[CML 029887] 選択を迫られる原発事故被災者

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 2月 26日 (水) 20:15:26 JST


 坂井貴司です。
 
 放送時間は過ぎてしまいましたので、深夜再放送でどうぞ。

 福島第一原発事故による避難自治体中最大の人口を抱える浪江町の人々が揺れ
ています。

 昨年末に国が打ち出した避難者支援と賠償の方針のおかげです。これまで前提
としてきた「全員帰還」を転換し、帰還困難で別の土地への移住を選ぶ人たちに
賠償を行うというのです。

 これだと避難住民の「帰還しない」という選択に拍車がかかると見られていま
す。賠償の多寡で人の繋がりが裁ち切られます。

 帰還を諦める人が増えれば、何のための復興か。
 苦悩を深める原発の避難住民と自治体を見つめます。

 NHK総合
 クローズアップ現代
 「”よりどころ”はどこに?〜原発避難から3年・浪江町の選択〜」
 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3468.html

 放送日:2月26日
 放送時間:19時30分〜19時56分
 再放送:0時10分〜0時36分    
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内