[CML 029823] 【報告】第1040日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2014年 2月 23日 (日) 07:36:22 JST


青柳行信です。2月23日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1040目報告☆
          呼びかけ人賛同者2月22日迄3176名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さま
お疲れさまです。
23日(日)纐纈先生の 講演があります。
ブログに案内を載せました。
お友達のペコさんが アート展をやっています。
あわただしい中、たまには のんびりするのもいいものです。
あんくるトム工房
暴走する安倍氏  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2880
アート展のご案内 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2881

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆武器輸出三原則も違反なるに「管理」と名を変え憲法を無する
     (左門 2・23-576)
※武器を造ること・持つことも憲法違反なのに、ヘリクツをつけて輸出を強行 
し、今度は「管理原則」と名を変えて大ぴらに武器を輸出して儲ける
(国ではなく軍需の大企業)のだ。
国家の屋台骨を壊す大事を、与党に相談して、
閣議で決定するという議会無視を平然と強行する。
何とかして止めないと民主主義も名ばかりで、
裸の王が武器輸出の「ミダス王」(手に触れるものは皆武器と原発になる)に 
なってしまう。

★ ● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
    〇裁判開始13:15(口頭弁論)

  報告会と提訴2周年記念集会講演会 午後14時から
       <2012年に福岡地裁に提訴>
講師:平野治和(ひらのはるかず)(福井市光陽生協病院院長)さん
場所:日本基督教団 福岡中部教会
    福岡市中央区大名2-4-36 電話:092-741-2420
       地図:http://tinyurl.com/ks3j7o7
       連絡先:	(080-6420-6211・青柳)

講師:平野治和さんプロフィール
福井民医連会長
福井市光陽生協病院院長
長く敦賀市や福井市で原発作業員の診療に携わり、
安定ヨウ素剤の普及運動など立地住民の健康問題にも積極的に取り組む。
著書に『原発銀座で輝け診療所』などがある。
講演内容
1、自己紹介;福井の原発と私のかかわった運動(ヨウ素剤普及活動)など
2、低線量リスク;肯定論文が増加しているがいくつか紹介しながら
3、被曝労働の実態;70年代若狭の日雇い原発労働の実態、福島に触れて
4、原発労働者の健康問題;循環器系リスクを中心に
5、まとめ
         
★ 木村 修 さんから:
   <DVD『福島原発事故と甲状腺がん』ご活用のお願い>
 2月1日完成・発売いたしました新作『福島原発事故と甲状腺がん』
        (DVD 43分 個人視聴用 3000円)
 ◇制作中にも事態は、一層本格的な検査・治療を要するところへ残念ながら悪 
化しています。2月7日、福島県県民健康管理調査検討委は、通算4回目となる 
検査結果発表を 行いました。それによると調査人員約25万4000人で、確 
定33例 疑い41例となり、100万に換算すると132人という、甲状腺が 
ん研究の国際的通説となっている100万に1人ないし2人を根底から揺るがす発 
生率となっています。
 
 ◇にもかかわらず、福島県立医大放射線医学研究センターは、『チェルノブイ 
リの知見によれば、甲状腺がんの発生は、『事故から4~5年後』と言い放って 
恥じません。
    本編の中にも示しましたが、ベラルーシ国立甲状腺がん研究センターの統計 
は『1~2年目から増え始め4~5年目に激増期を迎える』ことをはっきり示し 
ています。
  これが世界の知見です。

 ◇上記はほんの一端ですが、低線量被曝、内部被曝の問題は私自身その一人で 
すが、聞いた時はわかったように思っても、しばらくすると『どういうことだっ 
たのかな?』と思ってしまう、なかなか消化に苦労する課題です。それを4人の 
小児科医を直接訪問してお話を伺い、わかりやすくまとめました。
     個人視聴はもちろんながら、どうかグループで『学習のため上映会』、職 
場で家庭や『大学の講義』でご活用くださいますよう、ご案内させていただきます。
◇なお、ご注文は下記サイトからできます。商品に郵便振替用紙を同封させてい 
ただきます、
 http://homepage2.nifty.com/cine-mabui/order_form.html

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
先々週の大雪で、14日の行動が中止になった、官邸前行動が21日開催されたこと 
を伝える記事がネットにありました。

