[CML 029690] Re: 【薮田デタラメと思っていたほうがいい】~Re: 【映像】三田茂医師「関東の子どもたちの異常について」

T.kazu hamasa7491 at hotmail.com
2014年 2月 16日 (日) 23:43:51 JST


東本さん
探し物ご苦労様でした。

できましたら私の投稿のURLも、
正しく繋がるように貼っていただきたかった。 

そうすれば、あなたの引用式歪曲」が、
どなたの目にも明瞭になったかと思います。

私は「バズビー論」を展開したわけではありません。
「瓦礫拡散反対論」を展開しただけです。

2011年10月といえば、共産党を中心として、東本さん、薮田さん、
池田香代子さん、市民社会フォーラム執行部の皆さんなど、
そうそうたる論客が、
風評被害防止×瓦礫拡散という翼賛運動が、吹き荒れたころですね。
そうして、少しでも瓦礫拡散に反対の意見をいうと、
「バズビー主義者め」とレッテルを貼られてしまう、そういう時期でしたね。

その頃でしたか、
青山学院大学に講演を聴きにいったとき、安斎育郎さんは、
「放射能に汚染されたものは封印するのが常識で、廃棄物を拡散すること
など、科学者の常識にそむくものです。私は断固反対です」
といいながら、
なんとなく口ごもっていたのが異様でした。

私も別に、東本さんに対して「バズビー論」などというものを展開したわけではなく、
「科学者の常識」を語る人と同じように、瓦礫拡散に反対の意をいっただけです。
瓦礫拡散反対は、別に「バズビー主義」でもなんでもなく、
放射線防護の原則中の原則なのです。

まあ、2011年10~11月あの頃は、
だれかれを問わず「バズビー信者」という
レッテルを貼って、石つぶてを投げつけるといった、
「突撃隊※」運動がもっとも盛んな時期でしたから、
東本老大人としても、
その尻馬に乗って大活躍の自己顕示がしたかったとしても、
無理はなかったかもしれません。

※突撃隊
http://1.bp.blogspot.com/-mnAfec4juLA/UAUWQBByoKI/AAAAAAAAcu8/TnFYuU563vA/s640/BUNDES~1.JPG
http://blog-imgs-32.fc2.com/b/i/l/billancourt/201004171823084d5.jpg

まあ、私がバズビー信者だったのか、
それとも単に「瓦礫拡散反対」の常識を申し上げただけなのか、
CML読者の皆さんには、私の投稿そのものを読んでいただいて、判断していただきましょう。

(東本さんがマトモなリンクの貼り方をなさらないので、読者の皆さんは
往生しているかもしれませんし)


==================================================================
(投稿1)東本さん [CML 012659] への田島の対論
http://list.jca.apc.org/public/cml/2011-October/012529.html
[CML 012668] Re: 東本さん、ずいぶんな歪曲ですね。クリストファー・
バスビー氏(ECRR)の東日本大震災がれき処理に関する警告発言について
T. kazu 2011年 10月 19日 (水) 19:24:26 
JST
==================================================================

