[CML 029213] イスラエルの犯罪を裁く民衆法廷の記録(1)

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2014年 1月 27日 (月) 09:47:33 JST


前田 朗です。
1月27日

転送です。

イスラエルの犯罪を裁く民衆法廷の記録です。

長いので3回に分けて送ります。

************************************
*

みなさまへ      (BCCにて)松元

「クアラルンプール戦争犯罪法廷」(KLWCT)が、昨年2013年11月に、イスラエル
国家をジェ ノサイ ド(民族浄化的な集団的大虐殺)の罪で有罪宣告し、またイ
スラエル軍ヤアロン元将軍に人道に対する罪、ジェノサイドの罪、戦争犯罪で有
罪 を下しました。その報告記事を、拙訳ですが紹介させていただきます。

2007年3月に設立された「戦争を犯罪とす るクアランプール財団」(KLFCW)が準
備した同法廷は、2011年11月、ブッシュ元米大統領、ブレア 元英首相をイラク
侵攻の戦争犯 罪で有罪の判決を下しています。(なお、財団設立時の2007年2月
には、「戦争の犯罪をあば き、戦 争を犯罪とする」国際会議(PGPO)が開催さ
れており、クリ ス・バス ビー博士、ローレン・モレ博士、日本からも沢田昭二
氏、広河隆一氏が参加して核兵器および原子力発電の放射線被曝についても議論
されてい ます。)

イスラエル国家の処罰にかんしては、2011年11月、 南アフリカで開催された
「パレスチナにかんするラッセル法廷:ケープタウン・セッション」(拙訳を配
信済み)で、「パレスチナ人民を支配 する系統的に制度 化された体制、そのア
パルトヘイト(人種差別)体制」に焦点が当てられ、「ただちに廃止すること」
と「勧告」されましたが、今回の特徴 は、国際法のさまざ まな法源にもとづい
てイスラエル国家の「1948年から現在まで」の歴史に焦 点が当 てられ、「過去
67年間」にわたって繰り返し同 じパ ターンでパレスチナ人に対するジェノサイ
ドを実行してきたと有罪宣告されたことです。長期にわたる国家の歴史的な犯罪
が、国際法のもとで 審判される可能性が拓かれた意味は大きいと思います。

筆 者のエリアス・アクレー博 士は、管轄権(法 の支配の及ぶ範囲)問題など
審理の成立にかかわって丁寧に紹介していますが、法廷報告文を抜粋して記事に
していますので裁判記録(末尾に Urlあり)の一 部と考えて差支えないと思
います。なお、人名はかならずしも原音表記ではないことをお断りしておきます。

ま た、サブラ・シャティーラ 難民キャンプ大虐殺の現場に居合わせ治療してい
た証言者として本法廷にも登場しているアン・スウィー・チャイ医師の著書『ベ
イルートから エルサレムへ パレスチナ人とともに歩む女性外科医』(仮題)を
岡真理さんらが翻訳中で今春インパクト出版会から出版される予定です。なまな
ましい現場を伝える感銘の証言記録です。(2014年1月25日 記)

●This article’s Url
http://feedproxy.google.com/~r/intifada-palestine/yTiY/~3/891VRhqH0Vo/?utm_source=feedburner&utm_medium=email


*ジェノサイドのイスラエルに有罪宣告***

*Sentencing Israel of
Genocide*<http://feedproxy.google.com/%7Er/intifada-palestine/yTiY/%7E3/891VRhqH0Vo/?utm_source=feedburner&utm_medium=email>**


**

エリアス・アクレー博士
2014年1月12日
インティファーダ・パレスタイン

ICC(国 際刑事裁判所)、UN(国際連合)、および安全 保障理事会といった、
いわゆる国際的 に合法的な組織体がシオニストの世界的なテロリズムに勇敢に
立ち向かう気概を欠いているとき、テロリスト国家イスラエルおよび軍の将軍た
ちをその犯罪ゆえに起訴するため、クアラルンプール戦争犯罪法廷(KLWCT)は明
確な勇気を示した。目 撃者の証言を聴取し大量の文書に残さ れた証拠を審査し
た後、法廷はイスラエル国家をジェノサイドの罪で、さらにイスラエル国防軍の
退職将軍アモス・ヤアロン(Amos Yaron)をジェノサイドおよび人 道に対する
罪で、有罪と宣告した。

イスラエル は、国家創設の発端からパレスチナ人に対する系統的なジェノサイ
ドの罪で告訴された。さらにイスラエル軍のアモス・ヤアロン将軍は、1982年
のレバノンにおけるサブラとシャ ティーラ・パレスチナ難民キャンプの大量虐
殺のために人道に対する罪で告訴された。

ヤアロン将軍に対する告訴はつぎのとおりであった:/「被 告アモス・ヤアロン
は、戦争法および国際人道法で無視しえない規範となる国際慣習法、すなわち
//1907//年の ハーグ陸戦協定、//1949//年の ジュネーブ第四条約、//1948//年
の ジェノサイド条約、ニュールンベルク憲章(//1945//)、 ニュールンベルク
判決(//1946//)、お よびニュールンベルク諸原則(//1950//)に違 反して、
//1982//年//9//月、 イスラエルが占領していたレバノンのサブラとシャティー
ラ難民キャンプを軍の支配下に置いているイスラエル軍総司令官の立場で、彼は
これら二つのキャンプ の住民の大規模な大量虐殺を許可しまた故意に助長する
という戦争犯罪、人道に対する罪、および大量虐殺(ジェノサイド)を犯し
た。」///





CML メーリングリストの案内