[CML 029247] 【毎日新聞】特定秘密保護法:「やめなはれ!」 国会議員・弁護士ら160人、都大路で抗議 /京都ほか

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2014年 1月 28日 (火) 12:35:03 JST


特定秘密保護法:「やめなはれ!」 国会議員・弁護士ら160人、都大路で抗議 /京都毎日新聞 2014年01月27日 地方版http://mainichi.jp/area/kyoto/news/m20140127ddlk26010213000c.html
 昨年12月に成立した特定秘密保護法に抗議の声を上げようと「秘密保護法に反対する京都府民有志」が26日、京都市内で「やめなはれ!秘密保護法 1・26通常国会冒頭京都パレード」を実施した。地元選出の国会議員や弁護士ら約160人が参加し、「秘密保護法絶対廃止」などとシュプレヒコールを上げて都大路を練り歩いた。

 パレードに先立って午後2時から円山公園(東山区)であった集会では参加者らが発言。京都弁護士会秘密保全法制対策本部で事務局長を務める小笠原伸児弁護士は「重大な人権侵害の仕組みが入っている。全国の弁護士会がこぞって廃止を目指す取り組みを始めている」と声を上げた。

 共産党の倉林明子参院議員は「私たちは廃止法案提出を表明したが、民主党からも廃止法案提出の声が聞こえてきたことは心強い。廃止という一致点を国会の中で広げに広げて、多数派をつくるために全力を尽くす」と力を込めた。

 特定秘密保護法案を審議した参院特別委員会理事を務めた民主党の福山哲郎議員も発言し「法律の施行までのあと1年間に、どれだけ国民の声を上げていくかが大事。党派がどうこうということとは別に、日本の民主主義を守るためにしっかりと頑張りたい」と話した。

 その後、参加者らは太鼓をたたくなどしながら四条通、河原町通を京都市役所前まで練り歩いた。

 呼び掛け人の1人、村上敏明さん(79)=伏見区=は「耳や目をふさがれた戦争の時代を体験した世代として責任を持って声を上げ続けたい。子供や孫に同じような体験を味わわせたくない」と話した。【花澤茂人】

【IWJ動画】2014/01/26 【京都】1・26 やめなはれ!秘密保護法デモ

 2014年1月26日(日)14時より、京都市で「1・26 やめなはれ!秘密保護法デモ」が行われた。円山公園でのスピーチの後、主催者発表でおよそ200名が京都市役所までデモ行進した。

■Ustream録画
・1/2(14:18〜 1時間1分)

・2/2(15:21〜 20分間)

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/122007

『京都民報』 2014年1月27日 18:30

やめなはれ秘密保護法! 160人がアピールデモ

秘密保護法デモ 「やめなはれ! 秘密保護法」――開会した通常国会で秘密保護法を廃止しようと呼びかけるデモが26日行われ、京都市東山区の円山公園から京都市役所まで市民ら160人が行進しました。主催は毎週金曜日の関電前抗議行動に参加している有志らが呼びかけた「秘密保護法に反対する府民有志」。

 出発前の集会では、弁護士や環境NGO団体代表、国会議員ら10人が発言。京都弁護士会で秘密保全法対策本部事務局長の小笠原伸児弁護士が「憲法に反する法律。日弁連をはじめ全国各地の弁護士会で廃止を目指す取り組みが始まっている」と発言。呼びかけ人の村上敏明さんは「戦前の治安維持法だ。子や孫に二度と悲惨な思いをさせたくない。シニア世代よ戦争反対に立ち上がろう」と呼びかけました。

 日本共産党から穀田恵二衆院議員、倉林明子参院議員が参加。倉林議員は、国会開会の24日、3000人が国会を取り囲み、国民の怒りは広がっていると指摘。「私たちは廃止法案を提出します。民主党からも声が聞こえており、廃止という一致点を広げに広げて、多数派を作るために力を尽くす」と訴えました。

 デモには、ドラムや鈴などを鳴らしながらにぎやかにパレード。金より命をアピールしたデコレーションや「海にあやまれ」「自由を奪うな」などと書いた手作りボードを掲げて沿道の市民に訴えました。

http://www.kyoto-minpo.net/archives/2014/01/27/post_9891.php

『しんぶん赤旗』 2014年1月27日(月)

「やめなはれ秘密保護法」 京都市 集会・パレード 穀田・倉林両氏も

(写真)秘密保護法を廃止しようと市民にアピールする参加者。左端は穀田氏=26日、京都市

 開会した通常国会で秘密保護法を廃止しようと26日、京都市内で「やめなはれ! 秘密保護法」と銘打つパレードが行われました。「秘密保護法 絶対反対」「独裁許すな 自由を守れ」などとコールしながら160人余が、円山公園から京都市役所まで行進しました。

 原発反対の声を上げる金曜日の行動に参加する市民らが呼びかけた「秘密保護法に反対する京都府民有志」の主催です。

 出発に先立つ集会で、弁護士や環境NGOの代表をはじめ参加者が順にマイクを握り「戦争を体験した世代こそ反対の声を」「市民運動も弾圧の対象になりかねない。芽のうちに摘むため、京都から声を上げよう」などとスピーチしました。

 日本共産党から穀田恵二国会対策委員長・衆院議員、倉林明子参院議員が参加。倉林氏と、民主党の福山哲郎両参院議員が発言しました。

 倉林議員は、秘密保護法の強行成立後も廃止を求める国民の怒りが広がっており、安倍政権の終わりが始まったと指摘。「今国会に秘密保護法廃止法案を提出し、廃止の一致点で国会での多数派をつくるため全力を尽くします。ともに頑張りましょう」と訴えました。

 「私たちは黙らない」と書いたボードを持ち参加した女性(68)=京都市=は、「慰安婦」問題でのNHK新会長の暴言にもふれ「安倍政権の暴走を早く止めたい。そのためにも世論を広げなくては」と話しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-27/2014012704_03_1.html

寺野 哲也本日開催された、1・26やめなはれ秘密保護法デモin京都の動画です。http://youtu.be/0FCIxA5dljQ
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内