東本さん
ずいぶんと長い文章ですが、
綱渡りのような尻取りゲームですね。
太いリクツはどこにも通っていない。

せっかくの長い文章ですが、
私は短くレスを返します。

~~~~~~~~~~~~~

肝心なことは、
放射能被曝をどのように回避するかです。

大切なことは、
健康被害を回避御するには、放射能汚染地域から人間が逃れることしかない、
ということです。

放射能に汚染されたガレキを各地に分散させることは、
放射能を拡散させることです。

放射能を全国に拡散させて「痛みを共有しようではないか」
そんな、なにや節を唱えて、
放射能被ばくのリスクは低減するのですか?

東本さんはそこを全く考えていない。
おそらく、情緒でしかないのです。

「私たちも連帯して放射能浴びますから、福島の皆さん、どうかこらえ
留まって下さい」
とでもいうのですか?

放射能を全国に拡散させて「痛みを共有しようではないか」
これは全く、おかしな精神論です。
戦術的になんの意味もないのに「痛みを共有してます」posingのために、
数千の将兵を玉砕させた「大和出撃」にも似ています。
一億火の玉、一億玉砕の一歩手前です。

放射性物質を拡散させたからといって、
被曝のリスクは増大こそすれ低減はしません。 

福島の人たちにとってもです。
技術的にも明解なのです。

もし、東本さんのきょう日の意見が、
聞くに値する、もしくは読むに値するものとなるためには、
東京にあるいは大分に「高レベル廃棄物処分場」を誘致する、
きちんとした評価書付きの提案となった時、のみです。

私たちがすべきことは、
1、福島の人を救う、逃げ道を確保する。
2、放射能の拡散を防ぐ、
この2つを並行して行う以外にはありません。 


バズビー氏は、「拡散(薄めて)ナントカしよう」に厳しい警告を
発しています。
その言葉尻をとらえて尻取りゲーム、
しかも、今中氏を出汁にしてバズビー批判をする、2ちゃんネラーもどき。
「あいつはデマを言ってるかも知れない」(笑う)
東本さん、そんな手法は4カ月も前にtwitterでは陳腐化してますよ。

なお、小出氏は高線量廃棄物も低線量廃棄物も、域外搬出は基本的に反対
しているはずです。
なぜ福島第一とともに廃炉になる筈の、福島第2の敷地内に運ばないのか、
とも、確か言ってたはずです。

放射能を分かち合えば「連帯」?
それって、オカシカネ?
為政者の「カオを立てる」こと以外に、
それって、どのような効果があるのでしょうか?

ni0615 田島拝
安禅不必須山水
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/list/


===================================================================
(投稿2)東本さん [CML 012675] への田島の対論
http://list.jca.apc.org/public/cml/2011-October/012536.html
[CML 012681] Re: 東本さん、ずいぶんな歪曲ですね。クリストファー・バスビー氏(ECRR)の
東日本大震災がれき処理に関する警告発言について
2011年 10月 20日 (木) 10:16:08 JST
====================================================================

東本さん

> 私が問題にしているのは、「(政府、環境省が)がれきの処理
> 全国の行政に依頼しようとしているのは、福島> の子どもたちが
> 病気になったときに補償しないですむようにがれきを全国に拡散
> して、他地域で子どもたちの> 健康状態が福島と変わらないよう
> にするためである」と断定するクリストファー・バスビー氏の論
> 理です。

「と断定するクリストファー・バスビー氏の論理です」
という東本さんの断定はともかくとして、
私もバズビー氏と同様の危惧を、かなり前から感じています。

すでに、文科省は学校のセーフティーを福島なみに考えることを、
全国の学校に通達しています。
最初は「年20ミリシーベルトまで」といい、
最近は「8時間と休暇を引いた学校生活で年1ミリシーベルトまで」と。
これは全国適用です。

(※ 文京区柏学園についての東京都文京区教育委員会のロンリをごらんください。
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/894.html
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_kankyo_housyasen_kekka20110921.html
「子どもたちにできるだけ被曝させまい」という理屈ではなく、
「子どもたちはどこまで被曝させてよいか」という通達の適用です。)

福島との平準化は、
行政末端まで施行されれている現存政策、「現存被ばく状況」となっているのです。
食品摂取でも同じです。

疫学というのは、放射能に限らず、あらゆる毒物に関して、
「被曝人口」と「非被曝人口」とのリスク比較です。
後者は、対照、または、コントロールまたは、バックグラウンドといいます。
仮に東京周辺をバックグラウンドだとすれば、 

文京区の柏学園がある東葛地方は
すでに「避難の権利地区」の汚染濃度(もしくはそれ以上)です。
バックグラウンドの一部は、
「被曝人口」として数えられる福島中通と遜色ない被曝地となっているのです。
つまり、福島との差はもうかなり埋まっているのです。

そして

> しかし、実際にはそういうことは起こりえないでしょう。すでに
> 述べていることですが、放射性汚染物質はその自治体のもっとも