1.<首相官邸前行動 コール響く>しんぶん赤旗2月22日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-02-22/2014022215_01_1.html
記事<首都圏反原発連合(反原連)は21日、原発ゼロを訴える首相官邸前抗議 
行動を行いました。2300人(主催者発表)の参加者は「再稼働反対」「海を 
汚すな」と訴えました。・・・・東京電力福島第1原発では、20日に高濃度の 
放射能汚染水が約100トンも流出するなど、危機的な状況にあるのに、安倍晋 
三首相はエネルギー基本計画で原発を「重要な電源」と位置づけて再稼働に突き 
進もうとしています。「汚染水どうするんだ」「まず福島を助けよ」など手製の 
プラカードが掲げられ、ドラムやカスタネットのリズムに合わせ、抗議のコール 
が響きました。・・・東京都新宿区の男性(28)は「原発から撤退しようとい 
うのが国民の総意。それを無視するなんて考えられない。福島の現状をない
がしろにしたまま、再稼働しようとするのは、ふざけている」と憤りま 
す。・・・・・・・・>
・・・・・2300人が参加・・・・・。
こちらの新聞も報道再開、
1’.<【金曜日の声 官邸前】首相の言葉は乱暴>東京新聞2014年2月22日
記事全文<「横浜市港北区の看護師 臼井雅美さん(36) 都知事選の結果と 
低投票率に悲しくなり、初めて参加した。都内に住む友達と話しても関心が薄 
かった。どうやったら伝わるのか分からないが、いても立ってもいられない。 
もっと勉強したい。」
「東京都葛飾区の僧侶 丸山裕市(ひろいち)さん(67) 原発は人間の手に 
負えないものであり、人類にとっての害悪。平和を希求し、今日も仏様のお言葉 
を唱えている。逆に安倍首相の言葉は乱暴そのもので、行動は軍事主義的。平和 
からかけ離れている。」
「渋谷区の無職 大橋文子さん(71) 都知事選の結果にがっかりして、腹が 
立って、病み上がりだけど無理して来た。脱原発派の候補が一本化できれば通せ 
ていた。都知事選の後、安倍首相は調子づき、ますます暴走しているように見え 
る。」>

政府のとんでもない態度、昨日の23.の記事をすこし詳しく伝えています、
2.<再稼働判断 自治体を軽視 防災計画、審査に「含まず」>東京新聞2014 
年2月22日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014022202100004.html
記事<政府は二十一日、原発の再稼働に向けて原子力規制委員会が進めている安 
全審査と、原発から三十キロ圏内の地方自治体が原発事故に備えて定める地域防 
災計画は無関係とする答弁書を決定した。安倍晋三首相は規制委が安全と判断し 
た原発から順次再稼働する方針で、地元の自治体を軽視する姿勢が浮き彫りに 
なった。・・・・・・・
答弁書によれば、「安全性」に自治体の防災計画は含まれないことになる。地元 
自治体が防災計画をつくろうとした結果、住民の安全な避難や近い将来の帰還が 
困難と判断した場合でも、規制委の安全審査を通れば再稼働できるかどうかとの 
菅氏の質問に対しては、答弁書は「防災計画は都道府県および市町村において作 
成等がなされる」「政府は同計画の作成の支援等を行っている」と、事実上「ゼ 
ロ回答」だった。・・・・菅氏は取材に「首相の言葉は『安全性』に住民の安全 
も含まれていると国民をミスリード(誤った方向へ誘導)している。それが答弁 
書で明確になった」と話した。>

さて、大変な事態(失態)が続くの福島第1について東電は、
3.<対応マニュアル緊急作成 東電が水位異常時対応で>福島民報 2月22日 
(土)9時4分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140222-00000001-fminpo-l07
記事<東京電力福島第一原発の地上タンクの上部から高濃度の汚染水約100ト 
ンが漏えいした問題で、東電はタンク水位の上昇などを知らせる警報が鳴った場 
合の対応マニュアルを緊急作成し、21日から暫定的に運用している。小野明福 
島第一原発所長が福島民報社の取材に対し明らかにした。今回のタンク上部から 
の汚染水漏れでは、漏えいを確認する約10時間前にタンク内の水位が極めて高 
いことを知らせる警報が鳴ったが、東電は計器の異常と判断した。その間、別の 
タンク群に移送するはずだった汚染水が、漏えいしたタンクに流れ込んでいた。 
昨年8月にタンクから約300トンの汚染水が漏れた際にはタンクの底板部から 
漏れていたことが後日、判明している。東電はこれまで水位計の警報作動時
のマニュアルを作成していなかった。小野所長は「水位が下がることばかり警戒 
し、水位上昇時の対応は不十分だった」と述べた。>

汚染水報道について、ネット上にこんな指摘がありました、
3’.<めげ猫「タマ」の日記 NHKの嘘報道―漏れた汚染水は「最大」2億4千万 
ベクレル>
⇒http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-985.html
記事<「最大」と報道している・・・・・・でも東電は一つしかサンプリングし 
ていません。・・・・・・>

