7月1
日、閣議決定された。
 世界に誇る9条を持つ日本国憲法が名実ともに自民・公明連立政権によって殺
された日として、後世に残る日となる。
  私たちは自民党・公明党の集団的自衛権に反対、閣議決定糾弾を訴える。「連
立の果実」を優先し、「権力の蜜」に折れた公明党、平和の党の看板を捨てた日
を残念に思う。
2.集団的自衛権の行使を認める解釈改憲に反対する学者や弁護士、元官僚らで
作る国民安保法制懇は30日声明を発表した。
◇「行使容認は憲法9条の規範性を否定し、わが国の平和主義を捨て去る重大
事」とする声明を発表した.小林節・慶應大学名誉教授(憲法)ら法制懇の委員
5人はこの日、参院議員会館で会見し、政府の閣議決定案を「単なる言葉遊び
で、分析ができないぐらい論理が壊れている」と厳しく批判した。
 国民安保法制懇は5月、12人のメンバーで発足。今後、解釈改憲に反対の立場
で見解をまとめる。閣議決定後にも法律の整備などが残されていることから小林
氏は「これでおしまいと思わず声を上げてほしい」と呼びかけている。    (東
京新聞)
3.集団的自衛権への根本批判について、私たちは原発に長年取り組んできた視
点から、集団的自衛権−戦争又は自衛戦争の根本的誤りを原発から具体的に指摘
したい。
 「他国の脅威だ」とか、「自衛戦争だ」とか色々いう人、自民党内の国防−右
派系の人々、軍備拡大や戦争好きの人には、『原発を並べて自衛戦争はできな
い』(山田太郎著)の
一読をオススメする。7年前の2007年に出版された小冊子だが、とても説得力が
ある。
 その一節を引用する。
◇ひとたび武器を使用した紛争に日本が巻き込まれたら最後、(日本の)原発が
武力攻撃をされる可能性を覚悟せざるを得ない。その場合でも、原発を安全に護
ることは不可能である。
◇A.原発に対する武力攻撃には、軍事力などでは護れないこと。したがって、
日本の海岸にならんだ原発は、仮想敵(国)が引き金を握った核兵器であること。
  B.一たび原発が武力攻撃を受けたら、日本の土地は永久に人が住めない土地
になり、再び人が住めるように戻る可能性がないこと。

┏┓
┗■2.安全確保のためのDBA(設計基準事故)思想の破綻 
 |   講座レポート 6/26原発事故基礎講座第3回
 |  講師:槌田 敦 さん   ※次回は7月17日(木)
 └────   中川敦詞(たんぽぽ舎)

○冒頭前回の鼻血問題について少し触れられました。
日本の御用学者はベータ線被ばくに注目していないということが重要でした。
○ DBA思想について  (Design Base Accident)
 DBAとは設計基準事故つまり原子炉の設計基準は想定される事故に対して対
策を行う思想である。これはウィンズケール事故の教訓から
1.ECCSで原子炉を冷やす
2.放射能を格納容器で閉じ込めるという形でDBA思想は完成した。
 しかし、起こりえないはずの苛酷事故がスリーマイル、さらに福島で起きた。
DBA思想が守られれば大丈夫のはずが福島事故では科学技術で守れなかった。
 まず第一に、電源が確保できず、原子炉の状態が分からなくなり低圧注水系が
使えず炉心を冷却できなくなってしまった。また、間違った測定値が出てきた。
 さらに、非常用復水器に水素が溜まるという欠陥からECCSを削除したため
使用ができず苛酷事故に至った。
 第二にDBAでは事故になった時、通常の冷却系を解除してECCSで炉心を
冷やす。しかし、東電は通常の冷却系と混在使用して混乱状態になった。しか
も、冷却の主力を消防ポンプに求めるなどのデタラメ運転を行い苛酷事故になった。
○ DBA思想は失敗から破綻へ ウィンズケール事故を機会にDBA思想は完
成した。しかし、福島事故が起きた以上この事故を新しいDBAにしなくてはな
らない。新しい対策をせず、その他対策設備のコスト高で事故対応できないので
あればDBA思想は失敗を超えて破綻となる。
 原子力は科学技術ではなく、安全の主張はもはや許されない。

◇次回の基礎講座は
日 時:7月17日(木曜日)18:30開場 19:00開会 ※日程にご注意ください。
  原発事故基礎講座第4回『スリーマイル原発と川内原発について』(仮題)
講 師:槌田 敦さん
会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
参加費:800円
皆様のご来場をお待ちいたしております。

┏┓
┗■3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
 └──── 
 ◆ 7・3環境省抗議行動!
  皆さまの心強いご参加お待ちしています。青山(たんぽぽ舎ボランティア)

☆日時:7月3日(木)午後2時集合
☆場所:霞ヶ関 環境省前
☆内容:「金目でしょ」石原環境大臣抗議申し入れ、白い防御服で女たちダイ・
イン、除染目標値を曖昧にし、さらなる被ばくを強いる国に抗議、その他福島が
抱える困難を訴えに福島からバスでやってきます。
☆申し入れ中に外で抗議アピール。3時より外国プレス記者会見。
 発言・鎌田慧、神田香織、満田夏花、石川逸子(詩の朗読)、その他当日発言
多し 主催・原発いらない福島の女たち 080-4518-7368

◆ 『小児甲状腺がん89例は異常多発!全調査データの開示を! 健康調査を! 
保養・避難を!』
 7/8福島県要請行動&集会参加を!
              
