[CML 029196] 【首都圏】 1・27防衛省緊急抗議行動

井上澄夫 s-inoue at js4.so-net.ne.jp
2014年 1月 26日 (日) 08:13:03 JST


【拡散希望】

【首都圏】1・27防衛省抗議行動

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
名護市民の意志は明白だ-辺野古新基地はいらない!
沖縄防衛局のは入札公告を即時中止しろ!
   ・・・・・・    ・・・・・・
緊急 防衛省抗議行動への参加を
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

日 時:1月27日(月)pm6時30分〜
場 所:防衛省正門前
(東京都新宿区市谷本村町5-1)
JR・地下鉄「市ヶ谷」「四ツ谷」駅7分
http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html

主 催:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
連絡先:電話090−3910−4140
尚 参加者はできれば防衛省への抗議文を持参してください


 「海にも陸にも新基地はいらない」と、訴えて再選を果たした稲嶺進市長。選挙によって移設計画はノーだという名護市民の意思表示が出たばかりの時に、全くそれを無視するような形で沖縄防衛局が事業入札の手続きを進めた。入札・公告の強行は民意を無視した沖縄への恫喝だ。 昨年12月27日、仲井真知事の辺野古埋立て承認は地元名護で拒否された。そればかりか、知事の埋立て承認に抗議する意見書が、県議会をはじめ北中城村議会、嘉手納町議会、八重瀬町議会で可決された。もはや仲井真県知事は埋立て承認を撤回するしかない。そして、日本政府・防衛省は辺野古新基地建設計画を断念すべきである。 稲嶺名護市長は当選後「埋め立てを前提とした協議は全てお断りする」「政府から協力を求められても応じない」ときっぱりと言い切った。名護市民の意思を無視し、埋立て計画を強引に推し進めようとする日本政府・防衛省は入札公告をただちに中止すべきだ。政府・防衛省へ抗議しよう!****************沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックhttp://www.jca.apc.org/HHK/****************


CML メーリングリストの案内