[CML 029299] ■原発が都知事選の争点になることの意味 (ビデオニュース・ドットコム)ourplanet-tv.:むのたけじ氏・

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2014年 1月 30日 (木) 18:32:47 JST


M.nakata です。
メールをいつも送らせていただき、ありがとうございます。 
  
 <以下転送拡散歓迎> 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 ■原発が都知事選の争点になることの意味 (1月16日)
  インタビュー:●独立メデイア・『デモクラシー・ナウ』アンカー:エミーグッドマン
        :元朝日新聞記者:うのたけし)91才
  ●ビデオニュース・ドットコム(神保・宮台)のニュースコメンタリーのパートで
   ■原発が都知事選の争点になることの意味を議論します。
   http://www.videonews.com/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■    
  ●議論・動画録画をご紹介いたします。TV・新聞と比べて、独立メエデイアからの問題提起。
   これは、それぞれ、お薦めです。!!
  
(貼り付け開始)
***************************************************************************************************
ビデオニュース・ドットコム
http://www.videonews.com/

ニュース・コメンタリー
■原発が都知事選の争点になることの意味  (2014年01月25日)
 
● 小泉純一郎元首相に推された細川護煕元首相が原発ゼロを旗印に都知事選に立候補したことで、3・11以降二度の国   政選挙でも大きな論争にならなかった原発が、都知事選の争点にのし上がってきた。
 七十路を超えた2人の元首・・・ 
七十路を超えた2人の元首相の都知事選参戦にはどのような意味があるのか。原発を都知事選の争点とすることの妥当性や国政への影響などを、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。

■勝っても負けても闘い続けるだけ
●・『デモクラシー・ナウ』アンカー、むのたけじ氏・『たいまつ』元発行人無料放送中>>> 
http://www.youtube.com/watch?v=scQ7-Pi0jAo 

--------------------------------------------------------------------------------------------------- 
■ アメリカのリベラルメディアの代表格『デモクラシー・ナウ』の共同設立者兼ニュースキャスターで、
 環境問題や人権問題報道で数々の賞を受賞してきたジャーナリストのエイミー・グッドマン氏が来日中の1月16日、
 ビデオニュース・ドットコムのインタビューに応じ、
 自ら実践してきた政府の監視を日米両国で市民社会が継続していくことの重要さを訴えた。
 
●また、1月14日にはマスコミ関係者からなる「マスコミ9条の会」が特定秘密保護法の制定に抗議し、
 安倍晋三首相の退陣を求める記者会見を行った。

●その会見の中で1945年に自ら戦争責任を取るために朝日新聞を退社した●ジャーナリストのむのたけじ氏が、
 戦前の自らの経験を元に、特定秘密保護法の危険性を訴えた。
 
 日米両国で長年権力と闘ってきたグッドマン、むの両氏の発言を元に、
●ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が、いま日本が、そして私たち一人ひとりが、
 やらなければならないこと、考えなければならないことは何かを議論した。

***********************************************************************************************
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1716
ourplanet-tv.
■米国・ニューヨークの非営利独立系報道番組「デモクラシー・ナウ!」で司会を務めるエイミー・グッドマンさんは20日、日本外国特派員協会(東京・千代田)で行われた記者会見で主流メディアを批判し、●「少数意見をすくい上げる独立系メディアの存在は民主主義社会に不可欠だ」と語った。グッドマンさんが来日したのは今回がはじめて。
 
「デモクラシー・ナウ!」は、96年に開局して以来、視聴者からの寄付と民間財団からの支援のみで運営されている独立メディアで、北米1000局以上の公共メディアに対し配信されている。主流メディアが取り上げることの少ない当事者や現場に精通する地域の専門家、活動家、ジャーナリスト、アーティストらの声を伝え続け、グッドマンさんは「もう一つのノーベル賞」と呼ばれるライト・ライブリフッド賞をジャーナリストとして初めて受賞した。
 
今回の来日は、上智大学のグローバルコンサーン研究所の招聘によって実現した。日本から配信した番組では、双葉町の井戸川克隆元町長や官邸前の抗議活動に参加している避難者の声などを紹介。日本については「主流メディアは反対運動の声を十分に届けていないのではないか」と感想を述べた。
 
●グッドマンさんは会見で、イラク戦争開戦直前の米国内の偏向報道に言及。米4大テレビ・ネットワークの報道番組に出演した400人の専門家のうち、戦争に反対したのはわずか3人だった事実を指摘し●「ジャーナリズムは権力者のメガホンであってはならない」●「国家を分析し、批判するようなメディアが必要だ」と力説。●「メディアが多様な市民の声を伝えないため、社会に議論の余地が生まれない。多くの人々の沈黙はその結果だ」とメディアの役割の重要性について語った。
 
2010年にデモクラシーナウを視察した際のビデオリポートもあわせてご視聴ください。
躍進する非営利メディア〜米国メディア報告(2)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/733  (同時通訳)
 
YouTube版
http://www.youtube.com/watch?v=yj5jIW6Gw1Q
デモクラシーナウ!
http://www.democracynow.org/
 
--------------------------------------------------------------------------------
関連番組
マル激トーク・オン・ディマンド 第667回(2014年01月25日)
細川・小泉連合の日本政治史的意味を考える
ゲスト:中野晃一氏(上智大学国際教養学部教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第640回(2013年07月20日)
なぜ原発が選挙の争点にならないのか
ゲスト:武田徹氏(ジャーナリスト)
------------------**********---------------------------------------------------------------


CML メーリングリストの案内