[CML 029159] シンポジウム「戦時における女性:最近の展開」9.18-19ウォーウィック大学

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2014年 1月 24日 (金) 09:34:38 JST


前田 朗です。
1月24日

9月18・19日、ウォーウィック大学で「戦時における女性:最近の展開」と
いうシンポジウムが予定され、その参加呼びかけがなされています。

WOMEN IN WAR & AT WAR CONFERENCE 2014 - CALL FOR PAPERS
18th - 19th September 2014 / University of Warwick
http://www.aber.ac.uk/en/media/departmental/lawcriminology/pdf/Conference---Women-in-War-and-at-War---Call-for-papers.pdf

http://ilg2.org/2014/01/11/call-for-papers-women-in-war-and-at-war-conference-2014/


日本軍性奴隷制度を裁いた2000年の「女性国際戦犯法廷」の判事の一人であ
り、イラク戦争における戦争犯罪を裁いた2005年の「イラク世界民衆法廷W
TI・イスタンブール」の検事の一人でもあったクリスティーヌ・チンキン教授
が中心なので、国際人道法と国際刑法の観点からこの問題にアプローチするシン
ポになります。平日開催なので私は参加できません。





CML メーリングリストの案内