[CML 029919] 黒人史...映画としては不作だが「大統領の執事の涙」

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 2月 27日 (木) 17:29:33 JST


映画「大統領の執事の涙 <http://butler-tears.asmik-ace.co.jp/>」

原題:*Lee Daniels' The Butler リーダニエル(監督)の執事*

原作本の題名:「A Butler Well Served by This Election」

南部で育ったセシルは、母が白人から強姦され、父を目の前で殺された過去を持つ。

抜擢され、8人の米国大統領のもとで30年以上に亙り、ホワイトハウスのバトラー(執事)として働いた実話を基に、描かれた映画。実際とは違う。

米国の近代史として観ておこと思ったが、2時間...たるい。

おせっかいな邦題で嫌な予感がしていた。わたしには合わないな。

一部の白人も協力した...黒人たちの「非暴力直接行動」の場面は、みもの。

http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/ca6850a6c12fc832c391a34b460066e4
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内