こちらの記事では、
3”.<タンク増設 いばらの道 東電輸送計画>東京新聞2014年2月22日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014022202000138.html
記事<福島第一原発で原子炉冷却後の処理水をためるタンクの増設ペースを上げ 
るため、東電は外部の工場で造ったタンクを船で運び込む計画を進めている。問 
題は陸揚げ後で、幅10メートルほどもあるタンクを、所定の場所までどう安全 
に運ぶのか。東電は対策に追われている。 ・・・・運び込む溶接型のタンク 
(主に容量千トン)は幅、高さとも約十メートルで、重さは空でも約八十トンあ 
る。計画では、船を1号機北側の護岸に接岸させ、新設の大型クレーンでタンク 
をつり上げて特殊な大型輸送車両に載せかえる。5号機の脇を抜け、敷地の約半 
周約三キロを走り、南側の増設用地に運び込む。輸送車両は橋の架け替えなどの 
実績があり、横に二台連結した車両を、専門の運転手が路上で周辺の安全を確
認しながらリモコン操縦するという。ただ、原発内の道路は幅十メートル未満が 
ほとんどで、輸送車両は通れてもタンクは路肩にはみ出る形になる。最初の関門 
は、護岸から続く坂道。坂を上りきってすぐ左に直角に折れ、5号機タービン建 
屋と付属施設のすき間をすり抜けられるかどうか分からない。・・・・ここをク 
リアしても、フェンスやゲートに当たりそうな場所、地盤が弱く細い砂利道、さ 
らには上方の送電線がタンクに引っ掛かる恐れのある場所がいくつもあ 
る。・・・・・・・・どこまで安全が確保されるのかは不透明だ。>
・・・・・現場図面付きです。

この人たちは現場をみてどう思った?、
4.<全原協の首長ら福島第1を視察 構内や仮置き場など>河北新報(2/22 
06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/02/20140222t63009.htm
記事<原発の立地自治体でつくる全国原子力発電所所在市町村協議会が20、 
21の両日、福島第1原発を視察した。18市町村の首長ら約50人が参加し 
た。関係者によると、原発構内のほか、避難区域の除染廃棄物の仮置き場を見て 
回った。河瀬一治会長(福井県敦賀市長)は視察後、「福島のような事故は二度 
と起こさせてはならないが、原発再稼働については国の安全審査を経た後、それ 
ぞれの自治体が判断する」と述べた。東北からは福島県双葉、大熊、富岡、楢葉 
の4町のほか、青森県むつ市、青森県大間町、東通村、宮城県女川町の首長らが 
参加した。>
・・・・自治体の首長は住民の生活を守るのが第一の仕事です、ひとたび避難す 
るような事態が起きれば、元の生活は二度と取り戻せないですよ。

被災地フクシマ、
5.<原発ADR:避難区域外住民5000人が申し立てへ>毎日新聞 ( 02 
月22日 15時39分)
⇒http://mainichi.jp/select/news/20140222k0000e040248000c.html
記事<◇市民団体に委任、精神的賠償の増額を東電に求める・・・・・・・・東 
京電力福島第1原発事故の避難区域外に暮らす福島県の福島、郡山、いわき3市 
の約5000人が3月5日、社民党福島県連などで作る市民団体に委任して、精 
神的賠償の増額を東電に求める和解仲介手続きを国の原子力損害賠償紛争解決セ 
ンター(原発ADR)に申し立てる。避難区域外住民による集団申し立てとして 
は異例の規模。市民団体は県内全域の住民に参加を呼びかけるという。・・・・ 
申し立ての委任を受ける市民団体は「東電原発事故損害賠償を求める会」(いわ 
き市)。・・・・・・・・・・・同会共同代表の狩野光昭いわき市議は「避難区 
域外の住民も不安を抱えている。わずかな賠償で打ち切られては実態に合わ
ない。(集団申し立てで)原発事故の風化も食い止めたい」と話している。>

6.<「福島第1原発事故」常磐道・広野IC-常磐富岡IC再開通>毎日新聞 
2月22日(土)19時21分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140222-00000084-mai-soci
東日本大震災や東京電力福島第1原発事故で通行止めとなっていた常磐自動車 
道・広野インターチェンジ(IC)-常磐富岡IC間(16.4キロ)が22 
日、約2年11カ月ぶりに再開通した。東日本高速道路と国による路面復旧工事 
と除染が終わったため。・・・・・・開通した同区間は避難区域を通過するた 
め、最も高い放射線量を示す掲示板を設置。この日は、環境省が除染の目標とす 
る毎時3.8マイクロシーベルトを下回る同2.9マイクロシーベルト前後だっ 
た。・・・・・・・・>
・・・・この数字でも、通常の6倍、・・・・・福島県内の一般道でも、このよ 
うな数値を示すところは多数あるが・・・。
こちらの記事に電光掲示板の写真が、数字は見えない、
6’.<常磐道の放射線量掲示板>時事通信 2月22日(土)12時19分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140222-00000045-jijp-soci.view-000

関連記事、
6”<避難者の高速無料化、延長検討=太田国交相>時事通信 2月22日(土)12時 
43分配信
記事全文<太田昭宏国土交通相は22日、福島県広野町で開かれた常磐自動車道の 
再開通式典であいさつし、東京電力福島第1原発事故による避難者を対象にした 
高速道路の無料化措置について、「来年3月31日まで1年間延長する案で調整する 
よう事務方に指示した」と述べた。無料化の対象となっているのは、原発事故後 
に設定された警戒区域などに居住していた住民。東北、常磐、磐越各自動車道の 
約30カ所の料金所で被災時の住所を確認できる書類を提示すれば無料になるが、 
今年3月末で期限切れを迎える予定になっていた。> 

