[CML 029025] 「強制連行と過去責任−記憶・責任・未来−」公開シンポジウムの案内(再送)

nakatamitsunobu mitsunobu100 at gmail.com
2014年 1月 18日 (土) 09:59:28 JST


日本製鉄元徴用工裁判を支援する会 中田です。複数のメーリングリスト・個人に投稿し
ています。日が近づいてきましたので再送です。重複される方申し訳ありません。

 昨年、新日鐵住金と三菱重工に対して韓国の裁判所で強制連行の被害者救済を命じる判
決が相次いで出ました。
 日本政府や日本のマスコミは、口をそろえて日韓条約で全て解決済であると唱えていま
すが、韓国の裁判所が被害者の請求権を認めた事が、果たして本当に非常識で「不法」な
ことなのでしょうか。「日韓」条約は、あくまでも国家間の条約であり、被害者個人の請
求権や日本の「植民地支配責任」は問われませんでした。
 韓国の裁判所の判決は、この問題の解決を正面から取り上げたものであり、本来歓迎さ
れるべき判決です。この問題を巡ってのシンポジウムの案内です。

「韓国併合」100年ネットのホームページでもご覧いただけます。

http://www.nikkan100.net/

-----------------------------------------------------------------------------
「強制連行と過去責任−記憶・責任・未来−」
 安重根東洋平和研究センター第4回共同研究会
日 時;2014年1月25日(土)13:30〜17:45
場 所;龍谷大学深草学舎・紫英館2階大会議室
主 催;龍谷大学社会科学研究所付属・安重根東洋平和研究センター
協 力;「韓国併合」100年市民ネットワーク

<第1部>  基調講演     13:30〜
テーマ 「『近くて遠い国』の間の対話に向けて―日本人の安重根像をめぐって―」
講 師  牧野英二氏(法政大学文学部教授)

<第2部>  シンポジウム  14:45〜
検 証: ―日韓条約は強制連行被害者の請求権まで奪ったのか―
<報告者>
「韓国の強制連行被害者を巡る判決の状況について」 
            中田光信氏(日本製鉄元徴用工裁判を支援する会)
「改めて問われる西松建設最高裁判決の意義   
            足立修一氏(中国人強制連行西松裁判弁護団)
「マスコミは日韓条約問題を正しく伝えたか?」   
            湯谷茂樹氏(毎日新聞編集委員)
<パネル討論>   
コーディネーター  勝村誠氏(立命館大学コリア研究センター長)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////


《連絡先》 龍谷大学社会科学研究所付属・安重根東洋平和研究センター
事務局:龍谷大学経営学部・重本研究室 Eメール sigemoto at biz.ryukoku.ac.jp
「韓国併合」100年市民ネットワーク 中田 mitsunobu100 at gmail.com
                                         携帯 090‐8482‐9725


CML メーリングリストの案内