 5月19日(月)福島県民健康調査検討委員会が開催され計89例の小児甲状腺が
んとなります。
 有病期間4年とすると15倍を超える発生率で明らかに異常多発(アウトブレイ
ク)です。
 事故当時福島県に住んでいた0歳から18歳の方に限られており、データの本人
開示もなく事態は急を要しています。
 あらゆる健康障害を想定し、希望する者どこでも誰にでも、放射能健診を実施
することが急務です。

<7月8日(火)福島県要請&集会>
☆11時00― JR福島駅前にて署名
☆14時00− 福島県要請(請願)行動
       福島県自治会館(県庁舎隣り)401会議室
☆15時30−記者会見  福島県県政記者クラブ
☆18時30―『小児甲状腺がんは異常多発!全県民健康診断を!』 福島集会 
      会場 福島県青少年会館(福島市黒岩字田部屋53番5号)
   (アクセス)●JR利用の場合 東北新幹線福島駅下車(タクシー約10分 )
主催  放射能健康診断100万人署名運動全国実行委員会  
http://hinan.jimdo.com/ 
     実行委員長 井戸川克隆   連絡先 高瀬(080-1082-9980) 
┏┓
┗■4.新聞より3つ
 └──── 
 ◆ 節電で問う脱原発 センサーや検査機械製作 得意分野生かし開発

 脱原発を提唱する城南信用金庫(本店・東京都品川区)に同調して、相模原市
の中小企業が節電や防災のための新製品を開発している。東日本大震災直後の
2011年秋に7社が節電
機器「A(あ)らま〜」を世に問い、うち6社はさらに災害直後の電気回復時に
起こる火災を防ぐ機器「Aらま〜2」(仮称)を開発、既に特許も申請し、近く
売り出す。
 7社は城南信金淵野辺支店(相模原市)の取引先でつくる「城南淵野辺白梅
会」(河野八朗会長)のメンバー。プラスチック加工品やセンサー、精密機器組
み立て、部品検査機械製作など業種はさまざまなベテラン経営者ぞろい。「福島
第一原発の惨状を見て目覚めた」「地球の安全を考えたら原発は必要ない」「電
気は便利さの背後に原発という怖さを持っていた」と、社長らは口々に言う。
(中略)
 その後、防災という視点から考え「2」の開発に乗りだした。大きな地震など
の災害で電気が止まった場合、怖いのがアイロンなどを使用中に停電、そのまま
避難している間に復旧・通電し、火事になるというケースだ。電力会社は復旧に
ついて広報車などで巡回するが、個々の家庭に連絡することはない。
 そこで今度は6社で停電したらセンサーが感知、自動的にブレーカーが落ちて
電気を止める機器を開発した。河野会長らは「コンパクトで家庭の配電盤に取り
付けるだけでOK。避難しているうちに通電しても安心です」。(後略)(6月
28日東京新聞より抜粋)

◆「沈黙は共犯」一人でも歌う
  歌手の横井さん 秘密法廃止や原発ゼロ訴え 11日コンサート
  金曜夜に月1回 官邸近くで安倍政権批判

 社会派シンガー・ソングライターの横井久美子さん(70)が月に一度、金曜日
夜の首相官邸前近くで安倍晋三首相の政権運営を批判する「一人歌い」を続けて
いる。横井さんは「沈黙は共犯。一人でも声を上げる大切さを感じてほしい」と
話している。(略)(6月21日東京新聞より抜粋)

◆凍結止水作業が難航   (福島第一の1週間)
 東京電力福島第一原発では21〜27日、高濃度汚染水がたまる海側の地下トンネ
ルの凍結止水作業で、凍結しない問題が続いている。凍結させて2号機タービン
建屋地下からの水の流れ込みを断たないと、トンネル内の水抜きは非常に厳し
い。水が抜けないと、凍土遮水壁の建設にも影響が出る。
 止水はトンネル内に粘土などを詰めた袋をいくつも下ろし、凍結液を循環させ
て建屋との接続部を凍らせる内容。一カ月半たっても凍らず、原子力規制委員会
の更田(ふけた)豊志委員からは「凍土壁より、トンネルの汚染水を最も懸念し
ている」との指摘が出た。
 不具合が出ていた新型除染装置「ALPS(アルプス)」は、約3カ月ぶりに
3系統全ての運転が再開となった。 (6月28日東京新聞より)

★ 前田 朗 さんから: 
レイシズムの社会学に学ぶ(2)病理現象を合理的に研究するために
樋口直人『日本型排外主義』(名古屋大学出版会、2014年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html

★ 井上澄夫 さんから:
2014年7月1日は、9条が葬られ、憲政が破壊された日になりました。
 この国が「戦争する国」「戦争ができる国」に転換させられる中で、沖縄では
辺野古新基地建設工事が始まりました。

