[CML 028859] 【時事通信】沖縄県議会、仲井真知事の辞任要求決議可決=普天間、名護市長選に影響

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2014年 1月 11日 (土) 05:44:08 JST


沖縄県議会、仲井真知事の辞任要求決議可決=普天間、名護市長選に影響

時事通信 1月10日(金)22時20分配信

 沖縄県議会は10日夜の臨時会本会議で、仲井真弘多知事が米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設の前提となる名護市辺野古沿岸部の埋め立てを承認したのは公約違反だとして、知事の辞任要求決議を野党などの賛成多数で可決した。県議会事務局によると、こうした決議の可決は前例がない。

 決議に拘束力はないが、県議会が知事への「不信任」を突き付けたことで、埋め立てに向けた地質調査など政府の作業に影響が及ぶのは避けられそうにない。12日告示の名護市長選で、知事が支援する辺野古移設推進派の新人候補は苦しい立場に立たされそうだ。

 知事は決議を受け「極めて遺憾だ」とのコメントを発表。この中で「公約に掲げた政策の実現に取り組み、一括交付金の獲得、基地跡地利用推進法の改正等の主要政策の実現をみた」と、「公約違反」との批判に反論、「今後とも、基地負担の軽減や沖縄振興といった公約の実現にまい進する」と辞任しない意向を明確にした。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000181-jij-pol 		 	   		  


CML メーリングリストの案内