[CML 029776] 『放射線と甲状腺がんに関する国際ワークショップ』

T.kazu hamasa7491 at hotmail.com
2014年 2月 20日 (木) 11:19:01 JST


皆様

すいません
さきほど、
ツイッターに私が投稿したものです。
長文お許しください。

==============================================
田島なおき(再稼動反対) ‏@ni0615  · 2時間
明日21(金)~23(日)、御用学会の総力をあげて開催、
"フクイチ放射線は無害"を合唱する為に。
『放射線と甲状腺がんに関する国際ワークショップ』 

@東京プリンスホテル=入場無料=資金はどこから?!

主催:環境省
福島県立医科大学
経済協力開発機構原子力機関(OECD/NEA)
9:12 - 2014年2月20日 · 詳細


21(金)~23(日)御用学会の総力をあげて開催、
"フクイチ放射線は無害"を合唱する為に。
『放射線と甲状腺がんに関する国際ワークショップ』 

http://www.nsra.or.jp/safe/crpph2014/index-j.html
PDF・http://www.env.go.jp/chemi/rhm/20140221.pdf


主催者の1つ 経済協力開発機構原子力機関とは?
「原子力発電を安全で、環境に調和した経済的なエネルギー源として
開発利用することを、加盟諸国政府間の協力によって促進する
経済協力開発機構(OECD)傘下の国際機関です。」 

(原子力産業協会
http://www.jaif.or.jp/ja/nuclear_world/overseas/f0107-02-01.html


いわば原子力産業協会の国際版。
「経済協力開発機構/原子力機関(OECD/NEA)は 

OECDの専門機関として,1958年に欧州原子力機関として発足。1972年に我が国
欧州以外の国としてはじめて参加したことを受け,現在の名称に」
(外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/atom/oecd_nea.html


21~23『放射線と甲状腺がんに関する国際ワークショップ』組織委員会
委員長:山下 俊一

(福島県立医科大学)
Ken NOLLET
丹羽 太貫
鈴木 眞一
志村 浩己
松井 秀幸

(環境省)
桐生 康生

( 経済協力開発機構原子力機関)
酒井 一夫 ほか


主催者ではない様々な学会も、webサイトに公告。
総力をあげて「フクイチ放射能は無害!」の合唱。
いわばこれ、産官学独裁・原子力中央委員会の「拡大会議」か?
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=hts&oq=&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4ADFA_jaJP485JP485&q=%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E3%81%A8%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97 … 



全力告知の御用学会など検索上位から
env環境省、
nsra原子力安全研究協会(事務局)、
日本小児内分泌学会、
日本甲状腺学会、
OMC、
日本放射線技術学会、
日本医学放射線学会、
長瀬ランダウア、
早野龍五・・・
※もしかして、OMCは政府のHPを委託されている広告会社か?


『放射線と甲状腺がんに関する国際ワークショップ』登壇者
21(金)長瀧 重信(長崎大)、Emilie van
Deventer (WHO)、
Christoph Reiners(ヴュルツブルグ大学病院)安村 誠司(福島県立医大)
Joachim Schüz(国際がん研究機関)
宮内 昭(隈病院)、Gaya Gamhewage(WHO)
22日分につづく


『放射線と甲状腺がんに関する国際ワークショップ』 

22日午前登壇者
明石 真言(放医研)、Joanne Brown(英国)、Emilie van Deventer (WHO)、
石川 徹夫(福島県立医大)、栗原 治(放医研)、床次 

眞司(弘前大)


22日午後登壇者
神谷 研二(広島大)、Mycola Tronko (ウクライナ)、鈴木 眞一(福島県立医大)、
志村 浩己(福島県立医大)、Jae Hoon 
Chung(韓国)


22日午後登壇者 セッション 4: 甲状腺がんのリスク評価
酒井 一夫(放医研)、Roy Shore(放影研)、Peter Jacob(ドイツ)、
André Bouville(米国)、Maureen Hatch(米国)、


23日午前登壇者
佐々木康人(日高病院)、T. Schneider(フランス)、R. Shore(放影研)、
V.  Ivanov(ロシア)、M. Tronko(ウクライナ)、Y. Demidchik(ベラルーシ)


23日午前-午後登壇者
A. Vaswani(米国)、祖父江 友孝(大阪大)、丹羽 

太貫(福島県立医大)、
M. Siemann(OECD/NEA)、J.  Lochard(ジャック・ロシャール ICRP)


23日午後登壇者
T. Schneider(原子力防護評価研究所、フランス)、高村 昇(長崎大)、
松井 史郎(福島県立医大)、W. Bolch(フロリダ大学、米国)


『放射線と甲状腺がんに関する国際ワークショップ』 

プログラムは、http://www.japanthyroid.jp/doctor/img/program.pdf


そうそうたる顔ぶれ。まえに「どこかの国の中央委員会とかの拡大会議みたい」
と申しましたが訂正します。大昔のコミンテルン※ならぬ、
核産業推進研究者国際組織=ヌクミンテルの総会みたいですね。

※唯一の科学的見解の持ち主、真理の独占者と自称した
※長瀧重信さんは、こと放射線に関しては、統一した科学的見解以外のことを、
科学者は民衆に語ってはいけない、と明言しています
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/2554050/


ヌクミンテルンが官許の国際的陰謀組織であるかどうか、
きちんと監視する必要tがあるでしょう。
主催者がUST中継公開するそうですが、
http://www.ustream.tv/channel/crpph2014-japanese
福島県主催シンポの前例ではアーカイブは公開しませんでした、


みなさん、
福島県民や、日本国民のみならず、
今後の世界民衆を放射能でからめとる、
国際戦略とはなにか?
世界綱領とは何か!

見つめてください!
監視してください。
画面を撮影するなり収録保存して下さい


ni0615田島拝

-- 
このメールは Google グループのグループ「フクロウの会」の登録者に送られています。
このグループから退会し、メールの受信を停止するには、fukurou_nn+unsubscribe at googlegroups.com 
にメールを送信します。
その他のオプションについては、https://groups.google.com/groups/opt_out 
にアクセスしてください。 



CML メーリングリストの案内