[CML 029055] 政策論争を避ける、政策を明らかにしない候補に、都知事候補の資格はない!

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 1月 20日 (月) 00:27:52 JST


紅林進です。 

東京青年会議所が都知事選予定候補者に呼びかけていた公開討論会が
宇都宮健児氏以外に、参加表明がなく中止になった。元々、1月14日に
行われる予定であったが、その時も宇都宮健児氏以外に参加表明がなく、
1月18日に延期して再度呼びかけたものの、宇都宮健児氏以外の、
舛添要一、田母神俊雄、細川護熙の各氏は、出席を断ったとのこと。

都民の前での公開討論を避けるということは、自らの政策に自信がない
からであろうが、都民や討議を基本とする民主主義を愚弄している。

このような人たちに、都知事となる資格はない!

細川護熙氏にいたっては、脱原発(「即時原発ゼロ」)以外に、都政に
ついての政策を何ら発表していない。無責任にもほどがある。

政策を公表するとしていた記者会見も、延期に次ぐ延期で、なんと告示日
前日の22日の夕方に記者会見を開き、具体 的な政策を公表するとのこと。
「後出しじゃんけん」にもほどがある。そのように都政に対する明確な政策も
ビジョンもなく、討論も避けて、慌てふためいて、付け焼刃で政策を作ろうと
いうのか。

そもそも細川護熙氏は、1993年8月9日から1994年4月28日の細川内閣の
首相として、小選挙区制を導入して、今日の日本政治の劣化をもたらした
張本人である。そして自らは、熊本県知事(知事選)時代の、東京佐川急便
からの1億円「借入金」問題を追及され、明確な説明もしないまま、逃げるよ
うに辞任した人物である。

猪瀬の辞任が徳洲会グループからの不明朗な「借金」問題だけに、細川氏
この佐川急便からの1億円「借入金」問題の追及再燃は必至である。猪瀬
がこの不明朗な、収賄も疑われる「借金」で辞任して、同じような疑惑を抱え
る人物を再び都知事に据えるほど都民は愚かであろうか。

しかも問題は細川氏の背後には、小泉純一郎氏がいることである。小泉氏
の脱原発(「即時原発ゼロ」)発言は、その意図はどうあれ、私はそれなりに
評価する。

しかし小泉氏は首相として、新自由主義の権化ともいうべき政策を実施し、
今日の格差社会を築いた元凶である。

そのような人物が背後で糸を引く、「細川都政」なるものがどのようなもの
になるかは、想像しただけでも恐ろしい。おそらく小泉政権を支えた連中が、
「細川都政」のブレーンにもなるのであろう。

もちろん「脱原発」が大きな争点になるのは好ましい。脱原発派が都知事選
に勝利すれば、安倍政権が進める原発回帰・推進政策に痛打となり、それに
一定のブレーキがかかることも事実であろう。

確かに東京都は東京電力の主要な株主とは行っても、東電株式の過半数
は国(原子力損害賠償支援機構が54.69%、2013年9月30日現在)が所有
しているのであり、東京都の所有株数(比率)は、1.20%(同時点)に過ぎない。

柏崎刈羽原発の立地する、新潟県知事ならば、再稼動阻止に実際上の
大きな力を発揮できるが、東京都の場合はそうも行かない。脱原発に向け
て関電に働きかけると言っていた橋下徹大阪市長や嘉田由紀子滋賀県知
事が結局、大飯原発再稼動を容認したように、確固とした政治的意思と
信念がなければ、同じようなことを繰り返すであろう。

しかし細川氏からは、脱原発、即時原発ゼロのみが聞こえてくるだけで、
その道筋も、柏崎刈羽原発再稼動をどうするのか等、具体的な脱原発
の政策の中身も示されていない。

もちろん脱原発派の統一候補が立てられるならば、それに越したことはない。
しかしその脱原発の中身も明確でなく、原発以外の都政に対する政策を示さ
ないで、統一しろといっても無理である。

宇都宮氏、宇都宮陣営は、早くから政策を明らかにし、公開討論、政策論議
を呼びかけてきた。それを一切拒否、無視して、脱原発の候補統一のために
宇都宮氏に立候補を取りやめろと要求するのは失礼極まりない。

水面下で、そのような圧力をかけている人々があるようだが、正々堂々と
政策論議をすべきである。

その上で、宇都宮氏、宇都宮陣営の掲げる基本政策(原発以外の都民の
生活や民主主義に直結する問題も含めた基本政策)を細川氏が取り入れ、
それに同意し、きちんとした政策協定を結んだ上で、その実現が担保される
保障が得られるならば、宇都宮氏も都知事候補から降りて、細川支援で一
本化することもあり得ると思うが、この段階でも、脱原発以外の政策を示さず、
公開討論すら拒否するという状況では、そして何よりも、今日の格差社会を
生み出した元凶の新自由主義者小泉氏がバックにいる中で、そのようなこと
は期待できないであろう。

                           紅林進
                           bkurbys at yahoo.co.jp


CML メーリングリストの案内