7・1付沖縄タイムスにこうあります。
 〈工事の完了予定を2019年10月31日としている。関係者によると、1
日からキャンプ・シュワブ内のV字形滑走路部分に位置する工場や診療所、兵
舎、倉庫などの解体工事を始める。6月20日の日米合同委員会でシュワブ内の
作業ヤードを整備するために必要な工事として、日米が合意していた。〉
 〈小野寺五典防衛相は1日午前の閣議後会見で、米軍普天間飛行場の沖縄県名
護市辺野古への移設について沖縄防衛局が県に提出した工事着手届けを踏まえ、
「本日8時30分ごろ、キャンプ・シュワブ内の仮設ヤードとして使用する区域
において、既設の建物の解体に着手した」と現場での作業に着手したと述べた。〉

 また、同日付琉球新報「電子号外」はこう報じています。
 〈沖縄防衛局は1日午前8時30分ごろ、米軍普天間飛行場の名護市辺野古へ
の移設に伴い、滑走路建設予定地にある既存施設の解体作業を開始した。同日午
前9時過ぎには、工
事関係者が兵舎とみられる施設周辺で重機を動かしているのが確認された。これ
まで、キャンプ・シュワブ内では代替施設建設に伴う兵舎などが整備されてきた
が、飛行場建設予定地での工事は初めてで、事実上の代替施設建設工事の着工と
なった。〉

 この工事と並行して、海底ボーリング調査が「今月下旬」(沖縄防衛局)に始
まり、調査完了後に埋め立て着工とされています。
 ところで埋め立てを承認し、今や工事推進を公言する仲井真知事は着工につい
てこうのべました。
 「いちいち、事務処理上の段階に応じてどうのこうのコメントするテーマじゃ
ありませんから」

6・30付NHK沖縄記事「辺野古沖制限で観測断念」から。
 〈普天間基地の移設先とされる名護市辺野古沖で立ち入り禁止区域が大幅に拡
大されるのを前に、現地で生き物の調査を行ってきた大学の研究者らがこれまで
続けてきた生息環境に関するデータの観測を断念し、機器を回収する作業を行い
ました。
 観測の断念を決めたのは、イソギンチャクなどを研究している琉球大学や東京
大学の研究者で、きょう、辺野古沖に設置している水温計などの計測機器を海中
から回収しました。
 普天間基地の移設先とされている名護市辺野古の北側に広がる大浦湾は、豊か
な生態系が育まれている海域として知られていますが、辺野古沖では、埋め立て
工事に先立って船舶などの立ち入りを禁止する水域が大幅に拡大される予定です。〉
 立ち入り禁止区域の拡大はさらにさまざまな悪影響を及ぼすでしょう。

7・1付時事記事「普天間移設に142億円=代替施設建設で予備費−政府から。
 〈政府は1日午前の閣議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を同県名護
市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設するための代替施設建設の事業費と
して予備費から約
142億円を支出することを決めた。
 併せてキャンプ・シュワブ沿岸部の立ち入り制限海域を約561万8000平
方メートルに拡大することも決定した。先月20日に日米両政府が海域拡大で合
意したことを受けた
措置。
 政府は今月下旬にも普天間移設の埋め立て工事のための海底ボーリング調査を
始める。立ち入り禁止海域を拡大することで、移設反対派の妨害活動を事前に阻
止する狙いがある。〉

オバマ大統領に辺野古新基地建設計画の中止を求めるハガキが10万通を超えま
した。沖縄の二つの市民グループの努力がこの成果を生みました。
 米大統領府は10万を超える請願・陳情は大統領に報告することになっています。

7・1付琉球新報記事「基地負担 説明訴え 国の安保議論を疑問視」はぜひ熟
読してください。きっと感じることがあるでしょう。
 ▼大多数の県民が「基地のない平和な島」であることを望む沖縄で、新しい米
軍基地の建設が本格的に始まりました。それは安倍が強行する戦争国家化政策の
最重要の環です。気を引き締めて反撃しましょう。

  −−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●<1000日目記念冊子希望先●
※<福岡・九州集会>反原発運動1000日の激動の歴史。
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
青柳 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第9回裁判 7月4日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
       原告総数 原告総数 8107名 (6/18現在)
 ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 全九州・全国集会「原発いらない!8.31九州・川内行動」(仮)●
要項詳細:http://tinyurl.com/mqmmstt
     第一回実行委員会
日 時: 7月5日(土)13:30〜17:00
場 所: 深見ビル1階、D会議室
   〒812-0011 福岡市博多区博多駅前4丁目14番1号
      電話:092−411−4860
    地図:http://tinyurl.com/p58mvvo
呼びかけ:原発いらない!九州実行委員会

-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--
8/31 川内に行こう! 再稼働を許さない! 決意。原発いらない!意思表明。

 全九州・全国集会「原発いらない!8.31九州・川内行動」(仮)
〇日程: 8月31日(日)
〇開催場所: 川内原発現地

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:さよなら原発!福岡
共 催:原発とめよう!九電本店前ひろば
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(090-6420-6211・青柳)

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
       <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************


----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内