7.<一戸建て計画固まる 富岡町の災害公営住宅(大玉、三春) 県内初>福 
島民報2014/02/22 10:50
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014022214080
記事<大玉村、三春町に建設される富岡町の災害公営住宅は木造の一戸建てとな 
る。両町村の土地確保のめどがほぼ立ったことから一戸建てが可能となった。県 
によると、災害公営住宅整備で一戸建ての計画が固まったのは初めて。富岡町が 
21日に郡山市で開かれた町まちづくり検討委員会で明らかにした。大玉村の災 
害公営住宅は県が設計から建設まで行い、村営となる。設置戸数は67戸。三春 
町の災害公営住宅は建設、運営ともに県となる。設置戸数は87 
戸。・・・・・・・>

8.<再生エネ情報館を設置 福島駅新幹線コンコース>福島民報 2月22日 
(土)10時47分
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014022214075
記事<JR東日本は3月1日、福島県と共同で再生可能エネルギーの有用性をア 
ピールする「福島駅再生可能エネルギー情報館」を福島市の福島駅2階新幹線コ 
ンコース内に設ける。・・・・県は太陽光や風力発電の実験装置、JR東日本は 
蓄電池で走行する列車のパネルなどを展示する。両者それぞれの取り組みを映像 
で紹介するコーナーも設ける。・・・・・>

9.<塩屋埼灯台に観光客=3年ぶり「復興のシンボル」―福島>時事通信 2月22 
日(土)16時24分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140222-00000101-jij-soci
記事<東日本大震災で被災した福島県いわき市の塩屋埼灯台で22日、3年ぶりに 
一般公開が始まった。美空ひばりさんが歌った「みだれ髪」の舞台で、震災前は 
年10万人が訪れた県内有数の観光地だ。・・・・・・・・灯台は震災でレンズ部 
分のガラスがすべて割れ、近くの歩道が一部崩落した。約9カ月後には点灯した 
が、のり面の復旧工事などが続いていた。> 

10.<22日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定 
値・県内死者・行方不明者数>福島民報2月22日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値 
です。

栃木県、
11.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞2月22日 
17:30
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140222/1513210
記事<▼空間放射線量率(22日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。 
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート 
ル)・・・・・・・・>
・・・・・・大荒れの天候前の線量に戻りつつあります。

東京都、
12.<放射線と甲状腺がんテーマ 世界有数の専門家が議論 東京福島民報 2 
月22日(土)11時59分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140222-00000015-fminpo-l07
記事<・・・・福島第一原発事故による放射線と甲状腺がんの関連について世界 
有数の専門家たちが議論するワークショップは21日、東京都港区の品川プリン 
スホテルで始まった。23日まで。環境省、福島医大などの主催。同大のほか世 
界保健機関(WHO)、国際放射線防護委員会(ICRP)、アメリカ国立がん 
研究所、ウクライナ国立医学アカデミーなど各国の研究機関などに所属する専門 
家約40人が参加している。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・県内で 
「甲状腺がん」と診断が「確定」した子どもが増えていることについて「放射線 
被ばくよりも、検査精度の向上の方が因果関係が強い」との見解を示すととも 
に、長期的に追跡調査していくため、さらなる体制強化が必要と指摘した。>
・・・・・・・・・これ、いつもの論調です。

13.<寄り添う(下) ありのまま知って 重い課題に向き合う>福島民報2 
月22日
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/02/post_9262.html
記事<■東京新聞 社会部 小林由比記者・・・・・・・・・・美しくブローさ 
れたヘアスタイルで「きれいな方だな」というのが第一印象だった。震災の年の 
瀬、心の支えとなっている人への思いを聞く企画のため、話を聞かせてもらった 
のが、東雲(しののめ)住宅で暮らす富岡町の菅野洋子さん(72)だっ 
た。・・・・・・・・・・(以下、避難者の様子を伝える)・・・・・
■東雲住宅
東京都江東区東雲にある国家公務員宿舎。平成23年4月に都が被災者の受け入 
れを始めた。今も1000人以上が暮らす。住宅がある地域は東京湾岸の高層マ 
ンション密集地で、住宅も36階建ての超高層。都は避難者の受け入れ期間を平 
成27年3月までとしている。住宅で暮らす避難者らは23年9月に交流組織 
「東雲の会」をつくり、サロンを開いたり、地域行事に参加したりしている。県 
内から都内への避難者は現在約6600人。>
・・・・・27年3月-2年後が期限・・・・。

宮城県、
14.<東電賠償請求 30次は2億円 農協宮城協>河北新報(2/22 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/02/20140222t13010.htm
記事<福島第1原発事故に伴う農畜産物の損害賠償額をまとめる農協グループの 
宮城県協議会(会長・菅原章夫県農協中央会長)は21日、仙台市内で総会を開 
き、東京電力に対する第30次の賠償請求額を2億528万円とすることを決め 
た。県内各地の農協が28日に請求する。・・・・・・・21日現在、県協議会 
の賠償請求総額(第1~29次)は303億8041万円。このうち東電から支 
払われたのは221億4006万円で、請求に対する割合は72.9%だった。>

