[CML 029738] Re: 借金制度の廃止を Re: 奨学金制度の改善にご協力を

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2014年 2月 18日 (火) 15:57:28 JST


前田 朗です。
2月18日

泥さん

お返事ありがとうございます。ご趣旨よくわかります。

ただ、あれこれ言い訳をしても詐欺は詐欺です。適切で「穏当」な表現です。

仮に「在日特権を許さない会」という「名前が公式名称なので使わざるを得ない」
としても、同時に「嘘だ。在日特権などない」と注記するのが普通ですよね。

「可能な限り負担軽減を図る取り組み」は必要です。とても重要です。

「奨学金というのは嘘で、実態は借金制度だ。本当の奨学金制度に抜本改正する
べきだ」と主張しつつ、「可能な限り負担軽減を図る取り組み」をすればいいの
です。

----- Original Message -----
> 前田さん
> 
>  日本の奨学金制度が奨学金の名に値しない点については仰るとおりだと同意
します。
>  ただその名前が公式名称なので使わざるを得ない。
> 
>  借金制度でない奨学金制度に改めなければならないのも当然の話です。
>  だけど一挙にそれが実現できないのだから、可能な限り負担軽減を図る取り
組みもまた必要ではないでしょうか。
> 
>  「詐欺に荷担」というのは、まあ前田さん一流の極論的表現だと思いますが、
穏当ではないと思いました。
> 
> ----- Original Message ----- 
> From: <maeda at zokei.ac.jp>
> To: "市民のML" 
> <cml at list.jca.apc.org>
> Sent: Monday, February 17, 
> 2014 4:39 PM
> Subject: [CML 029716] 借金制度の廃止を Re: 奨学金制度の改善にご協力 
>> 
> 
> > 前田 朗です。
> > 2月17日
> >
> > 泥さん
> > みねさん
> >
> > 詐欺に加担するのはやめましょう。 
> > 
> >
> > 日本学生支援機構の借金制度を奨学金制度と呼ぶのは不適切です。一部が結
果と
> > して奨学金になることはあっても、基本は借金制度です。
> >
> > 私は昔々、日本育英会という名前の時代に借りました。奨学金だと思って手
続き
> > したら、実は借金だとわかりました。
> >
> > それでも助かりましたから、当時350万借りました。OD時代に他から1
50
> > 万。さらに先輩知人の援助が300万(返済不要)。家庭教師や塾講師のみ
で、
> > 全部で500万の借金を抱え返済の当てもなく、絶望的な状況でひたすら論
文を
> > 書いてました。
> >
> > 10年ほどかかって「返済免除」となり、350万は返済の必要がなくなり、
> > 「結果として奨学金」になりましたが。
> >
> > 延滞金など「高利貸し」とは言わないまでも「中利貸し」のやることです。
奨学
> > 金制度ではありませんから、その改善もできません。
> >
> > ----- Original Message -----
> >> みねです。
> >> 大学。大学院まで卒業しても、非正規雇用、あるいは大学非常勤講師の口
しか
> > ない場合、もっと事態は悲惨なことに。
> >> 首都圏大学非常勤講師組合の調査では、年収250万未満の講師が約半数いま
す。
> >> この中から、数百万円にも上る奨学金を返済しないといけないという講師
が少
> > なからずいます。
> >> 非常勤講師は、一ヶ月1コマ2万5千円程度と、その待遇は劣悪です。専
任の
> > 5倍以上の格差があるといわれてる状況です。
> >> 延滞金の廃止、できれば年収が一定以上になるまで支払いの猶予をお願い
した
> > いと思います。
> >> みねりょういち
> >>
> >> ----------------------------------------
> >> > From: n.doro at himesou.jp
> >> > To: 
> >> > "Undisclosed-Recipient:;"@mx-list.jca.ne.jp
> >> > Date: Mon, 17 Feb 2014 
> >> > 10:18:22 +0900
> >> > Subject: [CML 029710] 奨学金制度の改善にご協力を
> >> >
> >> > 学生奨学金問題の運動が功を奏しています。
> >> > 延滞金の利率引き下げ10%→5%、
> >> >
> >> > 返還猶予の延長5年→10年と、
> >> > 成果が日本学生支援機構の2014年度予算案に反映されました。
> >> >
> >> > 奨学金問題対策全国会議は、よりよい奨学金制度の実現のために、引き
続き
> > 署名活動を行っております。
> >> > 下記HPから署名用紙をダウンロードして、
> >> > 氏名・住所を自署のうえ、
> >> > 「全国青年司法書士協議会」までお送り下さい。
> >> > 締切は3月末です。
> >> > よろしくお願いいたします。 
> >> > 
> >> > http://syogakukin.zenkokukaigi.net/syomei/
> >> >
> >
> >
> > 
> 
> 




CML メーリングリストの案内