[CML 028774] ある「右翼」青年に(3)③FW: 最後は居直り(Re: 〇〇さん、逃げ‏

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2014年 1月 7日 (火) 09:40:39 JST


これで、オシマイです。
*********************
>これで、靖国神社に清々しい気持ちで参拝に行けます(これまで右翼と言われるのが嫌で行く事を躊躇し続けていたのですが・・・)。

>

 

 プッ、プッ、プフッ(笑)…失礼! …でも、ホント、〇〇さんって、恥を知らないのですのねェ…('ェ')フム~…

 

 

 なんとまァ、見栄っ張りなこと!? あなたは、上記のように平気で数々の嘘をつくヒトでした。これは「アホウヨ」さん、と呼ばれる人々の特徴の一つですけど・・・

 

 

 …でもねぇ、自分が正しいと本当に思うんなら、「右翼よ」「アホウヨ」と呼ばれようが、堂々と「靖国神社に清々しく参拝」してれば良かったんじゃありませんか?

 

 

 自分の見栄っ張りがしからしめた、あまりにもくっだらない「躊躇」なるものを、吹き飛ばすためには、他人の力=増田サンの力(笑)を借りなければならなかったなんて、あんまりにも姑息で、セセコマシクッテ(笑)、聞く(読む)ほうが恥ずかしいですけど(笑)…

 

 

 〇〇さん、あなたがいくらね、

 

 

[私も世界平和とくに東アジアの平和を望む者です。

という前提にたって、お正月休みでゆっくりと時間がとれましたので、改めて韓国と日本の近代史について勉強をしています。

 

 

その中で文部科学省検定の教科書やマスコミが流布する近代史から受けるイメージと真逆な事実がいくつか浮き彫りになってきたので、少々面食らっております。以下に列挙致しますので、ご意見お聞かせ願えますか?]

 

 

 などと「公平」らしく装っても、

 

「どうか宜しくご教授いただければと思います。」などと、「謙虚」フウを装っても、〇〇さんが、「右翼」の心酔者であることは、あなたが最初に「列挙」していた「15の質問と用語」に見え見え(笑)でしたよ、最初っからね。衣の下の「右翼」そのものの鎧…それも粗悪なヤツ(笑)…が丸出しで、私には、よく見えていました。

 

 

 だから、私は最初の返信に書いておいたのです。

 

 

[もし、本当に、あなたが「とくに東アジアの平和を望む者」でいらっしゃるならば、私に「ご意見お聞かせ願えますか?」と「列挙致」されている「1~12」等の主張は、恥ずかしくって、穴があったら入りたくなることでしょう。]と…

 

 

 日本軍性奴隷の被害者として言語に絶する人権侵害を受けた方々に対して「売春婦」と呼んで恥じない神経で、どうして「私は、とくに東アジアの平和を望む者です。」などと、書けるのでしょうか?

 

 

 〇〇さん、あなたは、最初っから正直に書くべきでしたね。「公平」らしい装いや、「謙虚」ぶった装いなどの小細工はせず、見栄を張らず、スッピンの「アホウヨ」さんと呼ばれている素顔をそのまま正直に…

 

 

 

>アメリカの州議会にも、これら多くの証拠物件が心ある親日家の手によって届けられ、韓国の反日ロビー活動が全て水泡に帰すことになろうかと思います。

>

 

 そうですね…ウィットに富んだ本質を突いたホワイトハウスのコメントが期待されますね!

 

 

 あっ、そうそう…この、テキサスオヤジさんには、以下のような、実に穿った見方もありますから、ご参考までにご紹介しましょう。長いから一部だけね(笑)…

 

 

 「背景を知らないネットのアフォな人々」って、辛坊治郎さんの命名、おもしろいですね!(笑)

 

 

●2013年12月31日(火)13:30配信の『金融経済まぐジャーナル!』の『辛坊治郎のメールマガジン』

 

――◇colum4 辛坊治郎「テキサス親父は韓国ロビーの陰謀!?」

 

~テキサス親父の危険なワナを明かす!メディアでは報道できない真実をお届け ――

 

 

 今、俎上に上っているのが、件の「従軍慰安婦像」撤去を求める請願です。これは、「テキサス親父」の発信に端を発してネット上で盛り上がり、一部の自民党議員や産経新聞なども協力を呼びかける事態になっていて、加藤さんはこの動きについて、「危険」で「陰謀」の匂いさえするって言うんです。

 

 

 というのは、もし請願が10万件を超えたらホワイトハウスは何らかの声明を出すことになるわけですが、今のところその声明が日本にとって有利なものになる可能性はほとんどなく、となると、逆に「従軍慰安婦」なるものをホワイトハウスが公式に認める結果にもなりかねないって訳なんですね。こうなるとヤブヘビというか、逆効果というか、日本にとって困った事になります。加藤さんは、今回のネット請願騒動について、そういう事態を狙った韓国ロビーの陰謀じゃないって言うんです。

 

 

 加藤さんは昔からいわゆる「従軍慰安婦問題」に詳しく、朝日のねつ造を厳しく批判してきた人だけに、危機感には説得力があります。加藤さんが私に電話をかけてくるなんて、年に1回も無いんですが、今回、メールと電話を同時にくれたことでも、加藤さんが持っている危機感が伝わります。実は加藤さん、「テキサス親父」の紹介記事が出た直後、産経新聞の幹部に「テキサス親父の請願運動は危険で、陰謀の可能性すらある」と談判して、記事の訂正と請願運動の中止を呼びかける記事を書くよう求めたそうですが、産経新聞幹部は「今更訂正は出来ない」と答えたそうです。

 

 

 私も、加藤さんの説明を聞いて「この請願運動はアブナイ」と感じています。背景を知らないネットのアフォな人々が、何も考えずに乗せられて、英文メールをコピペして送ることが本当に心配です。

 

 

 

>お疲れさまでした。

>

 

 本当にお疲れさまでした(笑)。

 

 

 あっ、そうそう! 〇〇さんと私の、このメールのやり取りは他の方にも興味関心を持たれると思いますので、私のHPなどで公開させていただきますね。もちろん、お名前は〇〇にします。

 

 

 で、もちろん、〇〇さんも公開されて構いませんし、私の名前はそのまま出されて結構です。

 

  		 	   		   		 	   		  


CML メーリングリストの案内