[CML 028746] 書評・もう一つの国鉄闘争 == おんな労働組合<関西> きょうこ ==

久下格 kuge_on_cml at aoisora.org
2014年 1月 6日 (月) 10:39:43 JST


国労組合員の久下です。三一書房から出版された「もう一つの国鉄闘争」の著者であり友人の和田弘子さんから、書評を投稿するよう依頼されましたので、レイバーネットとcmlに送信します。
「もう一つの国鉄闘争」は26年前、国鉄が分割・民営化されたとき、全国で一斉に解雇された6000名以上の臨時雇用員の中で、ただ1人不当解雇撤回闘争を闘い続けた和田弘子さんの、半生をかけた闘いの記録です。

「もう一つの国鉄闘争」の詳細は下記サイトで
http://31shobo.com/2013/09/24/%E3%82%82%E3%81%86%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%9B%BD%E9%89%84%E9%97%98%E4%BA%89/

--------------------------------------
● 「もうひとつの国鉄闘争」を読んで ●

== おんな労働組合<関西>  きょうこ ==

 学生時代から女性差別問題に関心を持ち社会に不満と憤りをもっていて、何とか変えたいと思っていた私は、職場の組合活動家に誘われ、阿木幹子さんの「大毎広告解雇撤回闘争」に顔を出していた。そんな中で「北田闘争」そして「和田国鉄闘争」を知ることになった。女性にとって好条件の正規の公務員として働いていた私は、あまりにも落差のある非正規職員の人権無視の解雇と、そして非正規問題に取り組もうとしない男性中心の正規組合に愕然としながらも激しい怒りを持った。その後、労働現場における女性差別を無くすため、おんな労働組合を結成し一緒に活動をしていくことになった。
 和田さんは、裁判で負けても地労委で負けても粘り強く次々と闘争方針を打ち出していった。そんな彼女を心の底から尊敬した。自分ならこんなにしんどい闘争はとても続けていくことはできないと思ったものである。「日本の政治、社会が憲法の精神から離れてしまった・・・・『裁判所は強きを助け、弱きを挫く』習性が多くの裁判所に抜きがたく存在する」(佐藤昭夫名誉教授)ゆえに彼女の闘いが如何に困難な闘いであったことか。  
 和田さんは自らの闘争と並行して、おんな労働組合の中心的な存在として差別的状況に置かれた女性の解雇事件やセクハラの問題にも真正面から取り組んだ。私も微力ながらいくつかの取り組みにかかわったが、和田さんの経験にもとづいた判断力とあくまでも完璧に当該の立場に立とうとする姿勢に心から感服した。そして彼女の優れた解決能力に完全に頼り切ってしまっていた。和田さんが国労に対等の信頼できる共闘関係を求め続けたが叶わず、常に疎外感を持ち続けていたからこそ、当該には誰よりも親身になりより良き解決策を探った。当然のことながら当該からも絶大な信頼を得ていた。自らの闘争とおんな労働組合での取組み、全て手を緩めることはしなかった。無理をさせすぎてしまって本当に申し訳なかったと思います。
 和田闘争は、勝利ではなかったが、国の不安定雇用政策、男性至上主義の労働運動に間違いなく楔を打ち込んだ。当たり前にあるべき基本的人権と労働権を守るための真っ当な闘いを怯むことなく正しく行った和田さん。彼女の苦難に満ちた足跡とその意義を記した非正規女性労働者の闘いの総括の書であるこの本は今後の労働運動の貴重な資産となろう。

・中身の濃い良い本です。
 まとめるのに苦労されたでしょう?あれだけよく多くの資料が残ってましたね。
 貴重な資料集でもありますよね。
・本を読んでいて改めて 和田さんの苦闘に私自身を重ね合わせ、ほとんど何もできなかったことに情けなく気が重くなり、涙することもありました。
 本当に大変でしたね。ここまで本当によくやってこられたと思います。
 第1部の第4章を入れたことで和田闘争がより一層多くの人にわかりやすくなりました。さらに3部構成にしたことで、今後の課題も含め闘争の位置づけが明確になっていると思います。
-------------------------------------

<目次>

発刊に際して― 不正、いまだ正されず!

第一部 臨時雇用員・和田闘争― 国鉄の女性差別・臨時雇用員差別を許さへん!

第1章 一人の闘いから国労婦人部・あゆみ班の闘いへ
第2章 解雇撤回闘争と退職金違法減額追及の闘い―地域の仲間とともに
第3章 数々の裁判闘争と労働委員会闘争を駆使した30年
第4章 私たちの前に立ちはだかったもの
◎病に倒れて

第二部 国鉄の差別的な労務政策に抗して

第5章 戦後の女性労働者と臨時雇用員の闘い
第6章 JR西日本の性差別、障がい者差別との闘い―森崎里美さんの闘い
第7章 私にとっての国鉄闘争

第三部 臨時雇用員・和田闘争に寄せて

◎和田闘争から汲みとるべきこと……佐藤昭夫
◎弁護士より……北本修二・大口昭彦
◎私と和田闘争……和田通郎・大田重雄・小林ひろ子・伊藤多恵子・岸本淳子 阿木幹子・羽田野建・久下格・大和田幸治
◎裁判での証言……浜崎サイ
◎むすびにかえて
◎資料編・年表

--------------------------------------
久下  格 <http://aoisora.org>


CML メーリングリストの案内