[CML 029791] 明日2/22(土)こんなにあぶない「秘密保護法」パート1〜成り立ちと狙いを徹底解剖@文京区民センター

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 2月 21日 (金) 00:47:43 JST


紅林進です。

明日2月22日(土)、東京・文京区の文京区民センターで開催されます
「秘密保護法」に関する下記集会のご案内を転載させていただきます。


(以下、転送・転載・拡散大歓迎)
 
2・22連続学習会
こんなにあぶない「秘密保護法」パート
 -成り立ちと狙いを徹底解剖‐

■と き   2月22日(土)18時30分〜21時
■ところ  文京区民センター3A集会室 
(都営三田線・大江戸線春日駅「A2」出口徒歩0分、営団丸ノ内線「A4」出口徒歩5分)
 地図http://www.cadu-jp.org/notice/bunkyo_city-hall.htm
■講師 海渡雄一さん(弁護士)
    「秘密保護法 ここが問題だ!」
    右崎正博さん(独協大学法科大学院教授)
    「秘密保護法と情報公開」
■参加費 500円
■主 催 「秘密保護法」廃止へ!実行委員会
■連絡先
新聞労連 03-5842-2201 http://jp.mc1006.mail.yahoo.co.jp/mc/compose?to=jnpwu@mxk.mesh.ne.jp
平和フォーラム 03-5289-8222
5・3憲法集会実行委員会(憲法会議 03-3261-9007)
(許すな!憲法改悪・市民連絡会 03-3221-4668)
秘密法に反対する学者・研究者連絡会 http://jp.mc1006.mail.yahoo.co.jp/mc/compose?to=article21ys@tbp.t-com.ne.jp
秘密法反対ネット(盗聴法に反対する市民連絡会 090-2669-4219)
(日本国民救援会 03-5842-5842)

安倍政権は昨年12月「秘密保護法」を世論の反対の声を無視して強行採決し
制定しました。しかし、制定後も市民の反対の声は根強く同法を廃止しようと
いう声が全国各地でまきおこっています。安倍政権は、この市民の声を恐れ、
「秘密保護法は市民を対象としたものではない」「取材・報道の自由は侵され
ない」などとペテン的言い訳に終始しています。「秘密保護法」は、知る権利、
取材・報道の自由、表現の自由を侵害し、三権分立を否定する、稀代の悪法
です。いかに、安倍政権のペテン的言い訳がでたらめなものかを徹底解剖す
るために、『こんなにあぶない「秘密保護法」』連続学習会をおこなうことにしま
した。ぜひ、ご参加ください。


CML メーリングリストの案内