[CML 029697] キリバス人全員の移住も=気候変動で国土水没なら−フィジー

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2014年 2月 17日 (月) 03:09:51 JST


キリバス人全員の移住も=気候変動で国土水没なら−フィジー
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014021600125

太平洋の島国キリバスの首都タラワ=2011年9月(AFP=時事)

 【シドニー時事】気候変動による海面上昇で国土が水没の危機に直面している太平洋の島国キリバスに対し、南太平洋の小国フィジーが「いざとなれば全員受け入れる」と申し出ている。フィジーのナイラティカウ大統領が11日、キリバスの首都タラワを訪問した際、公式に表明した。

 キリバスを構成する島々の海抜は平均2メートル。海岸線がじわじわ住宅地に迫り、飲み水に塩が混じるようになってきた。海外集団移住も危機感を帯びて語られるようになっているが、先進国は積極的に受け入れる姿勢を見せていない。

 ナイラティカウ大統領は「国際社会が温暖化を止められなければ海面は上昇するが、難民になることはない。キリバス人は堂々と(フィジーへ)移住できる。キリバス人の魂は新天地で生き続ける」と約束した。ニュージーランド北方沖約2000キロにあるフィジーの首都スバから、さらに北へ約2000キロ、赤道を越えた海域にタラワは位置する。

 キリバスの人口は10万人。フィジーは90万人だが、人口の3分の1は貧困層だ。実際に受け入れ能力があるのか疑問視する見方もある。ただ、キリバスは既にフィジーに広大な農地を購入。塩害でキリバスが耕作不能になる事態に備えており、両国のつながりは深い。(2014/02/16-16:02) 		 	   		  


CML メーリングリストの案内