[CML 029168] 2.11「戦争を繰り返さないために─憲法と『建国記念の日』を考える集会」のご案内

平和フォーラム・五十川 gen-hq at jca.apc.org
2014年 1月 24日 (金) 22:09:29 JST


 2月11日の「建国記念の日」は、何らの歴史的根拠もないのに、神話をもと
に明治政府が制定し、侵略戦争を美化し天皇を賛美する日だった戦前の「紀元
節」を、ときの政府・自民党が各界の反対を押し切って政令で定め、1967年か
ら強行された日です。
 戦後の日本は、自民党内閣のもとで、東アジアとの関係、とくに歴史認識に
ついては繰り返し問題が引き起こされてきました。河野談話や村山談話を否定
し、教科書の「近隣諸国条項」の見直しをも主張する安倍晋三を首班とする政
権が誕生して以後、特定秘密保護法の強行成立、集団的自衛権行使の具体化へ
の動き、さらには、年末の靖国神社参拝を強行するなど、日本国内・近隣アジ
ア諸国はもとより、欧米諸国からも安倍首相の姿勢に対する批判や警戒が強ま
るばかりです。これらを踏まえ、日本人の歴史認識や人権意識についての問題
を象徴する日、2月11日に集会を開きます。ぜひともご参加ください。

名称: 戦争を繰り返さないために─憲法と「建国記念の日」を考える集会
主催: フォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム)
日時: 2014年2月11日(火) 13:30〜16:00 開場・受付開始13:00
場所: 全水道会館4F 大会議室
       文京区本郷1-4-1 Tel03-3816-4196
       http://www.mizujoho.com/front/bin/ptlist.phtml?Category=9177
交通: JR中央線・地下鉄三田線水道橋駅下車
内容: 主催者あいさつ  福山真劫(平和フォーラム代表)
      講演「戦争をくり返さないために」(仮)
       講師  浮田久子さん(平和の白いリボン実行委員会) 
           1918年、東京生。父親の仕事の関係で小学校3年生までサンフラン
           シスコで育つ。聖心女子学院英文科卒業。1942年に辻堂(藤沢市)
           に疎開し、今日まで在住。戦後、浮田さんの子どもたちと米国の
           友人の子どもたちの交換留学や、国際的平和運動をとおして、ア
           メリカ市民の暮らしと考え方に、たえずふれあう。カトリツク正
           義と平和協議会会員。日本平和学会会員(元副会長)。婦人国際平
           和自由連盟日本支部会員(元副会長)。
      講演「戦争と歴史認識」(仮)
       講師  保阪正康さん(ノンフィクション作家)
           日本近現代史研究者、「昭和史を語り継ぐ会」主宰。1939年、北
           海道生。同志社大学文学部社会学科卒業。在学中は演劇研究会で
           特攻隊員を描いた創作劇を執筆。卒業後、電通PRセンターへ入社。
           その後、物書きを志して転職した朝日ソノラマで編集者生活。
           1970年に三島由紀夫事件をきっかけに死のう団事件を2年間取材。
           1972年に『死なう団事件』でノンフィクション作家デビュー。
           2004年、個人誌『昭和史講座』刊行で菊池寛賞受賞。
参加費: 500円(資料代を含む)
チラシ: http://www.peace-forum.com/houkoku/20140211chirashi.pdf
連絡先: フォーラム平和・人権・環境
              千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館1F
                  Tel:03-5289-8222    Fax:03-5289-8223
                  E-mail:peace-forum at jca.apc.org
                  http://www.peace-forum.com



CML メーリングリストの案内