[CML 029898] (傍聴記)住民の健康管理のあり方に関する専門家会議 第3回

T.kazu hamasa7491 at hotmail.com
2014年 2月 27日 (木) 08:43:34 JST


みなさん
おはようございます。

昨日2月26日は、
赤坂に行ってまいりました。
べつに
「2月26日赤坂」だからといって、
226事件を偲ぶ会ではありません。

「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議 第3回」
というものを傍聴してきました。
https://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01.html

マスコミにはあまり注目されていませんが
メンバー表を見ますと、参加選手、もとい参加学者の顔ぶれから
「福島県の県民健康管理調査検討委員会」の「親分」みたいな会議だということがわかります。
派手じゃあなくて渋いトコロです。

Nさんが注目して、昨夜は私も誘われました。 

ほかに、傍聴者約60名の中には
数人の友人の姿を見ました。

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1733
OurPlanetのカメラが入っていまして、ライブ中継されたことは画期的なことです。
前回の「第2回」までは「Closed」だったのが「Disclose」されたようです。

====

昨夜の中心議題は、
3年前の、
2011年3月26日から、30日にかけて行われた
いわき市、川俣町、飯舘村福島3市町村
生徒たちの「甲状腺内部被爆スクリーニング」 


そのデータの信頼性に関するものでした。

これは、
前回第2回の春日文子委員の質問に端を発したものと思われます。
(議事録は、https://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01.html) 



もんだいは
A「甲状腺押し当て測定」からバックグラウンドを差し引いた、(A-B)ですが、
B「着衣押し当て測定」をバックグラウンドとしてよいものであるかどうか、
ということでした。

ざっくばらんに言えば、
小児のヨウ素131被爆量を「過小評価」しているのではないか、
ということです。

議場には、京都大学物理学第2教室から新山雅之なる人物がまねかれ、
当日現場での状況が報告され
いわば「特別委員会証人喚問」のようなことが行われました。

新山雅之がいかなる責任を担っていたのか、
肝心のことが不明のまま、
B「着衣押し当て測定」の「科学的正当性」が、新山氏によって主張されました。

ですが不思議なこともあるものです。
この「新山証人」自らが、

「全測定データを公開してほしい」
と言っている(報告レジュメに書いている)のですから!!

奇妙な話でず。
松本清張さんご存命ならば、きっと
「平成史発掘」の1テーマに取り上げたことでしょう。

====

B「着衣押し当て測定」をバックグラウンドとする、
というこの斬新にして謎多き方法を
指示したのは、いったい誰だったのでしょうか?

この方法『マニュアルに定めた』のは、
いったい、どこの誰なのでしょうか?

「核物理学者グループ」の新山雅之氏ですが
じつは、スクリーニング現場の責任者でも何でもなかった。

重要人物として、
・藤原守(当時大阪大→現原開機構)、
・田代聡(広島大)という
教授クラスがすでに学会発表をしているにもかかわらず、
昨夜の会議へのこの2人の召喚は、なぜか回避された。
不思議です

そもそもが、このようなスクリーニングは、
福島現地の緊急災害対策本部に係属するD-MATが実施主体であり、
全国からやってきた大学や研究所からのスタッフは、応援に過ぎなかったはずですが、
昨日の証人喚問では、「D-MAT」のことは何一つ語られませんでした。

新聞記事「日本新人脈記・小さなのど議場検査」朝日2011.5.16(夕)をお読みください。
http://p.tl/PAs5
記事には、キーマンとなるD-MATドクター2人の名前が記されています。
・近藤久禎
・森野一真
「人脈記」です。

前任D-MATドクター近藤久禎さんに、
中央から指示を「下達」した人物がいるはずです。
・新山雅之さん、
・藤原守さん、
・田代聡さん
にも、同じ指示が下達されたはずです。
ちなみに、「緊急被爆医療」をつかさどるところは、
放医研で、担当官は、
・明石真言さんです。

なぞが謎を生んでいます。

本来は、放射性ヨウ素の内部被爆を防止するためのものであった
「着衣表面付着量スクリーニング」の基準が
福島県当局によって平成23年3月14日から 


13,000cpmから100,000cpmに切り上げられています。
これも大きな謎です。

====

ご参考までに、私が2011年8月に、ふくろうの会のために
記したレポートもリンクしておきます。
http://p.tl/kaco
2年半たってリンク先が移動したり消滅してエラーが出ますが、
お許しください。

ni0615田島拝



























MLホームページ: 
http://www.freeml.com/anti-hibaku

----------------------------------------------------------------------
【注目資格 理学療法士】保険医療学部のある大学10選
理学療法士の大学&専門学校 ランキングシェア 
 byGMO
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=kUZ35
------------------------------------------------------[freeml 
byGMO]--

「放射線被ばくを学習する会」ML
http://www.freeml.com/anti-hibaku
「放射線被ばくを学習する会」HP
http://www57.atwiki.jp/20030810/ 



CML メーリングリストの案内