[CML 029858] IK改憲重要情報(39)

河内 謙策 kenkawauchi at nifty.com
2014年 2月 25日 (火) 15:42:44 JST


IK改憲重要情報(39)[2014年2月25日]

 私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自
由です。)
   
弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策

連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所
(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)

 弁護士アピールを支持する市民の会
 http://2010ken.la.coocan.jp/kaiken-soshi/

______________________________________
公明党 石破茂 衛藤発言  米中開戦  周ら

 私のような老人から見ると、最近の日本の平和主義者は少し内向きになっているのではないかと気になります。
 平和を求める運動は、自分の平和の願いを意思表示するだけでなく、自分の周りの人々に訴えて自分の周りの人々を変えていくこともそこに含まれるということは平和
運動のイロハだと思います。ところが、平和運動が内向きになると、平和運動の戦略などということを問題にすることは、どうでもよくなってしまうのです。
 集団的自衛権反対運動は、全体としてはまだ始まったばかりだと思いますが、国会に法律が上程されてからでは遅いことは言うまでもありません。
 今度の集団的自衛権反対運動のカギを握るのは、「国会政治」のレベルでは公明党です。この公明党が集団的自衛権反対に回る可能性がまだあるのです。
 地方レベルから公明党・創価学会に対する申し入れ・対話運動ができないものでしょうか。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014022302000105.html

┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅
 石破茂は自民党幹事長で、知る人ぞ知る
「防衛オタク」です。彼が新潮新書を出しました。題して 日本人のための「集団的自衛権」入門 です。彼の政治的位置から考えれば、必読の一冊といって良いか
も分かりません。ところが、中を読んでびっくり、中国が攻めてくるから集団的自衛権が必要だ、と言う議論は前面に出ていないのです。前面にでているのは国連憲章で
す。これでは法学的集団的自衛権肯定論です。このことは何を意味するのでしょうか。

┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅
 衛藤晟一首相補佐官の発言が話題を呼んでいます。衛藤補佐官は、「むしろ我々の方が失望だ。米国はちゃんと中国にものが言えないようになっている」と述べたので
す。
http://mainichi.jp/select/news/20140219k0000m010117000c.html

 安倍首相の指示と衛藤補佐官の考えで、上記の見解は撤回されました。私は、衛藤補佐官と靖国について立場は違いますが、衛藤発言は当然の内容だと思います。
 問題は国際社会における発言は、各国の自主性を尊重することが前提であり、その批判の方法もおのずから定まる限度があるということです。中国の尖閣発言に見られ
るように、国家をあげて嘘を大々的に宣伝することは国際社会のルール違反です。またアメリカの高官が、「アメリカ」の見解に従うのは当然だと言うようなもの
の言い方も問題です。これは、日本を自分の命令を聞く部下だという態度です。私は、アメリカに留学して、このことを強く経験しました。
 日本の朝日新聞らが、アメリカをおこらせてはいけない、中国を怒らせてはいけないというキャンペーンを張っているのも、私に言わせれば、日本をアメリカや中
国の言いなりの「奴隷」の範囲に収めていこうという態度です。日本が国際社会で堂々と所論を述べるのは、左翼・右翼を問わず肯定すべきことです。内容に賛成かどう
かは、その次の問題です。
 なお、この問題については、ぜひ文芸春秋3月号の池内論文を読んでください。

┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅
 『米中開戦』全4巻・新潮文庫が話題を呼んでいます。筆者は、先日亡くなったトム・クランシーです。もちろんんこの本はフィクションですが、トム・クランシー
の軍事情報の正確さは定評がありますから、国際政治についての想像力を養うこともできます。とにかく面白いです。

┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉
 中国の著名な社会学者・周孝正氏が「中国は現在ナチス化の道を歩んでいる」と公然と批判しました。偉い、としかいう言葉がありません。
http://douna.doorblog.jp/archives/37162313.html

 劉暁波の妻・劉霞さんが入院しました。中国共産党は、中国の医療も支配していますから、安心は禁物と思います。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140220/chn14022020480004-n1.htm

┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅
                以上









CML メーリングリストの案内