原発立地自治体、
新潟県、
15.<柏崎刈羽原発:広域避難、課題山積 全市町村・原子力安全対策研、県 
の行動指針案は了承 /新潟>毎日新聞 2014年02月22日 地方版
⇒http://mainichi.jp/area/niigata/news/20140222ddlk15040084000c.html
記事<県内全市町村で構成する「市町村による原子力安全対策に関する研究会」 
(代表幹事・森民夫長岡市長)が20日、長岡市で開かれ、東京電力柏崎刈羽原 
発の事故を想定して県が広域避難の方向性を示した行動指針案を了承した。しか 
し、避難ルートや交通手段など課題は山積しており、市町村からは県とさらに議 
論を重ねる必要性が指摘された。この日は県防災会議原子力防災部会長の飯沼克 
英・県危機管理監が指針案を説明。避難の考え方や避難者を受け入れる市町村を 
明示したうえで、年度内にも避難する側と受け入れ側が協議する場をつくり、態 
勢整備を進める考えを示した。・・・・・>
関連記事、
16.<柏崎原発6号機の発電機で不具合>新潟日報2014/02/21 20:29
記事<東京電力は21日、定期検査中の柏崎刈羽原発6号機の非常用ディーゼル発 
電機1台で、発電機の回転数が上がりすぎた場合に自動停止させる装置の一つが 
作動しない不具合があったと発表した。発電機能に異常はないほか、6号機の他 
2台のディーゼル発電機も異常はなく、安全上問題はないとしている。東電によ 
ると、20日に行った装置の試験で、規定の回転数に至っても自動停止しなかっ 
た。自動停止装置は二つあり、もう一方に異常はなく、手動停止も可能だった。 
東電は不具合の原因を調べている。>

福井県、
17.<敦賀市、放射線量をデータ放送 ケーブルテレビ防災チャンネル>時事 
通信(2014年2月22日午前7時00分)
⇒http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/48763.html
記事<福井県敦賀市は新年度、県原子力環境監視センター(同市吉河)が測定・ 
監視している環境放射線量データを取得し、市民が地元ケーブルテレビ 
(CATV)を通して常時見ることができるシステムを構築する。東京電力福島 
第1原発事故を教訓に住民避難を放射線量の実測値を基に判断するため、平時か 
ら線量データに関心を持ってもらうのが狙いだ。同監視センターが独自に測定 
し、国、電力事業者からも取得する1時間当たりの空間放射線量、風向・風速、 
雨量を含むデータは通常、ホームページや敦賀市役所などにあるデータ表示装置 
で見ることができる。お年寄りらにより身近で手軽に見てもらうため、敦賀市が 
線量データを受信し、地元CATVの防災チャンネルのデータ放送で流す連携シ 
ステム
を構築する。新年度当初予算案に委託料600万円余りを計上し 
た。・・・・・・・・同様の取り組みは高浜町が既に行っている。・・・・・・・>

原発施設、
18.<石川県・志賀原発:規制委、調査開始 活断層か否か判断>毎日新聞  
2014年02月22日 東京夕刊
⇒http://mainichi.jp/shimen/news/20140222dde001040075000c.html
記事<原子力規制委員会の有識者調査団は22日、北陸電力志賀(しか)原発 
(石川県志賀町)の敷地内の断層が活断層かどうかを判断する現地調査を始め 
た。志賀原発では、重要施設である原子炉建屋の直下を断層が通っている。規制 
基準は活断層の真上に重要施設を建てることを禁じており、活断層と認定されれ 
ば、廃炉に追い込まれる可能性がある。調査は23日まで。 調査団は、島崎邦 
彦委員長代理を含む専門家5人。2日間かけて、敷地内の断層のほか、東1・4 
キロにあり、北陸電が「活断層の可能性が否定できない」としている福浦断層な 
どを調べる。この日は午前8時過ぎから、1号機直下を通る「S-1断層」が見 
られる調査坑(深さ約40メートル、長さ約30メートル)に入るなどして調査
した。北陸電によると、敷地内の断層は8本。このうちS-1断層など2本が、 
1号機と2号機の各原子炉建屋直下を通っている。・・・・・・・・・・・>
18'.<意見の違い「なかった」=志賀断層調査、初日終了-規制委>時事通 
信(2014/02/22-20:17)
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa#jmp_news
記事<・・・・・取材に応じた団長役の島崎邦彦規制委員長代理は、メンバー5 
人の間で意見が分かれる場面があったかを問われ、「具体的になかった」と述べ 
た。断層が将来動く可能性については言及しなかった。> 

