[CML 028657] 4人に1人が非正規

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 1月 2日 (木) 12:34:22 JST


 坂井貴司です。
 
 あけましておめでとうございます。
 
 2014年初めての投稿です。
 
 今年は原発再稼動、集団的自衛権行使容認、消費税値上げ、労働法制緩和など
の大きな問題が待っています。
 
 新自由主義と国家主義が牙をむいて私達に襲いかかろうとする年です。
 
 抵抗してはねのけましょう。

 さて、1月1日付けの西日本新聞朝刊からです。

 九州7県の市町村のうち、全職員に占める非正規職員の割合で最も高い所で6割
を越え、5町で過半数、27市町で4割以上に登ることがわかりました。
 
 財政難により、非正規で人件費抑制をしようとしたからです。
 
 過疎地や離島が多い九州では官製ワーキングプアが進行しています。

非正規職員の数

福岡県 14064人 
割合 27,6パーセント

佐賀県 3085人
割合 28,6パーセント

長崎県 4663人
割合 24,9パーセント

熊本県 7461人
割合 28,6パーセント

大分県 5107人
割合 29,3パーセント

宮崎県 3893人
割合 26,5パーセント

鹿児島県 5837人
割合 24,1パーセント

非正規職員の比率が高い町村

長崎県佐々町 62,4パーセント
熊本県菊陽町 59,7パーセント
福岡県大刀洗町 55,9パーセント
鹿児島県与論町 53,4パーセント
福岡県水巻町 50,0パーセント

市

鹿児島県志布志市47,0パーセント
福岡県嘉麻市46,8パーセント
長崎県壱岐市45,9パーセント
佐賀県小城市45,9パーセント
長崎県大村市45,1パーセント

 非正規化は民間企業と同様に進行しています。
 これにより、賃金低下、正規職員と非常勤職員の格差、公共サービスの低下が
起こっています。

 これは九州だけでなく全国にも共通しているはずです。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内