[CML 028749] 醍醐聰氏の宇都宮健児氏支持陣営への疑問「宇都宮健児氏を支持する前にやるべきことがある」(1)(2・前篇)(2・後編)(3)

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 1月 6日 (月) 13:24:59 JST


私のブログ記事へのコメントで知ったことですが、醍醐聰氏(東京大学名誉教授)がご自身のブログに宇都宮健児氏支持陣営の
道義性に疑問符を突きつける実質的な批判記事「宇都宮健児氏を支持する前にやるべきことがある」をアップされています。

■宇都宮健児氏を支持する前にやるべきことがある(1)(醍醐聰のブログ 2014年1月 4日)
http://sdaigo.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-7594.html
■宇都宮健児氏を支持する前にやるべきことがある(2・前篇)(醍醐聰のブログ 2014年1月 4日)
http://sdaigo.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-a144.html
■宇都宮健児氏を支持する前にやるべきことがある(2・後編)(醍醐聰のブログ 2014年1月 4日)
http://sdaigo.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-bead.html
■宇都宮健児氏を支持する前にやるべきことがある(3)(醍醐聰のブログ 2014年1月 4日)
http://sdaigo.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-041d.html

一方、宇都宮健児氏支持陣営も昨日の5日付けで「澤藤統一郎氏の公選法違反等の主張に対する法的見解」を発表しています。
http://utsunomiyakenji.com/pdf/201401benngoshi-kennkai.pdf

上記の宇都宮健児氏支持陣営の反論には逆に私は看過することのできない強い批判を持っていますが、本日の6日、都庁で宇
都宮健児弁護士と海渡雄一弁護士による立候補表明の記者会見があり、その席で上記の主張の説明もあるそうですので、その
発言も確認した上で私の見解をまとめた上で改めて投稿しようと思っています。

ちなみに私のブログ記事へのコメントは以下のようなものでした。

      「最早、澤藤統一郎氏のみが批判されておられる状況ではありません。 醍醐聰氏も痛烈な批判を連ねて、宇都宮氏を
      候補にされることに反対されています。/宇都宮氏は、候補者に有るまじき人物と云わねばなりません。 この人が、仮     
      に当選でもすれば、民主主義と護憲を尊ぶ人々にとっては、壊滅的な損害を与えることになり、安倍政権を裏から支え
      る役割を果たす存在になることでしょう。 本日の澤藤統一郎氏の批判(5日付)では、既に、取締当局に依り捜査に着
      手されても不思議では無い、買収・供応の事例を示されています。/ 「民主主義勢力村」と命名されるべき存在の唾棄
      すべき輩には、現反動政権を批判する資格は無いものと思われます。 批判される悪弊に沈黙のまま選挙に臨まれる
      のであれば、寧ろ、不戦敗が今後のためにはなることでしょう。 仮にも、宇都宮氏が当選でもされれば、悪夢が現実化
      することと信じます。」(とら猫イーチ2014/01/06)
      http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-743.html#comment

早々。


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内