青森県、
19.<再処理工場の重大事故対策、詳細設定を要求/規制委>東奥日報2月 
22日
記事全文<原子力規制委員会は21日、日本原燃六ケ所再処理工場の新規制基準適 
合可否を判断する審査会合を都内で開いた。今回の審査テーマは再処理の一連の 
工程のうち、使用済み核燃料をせん断、溶解する「前処理」。前処理建屋におけ 
る重大事故対策などを説明した原燃に対し、規制委側は、対策の前提となる事故 
シナリオを詳細に設定するよう要求した。>
関連記事、
20.<核燃税収入が過去最高 税額引き上げ、181億見込む >東奥日報2月 
21日
記事<県は2014年度当初予算案で、日本原燃と東北電力に課す核燃料物質等取扱 
税(核燃税)の収入を181億980万円と見込んだ。原燃のウラン濃縮工場、低レベ 
ル放射性廃棄物埋設センター、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターの3施設 
(いずれも六ケ所村)の税額を14年度から約2.3倍に引き上げるため、税収は13 
年度比で約29億3千万円増え、過去最高となる見通しだ。核燃税頼みの財政運営 
が強まる。>
・・・・・原発異存は根深い!

再生エネルギー
愛知県、
21.<風力発電:「騒音、もう限界」…愛知・田原の男性、提訴へ>毎日新聞 
(02月22日 13時25分)
⇒http://mainichi.jp/select/news/20140222k0000m040160000c.html
記事<東京電力福島原発事故後、再生可能エネルギーの一つとしてますます重要 
性が高まる風力発電だが、風力発電単独の環境基準がなく、全国で騒音などの問 
題が起きている。愛知県田原市では、風力発電施設のそばに住む農業男性が、騒 
音を理由に運転停止を求める訴訟の準備を進めている。この男性の家を訪ねてみ 
ると、鉄道や幹線道路などが放つ騒音とは異質な音が、家の中まで侵入してい 
た。・・・・・・・・・風車の音に悩む大河さんは昨年8月、運転停止を求めて 
仮処分申請したが、名古屋地裁豊橋支部は同10月、騒音について「受忍限度を 
超えると評価できない」などとして、申請を却下した。・・・・・周辺で苦情を 
訴えるのは大河さんだけだ。・・・・・・大河さん方で環境省が09年11月
に測定した結果は、夜間で屋外約47デシベル、屋内約36デシベル。環境基準 
は夜間屋外で最大45デシベルと定められている地域だ。大河さんは17年ほど 
前、「静かな場所で暮らしたい」と転居してきた。しかし、一家4人は風車稼働 
後の07年6月に約3キロ離れたアパートで、毎晩避難する生活を送ってい 
る。・・・・・・>
大分県、
22.<由布市メガソーラー計画、業者が推進求める>大分合同[2014年02月22 
日 09:39]
⇒http://www.oita-press.co.jp/localNews/2014_139302961753.html
記事<由布市湯布院町塚原の市有地で進むメガソーラー計画で市は21日、土地 
売買契約を結んでいた事業者の投資関連会社(東京都)に対し、首藤奉文市長が 
契約解除を決めたことを伝えた。同社は「納得できない」として契約に沿った事 
業の推進を求めた。・・・・・・・・・>

九州、
佐賀県、
23.<伊万里市長選、現職陣営のみ 立候補予定説明会>佐賀新聞2014年02月 
22日更新
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2637856.article.html
記事<任期満了に伴い、4月6日告示、13日投開票の日程で行われる伊万里市 
長選の立候補予定者説明会が21日、伊万里市役所であり、現職の塚部芳和氏 
(64)=3期、立花町=の陣営のみが出席した。・・・・・・・・・・・>
・・・・・立地自治体なみの協定を求める現市長・・・・無投票でよいのではな 
いですか。

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
5面下方に、
24.<維新 エネ調会長に石原氏>
・・・・原発推進論者の石原氏が・・・。
今朝の紙面はこれだけです。(2.23. 5:37)

★ 内富 さんから:
2・23緊急討論集会「原発再稼動をどうやって止めるのか」@京都大学
■イベント・ページ
https://www.facebook.com/events/545177152256653/
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20140219/1392776473

■日時:2014年2月23日(日)午後2時~5時
■場所:京都大学文学部新棟第3講義室
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/
(京阪「出町柳駅」下車、東へ徒歩10分。市バス「百万遍」「京大正門前」下 
車、徒歩3分。
時計台の北側の法経本館のさらに北の建物)
■内容
ヾ霙環鶺:木原壮林さん(「汚染水問題を憂う京都府民の会」代表世話人、京 
都工芸繊維大学名誉教授)
「人類と共存し得ない再稼動を阻止し、即時全廃に追い込もう」
・原発と政治・経済・軍事
・原発推進と科学者の責任
・目前に迫る原発再稼動
・原子力規制委員会の欺瞞性
・原子炉輸出を許すな
・現在の汚染水対策は絶望的
・原発推進の元凶=安倍政権を徹底糾弾しよう
¬簑蠶鶺:児玉正人さん(原発なしで暮らしたい丹波の会、京都の原発防災を 
考える会)
「原発再稼動の危険性と『避難できない』避難計画-原子力規制庁交渉の現場から」
J‥腓らの特別現地報告:奥村岳志さん(南相馬市在住/ルポライター)
「3・11から3年目を迎えるフクシマ」
ブログ:福島 フクシマ FUKUSHIMA
津波被害と原発震災に立ち向かう人々とともに
http://fukushima20110311.blog.fc2.com/
せ臆端堊完での討論
■資料代:500円
■主催:2・23緊急討論集会「原発再稼動をどうやって止めるのか」実行委員会
■お問合せ先:070-5650-3468(内 
富)muchitomi at hotmail.com 		 	   		