> 人気のない場所に閉じ込められ、それ以上他地域に拡散しない
> 措置がとられるはずだからです。また、そうでなければなりません

東本さんは、どうやら、
理念のとおり物事が進んでいる、
「進んでいるはずだから・・・」「大丈夫だ。」 

という国会答弁思考をなさっているようです。ざんねんです。
「広報よこはま」を執筆した東京大学某名誉教授とも同じ思考形態です。
http://yokohama-konan.info/koho_yokohama.html

1か月前、横浜で問題が紛糾した時、あすにも処分開始されようとした
埋め立て予定地がどこだったか?

>放射性汚染物質はその自治体のもっとも人気のない場所に閉じ込められ、
>それ以上他地域に拡散しない措置がとられるはずだからです。

ホントに東本さんが仰るような場所だったか? 

調べれば分かりますから、いちど東本さんも検証なさってください。
本当にそうなら、一億火の玉、東本さんに命を預けることができます。

また、御住居の自治体だと、どこに捨てることになるのか、
具体的にお考えなさるようお願い致します。

放射能汚染物は、
焼却場では「分かっていて燃やせない」という法律になっています。
目をつぶって法律をくぐりぬけても、焼却灰やフィルター灰は既に高濃度で、
二次処理ができずに、敷地にあふれかえっています。

一方埋め立て処分場では、時間の経過と共にやがて放射性セシウムは濃縮され、
海や地下水への汚染が問題になってくるでしょう。それは何十年か先です。
東本さんも私も草臥ったあとのまつりでしょう。 


>当然、その放射性汚染物質を閉じ込めた一帯は「立ち入り禁止区域」
> ということにもなるでしょう。

鉄条網が巡らされ、放射能マークがべたべた貼られ、
自動小銃をもったNP(Nuclear Police)が警戒するエリアですか?
そんなことして問題にならない人跡未踏の地が 

東京や大分に果たしてあるのでしょうか?

公称の自然放射線量は、
「年0.99mSv」から「年1.4mSv」、更に「年2.4mSv」へ
なんの説明もなくに引き上げられましたが、
これが、「年4mSv」、「年5mSv」になる日も近いようです。

なにしろ、放射能に寛容な御仁が増えているようですから。
私はバズビー氏の警告をも含めて、「被曝大国化ニッポン」と呼んでいます。

ni0615田島拝


===================================================================
(投稿3)東本さん [CML 012685] への田島の対論
http://list.jca.apc.org/public/cml/2011-October/012536.html
[CML 012686] Re: Re2: 東本さん、ずいぶんな歪曲ですね。クリストファー・バスビー氏(ECRR)の
東日本大震災がれき処理に関する警告発言について
2011年 10月 20日 (木) 12:17:47 JST
====================================================================

東本さん

私は、
> > 「と断定するクリストファー・バスビー氏の論理です」
> > という東本さんの断定はともかくとして、 
> > 
と申し上げましたが、

やはり、東本さんによる下記「断定」は行き過ぎています。
> バズビー氏はあなたと同様の<危惧>を表明しているのではありません。
> 政府、環境省は「福島の子どもたちが病気になったときに補償しないで
> すむようにがれきを全国に拡散して」いると<断定>しているのです。
> そして、その<断定>は根拠薄弱な推論に基づくものです。

<危惧>も<断定>も、私の用語ではなくバズビー氏の用語でもなく、
東本さんの「引き出しのラベル」に過ぎません。 


私は、東本さんのように文字面(づら)から、繰り返しフレームアップする
やり方を好みません。

> 私が問題視しているのはクリストファー・バスビー氏の発言は科学的な
> 判断に基づく発言というべきではなく、自己の主観に基づく強引な推論、
> それも邪推に近い推論でしかないということです。邪推に近い推論で福
> 島、東北地方の放射性廃棄物処理の問題を云々することは

ここまで言い切る以上、
東本さんの借り物ではない「科学的立証」を、お待ちする以外にはありません。
これが、あなたの「風評被害論」の前提なのですから、

あなたが、「バズビー氏は邪推に近い推論をしている」と証明できなければ、
貴方自身が、「邪推に近いレッテル貼り」をしているにすぎないことになります。

私は、東本さんがバズビー氏を「定位」した根拠とした、
ソースを拝見しています。
http://www.youtube.com/watch?v=ONCvKnwcOBI&feature=player_embedded
(バズビー氏トークビデオの抜粋か?10分)

あなたが提示したソースに沿っての「科学的立論」をお待ちします。

7月でしたかバズビー氏の講演も聞きましたが、 

彼は、挑戦的な物言いが好きな性格はあるようですが、
話の文脈をたどれば、科学的検証をおろそかにするような人ではないと、
私は読みとりました。

東本さんは、伝聞情報をもとに論評してやしませんか?
ni0615田島拝

===============================================


以上、採録しましたが、
その後、東本さんからのお応え「東本さんによる科学的検証」はなかった
ように記憶しています。
けっきょく在ったのは、「東本さんによる人格攻撃」でしかなかったようです。

長文失礼しました。
ni0615田島拝



CML メーリングリストの案内