[CML 028738] 日弁連会長、仙谷・枝野・小宮山議員へ献金 政治的中立を!( 2010/8/24投稿記事)

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2014年 1月 6日 (月) 02:50:03 JST


M.nakata です。
メールを送らせていただき、ありがとうございます。 
  
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  地 獄 へ の 階 段 - Yahoo!ブログ   
  ●日弁連会長、仙谷・枝野・小宮山議員へ献金 政治的中立を!
 
    の気になる記事が、最近ツイッターではいりました。参考に下記ご紹介いたします。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 
 ◆福島瑞穂(社民党前党首)、共産党議員も、無罪判決の後でも、小沢一郎議員に、
  国会で説明責任がある。国会で証人喚問に応じるべきだ!と。
  繰り返し何度も言っている姿に、首をかしげていました。
 
  まして、福島さんは、弁護士であり、裁判の専門家なのに、
  ばかの一つ覚えのように繰り返し発言され、福島さんのイメージとちぐはぐなので
  
  私は奇妙でした。
  
  弁護士資格をとり、スタート時には、福島瑞穂さんは、仙石(民主)の事務所に所属だったことも、
  後で聞きました。仙石・福島さんの2人の組み合わせが、東大の先輩・後輩であっても、
  何か妙にひっかかっていました。
 
 (貼り付け開始)
*********************************************************************************
 
◆日弁連会長、仙谷・枝野・小宮山議員へ献金 政治的中立を!
 
- 地 獄 へ の 階 段 - Yahoo!ブログ   2010/8/24   午前0.29
 
http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/16556557.html …
 
--------------------------------------------------------------------
http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/16556557.html
 
現在、日本弁護士界のトップは、日本弁護士連合会会長の宇都宮健児弁護士です。
 

宇都宮弁護士の政治献金を調べたら、驚くべき結果でした。

★宇都宮氏は、なんと、仙谷由人議員、枝野幸男議員、小宮山洋子議員に個人献金を行っているのです。
よりによって、この3人とは・・・くれぐれも政治的中立は厳守して下さいネ♪
 
★政治献金とは、応援する政治家の政治活動を、金銭的に助けるためのものです。すると、宇都宮弁護士は、仙谷議員、枝野議員、小宮山議員の政治活動を応援したいとの思いを、心に秘めていると思われます。
 

●誰もが知るように、現在、小沢一郎議員と、仙谷、枝野、小宮山洋子の3議員は、政治的に対立しており、負けたら政治生命を失うとまで報道される激しい権力闘争の渦中にあります。宇都宮会長が、応援する議員の政治生命が断たれるのを避けたいとの思いを抱くのも当然です。
 

そこで問題が生じます。
 

●現在、2回目の審査を進める東京第五検察審査会は、報道によると、補助弁護士の引き受け手が決まらない危機的な状況にある。1回目の補助弁護士は中立性に疑問があると批判に晒されている。要するに補助弁護士の選定過程が不透明なのだ。そうした中で、2回目の補助弁護士が選定されようとしている。
 
上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場様によると、
 
●  「審査補助員は、検察審査会が弁護士会にお願いして「委嘱」することになる」 とある。
 
仮に、補助弁護士の選定に弁護士会が関わるのなら、その選定過程で宇都宮会長の影響力が行使される恐れがある。何しろ彼は弁護士界のトップなのだ。
 

●宇都宮氏が応援する仙谷由人議員、枝野幸男議員、小宮山洋子議員の政治生命を守るために、小沢氏に批判的な考えを持つ弁護士を補助弁護士に推薦する可能性は否定できない。
 

●我われ国民は、そうした不適切な選考が行われることがないよう監視を強める必要があろう。また、宇都宮会長におかれては、日本弁護士連合会会長として、このような疑念を払拭すべく、補助弁護士の選定過程を公開するなど、政治的中立性に問題ないことについて、説明責任を果たす必要があります。いずれにせよ、最終●的には、補助弁護士の選定過程を国会審議を通じて徹底的に検証すべきことは言うまでもありません。
 

*******************************************************
2010/8/24(火) 午前 0:29
 
-------------------------
さて、本題へ。
 
日弁連会長、仙谷・枝野・小宮山議員へ献金 政治的中立を! 
 