※「浜岡原発4号機(静岡県御前崎市)の再稼働に向け、中部電力は新規制基準 
に適合しているかどうか確認する審査を原子力規制委員会に申請した。申請済み 
の原発は電力8社で10原発17基、投じる対策費は計1兆8千億円にもなる。
 これほどの巨費を投じてまで電力各社が原発にこだわるのはなぜなのか、理解 
に苦しむ。この資金を再生可能エネルギーや火力発電の効率化に投資するほう 
が、よほど前向きではないのか。」

浜岡原発  再稼働はリスク大きい
[京都新聞 2014年02月17日掲載] 	
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20140217_2.html

★ 井上澄夫 さんから:
 仲井真知事や側近の県幹部らは、
知事が県議会百条委での野党の追及をうまく切り抜けたと考えているようです 
が、県民に対する説明責任を果たそうとしない知事の傲慢不遜な姿勢を県民がど 
う受け止め、一人ひとりの心の中に何を蓄積しているのかということには思いが 
及ばないようです。
知事があれほどテコ入れした名護市長選でなぜ敗北したのか、彼らはそれを見つ 
めようとしません。

★ 坂井貴司 さんから:
 特定秘密保護法が施行されたら、この自衛官は逮捕投獄されます。
 隊内のいじめが原因で自殺した自衛官の裁判で、訴訟担当だった現役自衛官が
「重要文書を隠蔽している」と、内部告発をしました。これにより、「存在しな
い」と主張していた200点の文書があったことが確認されました。裁判に大き
な影響を与える証拠です。
 「私は、組織に対してではなく、法の正義と国民に忠誠を尽くしたい」
と勇気をふるって内部告発をした自衛官を追います。

 NNNドキュメント  「自衛隊の闇 不正を暴いた現役自衛官」
    http://www.ntv.co.jp/document/
  放送日:2月23日(日) 放送時間:24時50分~

★ M.nakata さんから:
 ●安倍政権を見る「西側」の目が厳しい原因は、彼らの愚かさが現在の支配構 
造を壊しかねない。

 櫻井ジャーナルの記事から、安部政権の暴言を含めて、「西側」の目が厳しい 
のは、どのように日本として、
 考えるのか?櫻井ジャーナルの記事を参考にご紹介いたします。どのように考 
えられますか?
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201402170001/

安倍政権を見る「西側」の目が厳しい原因は、彼らの愚かさが現在の支配構造を 
壊しかねないから
カテゴリ:カテゴリ未分類

● 安倍晋三首相が靖国神社を参拝して以来、欧米の政府やメディアの日本を見 
る目が厳しくなっている。この神社は日本がアジアを侵略した象徴的な存在であ 
り、そこを参拝するということは侵略を肯定していると解釈されて当然。日本が 
アジアを侵略、その責任を連合国は極東国際軍事裁判(東京裁判)で問い、「民 
主的」な憲法に基づいて日本は再出発したということになっているのだが、そう 
した仕掛けを靖国神社参拝は破壊することになりかねない。

● 欧米諸国もこれまで侵略を続けてきた。ソ連が消滅してからだけでも「西 
側」はユーゴスラビア、アフガニスタン、イラク、リビア、シリアなどを先制攻 
撃、ベネズエラやホンジュラスでクーデターを試みてベネズエラでは失敗した 
が、ホンジュラスでは成功した。最近ではウクライナで体制転覆プロジェクトを 
実行中だ。

●こうした侵略行為の目的は巨大資本の利権を守り、拡大することにある。そう 
した利権にとって邪魔な存在は物理的に排除、つまり拘束したり虐殺したりする 
わけだが、その手先としてファシストやアル・カイダのような民主主義とは無縁 
の存在を使ってきた。

●つまり、安倍政権がいかにファシスト的な体質であろうと、欧米支配層は驚か 
ない。安倍政権を見る目が厳しいのは、この政権が反民主主義的、国粋主義的だ 
からではなく、その愚かさによって欧米の支配システムを揺るがしかねないからだ。

●昨年11月と12月に安倍首相が任命したNHKの経営委員のうち、小説家の百田尚樹 
は南京大虐殺を否定、東京裁判について、東京大空襲や原爆投下を「悲惨な大虐 
殺」を「ごまかすための裁判だった」と主張している。

●東京裁判は日本が降伏し、その戦争責任を問い、「新生日本」をスタートさせ 
るための儀式だった。日本の支配層は自分たちが降伏した意味を理解していな 
かったようだが、当時、連合国の中には昭和天皇の戦争責任を問うべきだとする 
声があった。天皇制が廃止される可能性も小さくはなかったのである。

