[CML 028887] Fw: 上映会 「アジアとの友好のために −高嶋伸欣さんの教育実践記録−」 2014年1月26日

ohata ohata-yu at r5.dion.ne.jp
2014年 1月 12日 (日) 08:28:25 JST


大畑豊です。

重複ご容赦ください。

----------------------- Original Message -----------------------

2014年 高岩仁監督作品上映会

 「アジアとの友好のために −高嶋伸欣さんの教育実践記録−」

 〜アジアの人々は、日本人の戦争観、そしてアジア観に注目している〜

 最近、韓国・朝鮮バッシングの風潮が強くなってきているが、日本とは友好親
善の歴史があり、文化の面で多くのことを学んできた。 今回、『江戸時代の朝
鮮通信使』を併せて上映し、高嶋伸欣さんのお話を伺い、今、私たちはアジアと
どう向きあうべきかを考えたい。(作品・講師紹介は末尾に)


★日 時:2014年1月26日 (日) 午後1:45〜4:30 
                  (開場 午後1:15)

★プログラム
 1:50〜 映画「アジアとの友好のために」(1996年、41分)
 2:35〜 映画「江戸時代の朝鮮通信使」 (1980年、50分)
 3:40〜 講演 高嶋伸欣さんのお話
        『2014・アジアとの友好のために』

★参加費: 前売 1,300円(当日1,500円)
      学生 1,000円 高校生以下無料

★会 場:東京ウィメンズプラザ・ホール
    http://www.pbls.or.jp/event/map_tokyo-womens-plaza.html
    東京都渋谷区神宮前5−53−67   
    (ホール入口はエスカレーターを下った地下1階です)

    JR山手線・東急東横線・京王井の頭線・渋谷駅下車徒歩12分
    地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅下車徒歩7分
    都バス(渋88系統)渋谷駅から4分青山学院前バス停下車


★お問合せ・前売券申し込み先: 
  TEL&Fax 03−5974−1333
      (電話は月曜日を除く11時〜20時)
  メール dotouch2009 at ybb.ne.jp

★主 催: 教えられなかった戦争製作上映実行委員会
       豊島区駒込2−17−8 1F 東京琉球館気付


【 作品・講師紹介 】

●「アジアとの友好のために」(構成・編集 高岩仁)
 *日本軍による住民大量虐殺の実態調査
  「東南アジアでも、日本軍は中国と同じように資源の略奪と住民に
   対する残虐行為を行っていました。
   そしてアジアの人々は、そのことをきちんと伝えない日本政府に
   抗議すると同時に、そのことを結果として許してしまっている全ての
   日本人の戦争観も、問題にしています。それに、私たちは応えなけれ
   ばなりません」(高嶋)

 *アジアに対する差別意識・侵略・残虐行為の原因追究
  「日本人は明治以前、アジアの人々から多くを学んでいました。特に江戸時
   代、朝鮮通信使を通じて朝鮮から進んだ文化を取り入れていました。
   『朝鮮は昔お師匠さま』と言った勝海舟。それが明治になってから、学校
   教育や日本社会の思想的状況、『征韓論』『脱亜入欧』などによって、ア
   ジアに対する差別意識を持つようになったのではないでしょうか」(高嶋)

●「江戸時代の朝鮮通信使」
    (企画・原案 辛基秀 監督 滝沢林三 撮影 高岩仁)
 秀吉の朝鮮侵略は両国の関係に深い亀裂を生じさせたが、江戸幕府は友好関係
を重視し、国交を回復した。朝鮮から、大規模な文化使節団が、12回、日本を訪
れて活発な文化交流を行った。
 使節団には多くの優れた学者や文化人が加わり、日本に先進的文化をもたらし
た。このような朝鮮通信使を軸とした両国の交流には、平和友好の絆をつよめて
いこうとする両国民の願いがこめられていた。

◆高嶋伸欣さん プロフィール 
 1942年、東京都生まれの地理学者。歴史研究家。現在、琉球大学名誉教授。
30年間の筑波大学付属高校の社会科地理担当教員時代、1993年、執筆した高校現
代社会科教科書検定不合格、文部省を相手に裁判を起こす(横浜教科書裁判)。
「教えられなかった戦争・侵略マレー半島」は、長年にわたってシンガポール・
マレーシアで調査活動をしてこられた高嶋さんの協力を得て製作された。


○高岩仁(記録映像作家)
1935年 福岡県生まれ。
1980年代、 ベルトルト・ブレヒトの『戦争の存在を人々に伝えることも重要だ
が、なぜ起こるのか、誰が戦争を必要としているのか、根絶するにはどうしたら
よいのか、それがないと真実を伝えたことにならない』という戦争の見方を知り、
それ以来、日本の侵略戦争をこの観点で描いた。
 教えられなかった戦争シリーズ、全作品に一貫しているのは「資本主義は戦争
を必要としている」ということである。

1992年 『教えられなかった戦争』シリーズ第一作・マレー編。
    その後、フィリピン編・沖縄編・第二の侵略・中国編を製作。

2008年1月29日 急逝、72歳。
       「教えられなかった戦争・朝鮮編」製作を準備中であった。


--------------------- Original Message Ends --------------------




CML メーリングリストの案内