1回目に「起訴相当」の結果を出した東京第五検察審査会の2回目の審査が注目される。
 
 
 
まー、もしも、2度目も起訴相当となり、強制起訴されても、有罪率99%超の検察が起訴した場合と話は違う。国民目線で、法に素人の審査員が、自分の感情に照らし判断した結果でしかない。無罪率99%超かもしれないのだ。(笑)裁判の結果が出るまでは、政治的だろうが、道義的だろうが、いかなる責任も負う必要などない。そのことを、我われは頭に叩き込んでおく必要があろう。
 
 
 ●さて、今回は、補助弁護士の選定にあたり、我われ国民が知っておくべきことを記します。
 
 
 補助弁護士選定には、政治的中立性を確保せよ。
★現在、日本弁護士界のトップは、日本弁護士連合会会長の宇都宮健児弁護士です。
 

現在、2回目の審査を進める東京第五検察審査会は、報道によると、補助弁護士の引き受け手が決まらない危機的な状況にある。1回目の補助弁護士は中立性に疑問があると批判に晒されている。要するに補助弁護士の選定過程が不透明なのだ。そうした中で、2回目の補助弁護士が選定されようとしている。
 
 
 
上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場様によると、
 
 
 
  「審査補助員は、検察審査会が弁護士会にお願いして「委嘱」することになる」 とある。
 
 
 
仮に、補助弁護士の選定に弁護士会が関わるのなら、その選定過程で宇都宮会長の影響力が行使される恐れがある。何しろ彼は弁護士界のトップなのだ。
 
 
 ★宇都宮氏が応援する仙谷由人議員、枝野幸男議員、小宮山洋子議員の政治生命を守るために、小沢氏に批判的な考えを持つ弁護士を補助弁護士に推薦する可能性は否定できない。
 
 
 
我われ国民は、そうした不適切な選考が行われることがないよう監視を強める必要があろう。また、宇都宮会長におかれては、日本弁護士連合会会長として、このような疑念を払拭すべく、●補助弁護士の選定過程を公開するなど、政治的中立性に問題ないことについて、説明責任を果たす必要があります。いずれにせよ、●最終的には、補助弁護士の選定過程を国会審議を通じて徹底的に検証すべきことは言うまでもありません。
 
 
 ★補助弁護士選定に、仙谷・枝野両議員に献金する弁護士は排除すべし
存知だろうか。
仙谷由人議員、枝野幸男議員の政治団体の収支報告には、多数の弁護士が個人献金している。
例えば、H19年には、延べ100名を超える弁護士が両氏へ寄付している。
 

ザックリ調べると、次のとおりだ。
 
 
 21世紀改革研究会 20年 弁護士15名から寄付
21世紀改革研究会 19年 弁護士57名から寄付 宇都宮氏寄付二万円!
21世紀改革研究会 18年 弁護士36名から寄付 宇都宮氏寄付二万円!
 
 
仙谷由人全国後援会 20年 弁護士47名から寄付 宇都宮氏寄付二万円!
仙谷由人全国後援会 19年 弁護士20名から寄付
仙谷由人全国後援会 18年 弁護士33名から寄付
 
 
 制度改革フォーラム 20年 弁護士3名から寄付
制度改革フォーラム 19年 弁護士7名から寄付
制度改革フォーラム 18年 弁護士13名から寄付
 
 
アッチェル・えだの幸男と21世紀をつくる会 20年 弁護士29名から寄付 宇都宮氏寄付一万円!
アッチェル・えだの幸男と21世紀をつくる会 19年 弁護士25名から寄付
アッチェル・えだの幸男と21世紀をつくる会 18年 弁護士20名から寄付
 
 
小宮山洋子後援会 20年 宇都宮氏寄付二万円!
小宮山洋子後援会 19年 宇都宮氏寄付二万円!
 
 
 いかがでしょうか。
★補助弁護士選定にあたり、小沢一郎氏と政治的に対立する仙谷氏、枝野氏、小宮山洋子氏に個人献金する弁護士の皆さんは、利益相反関係にあります。当然、補助弁護士からは排除されるべきです。
 
 
 ★我々国民は、補助弁護士の氏名が判明した時点で、速やかに、いかなる背景にある弁護士かを検証し、どの政治家に寄付をしているのかを、確認する必要もありそうです。それだけ、今回の審査案件は政治色の強いものです。私など、東京第五検察審査会の審査員が、統治行為論を理由に判断を回避してくれたら面白いなどと、法に素人の目線で考えてしまいます。(笑)
 
 
 ★最後に、弁護士といえども、一個人として、政治活動の自由はあるでしょうが、このような事案を踏まえると、やはり、弁護士が、特定の政治家に寄付するのは自粛すべきだと思いますがいかがでしょうか。
 
 
 

              弁護士会は、政治的中立の厳守を!
 
 
********************************************************************************************


CML メーリングリストの案内