 ●そうした展開になることを恐れたのがアメリカの巨大資本。本ブログでは何 
度も書いていることだが、彼らは関東大震災のあった1923年から日本に大きな影 
響力を及ぼしはじめ、皇室とも緊密な関係を築いていた。この日米関係を戦後も 
維持するためには、天皇制を存続させる必要があり、早い段階で天皇制の維持を 
盛り込んだ「民主的憲法」を成立させ、戦争責任をとらせたという形を作りた 
かったのである。

 ●つまり、百田の主張は単に事実を無視しているだけでなく、そうした天皇制 
維持の仕掛けを否定するもので、天皇をはじめとする「皇族」の戦争責任を問う 
議論を蒸し返し、アメリカ支配層が日本を支配するシステムを揺るがしかねない。

 ●やはりNHKの経営委員に任命された埼玉大学名誉教授の長谷川三千子は「大悲 
会」の会長だった野村秋介に対する追悼文の中で、野村の自殺によって「わが国 
の今上陛下は(『人間宣言』が何と言はうと、日本国憲法が何と言はうと)ふた 
たび現御神となられたのである」としている。「人間宣言」は天皇の戦争責任を 
問う声を封印し、天皇制を維持する仕組みのひとつだった。

 ●NHKの新会長、籾井勝人は「従軍慰安婦」について「どこでもあったと思いま 
すね、僕は」と根拠を示さずに断言、だから日本だけが非難されるのはおかしい 
と主張、韓国を恐喝犯であるかのように表現して周辺国を挑発した。これも、昭 
和天皇をはじめとする日本人の戦争責任を問う声を高めることになりかねない発 
言だ。

 ●ウクライナではネオ・ナチの「スボボダ(全ウクライナ連合『自由』)」を 
使い、欧米の支配層、特にネオコン(アメリカの親イスラエル派)は内乱に近い 
状況を作ろうとしているが、ナチを連想させる党名や党旗を変更して「本音」を 
隠している。そうすることで欧米の支援を得ようとしているわけだ。

 ●ところが日本のファシスト、つまり安倍晋三の一派は「本音」、イデオロ 
ギーをあからさまに主張している。これでは、手先として使い物にならないとア 
メリカの支配層は考え始めているだろう。特定秘密保護法、国家安全保障基本 
法、TPP、集団的自衛権などの実現、いわば汚い仕事を仕上げさせたうえで処分 
するつもりではないだろうか?

------集会等のお知らせ------

●<1000日目記念冊子発行予告>●
ご支援よろしくお願いいたします。
   http://ameblo.jp/yaaogi/
1000日目記念冊子、印刷会社に原稿渡したところです。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
    〇裁判開始13:15(口頭弁論)

  報告会と提訴2周年記念集会講演会 午後14時から
       <2012年に福岡地裁に提訴>
 場所:日本基督教団 福岡中部教会
    福岡市中央区大名2-4-36 電話:092-741-2420
       地図:http://tinyurl.com/ks3j7o7
       連絡先:	(080-6420-6211・青柳)

講師:平野治和(ひらのはるかず)(福井市光陽生協病院院長)さん
福井民医連会長
福井市光陽生協病院院長
長く敦賀市や福井市で原発作業員の診療に携わり、
安定ヨウ素剤の普及運動など立地住民の健康問題にも積極的に取り組む。
著書に『原発銀座で輝け診療所』などがある。
講演内容
1、自己紹介;福井の原発と私のかかわった運動(ヨウ素剤普及活動)など
2、低線量リスク;肯定論文が増加しているがいくつか紹介しながら
3、被曝労働の実態;70年代若狭の日雇い原発労働の実態、福島に触れて
4、原発労働者の健康問題;循環器系リスクを中心に
5、まとめ

●「さよなら原発!福岡」例会 2月28日(金)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
         福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
            地図:http://tinyurl.com/mkzzusw
         連絡先:(080-6420-6211・青柳)
<さよなら原発!福岡集会<3.11(三周年)>
集会日時:3月9日(日)午後2時から
場所:福岡市須崎公園 福岡市中央区天神5-8
チラシ表 http://tinyurl.com/mjzu7ft
チラシ裏 http://tinyurl.com/ml5okhv

● さよなら原発!福岡集会<3.11(三周年)>●
集会日時:3月9日(日)午後2時から
場所:福岡市須崎公園 福岡市中央区天神5-8
地図:http://tinyurl.com/6od2twa
デモ:午後3時から天神周辺と九電前
主催: さよなら原発!福岡集会実行委員会
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
カンパ募金振込先
・郵便振替01770-5-71599 さよなら原発! 福岡
 1口500円(何口でも大歓迎)
チラシ詳細 http://tinyurl.com/l2vttdf

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
       3月28日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
            原告総数 原告総数  7399名 (2/20現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
        ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
        午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
         <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
          青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
aoyagi at tent-hiroba.jp
************************

























CML メーリングリストの案内