[CML 028659] 忘れられた皇軍

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 1月 2日 (木) 14:32:40 JST


 坂井貴司です。
 
 映画監督故大島渚の伝説的な作品があります。

 太平洋戦争時、大日本帝国臣民の義務を果たせと戦場に送り込まれ、負傷し、
眼や手足を失った朝鮮人兵士がいました。彼らは戦後「外国人」になり、一切の
補償を受けられなくなりました。同時に祖国からは「親日派」として糾弾されま
した。
 
 その彼らは敗戦から15年が経ち高度経済成長に沸く日本各地を、白衣を着、
松葉杖をついて、軍歌を歌いながら「傷痍軍人である私達に募金をお願いします」
と行脚しました。
 多くの日本人が意図的に忘却したその朝鮮人「皇軍」兵士を、大島渚は映像に
おさめました。1963年に発表した『忘れられた皇軍』です。

 50年経った今、この作品が持つ意味を問い直します。

 NNNドキュメント
「反骨のドキュメンタリスト 大島渚 『忘れられた皇軍』という衝撃」
http://www.ntv.co.jp/document/

放送日:1月12日
放送時間: 24:50〜

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内