[CML 029641] 小選挙区の「5増30減」は無所属候補に対する差別を拡大し、論外

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2014年 2月 14日 (金) 22:54:29 JST


皆さん

福島原発事故をもたらしたのは、犠牲を強いる政治、差別の政治です。311直後に民主党政権が改めて打ち出した比例区定数の削減は小政党に対する差別を拡大するもの、小選挙区の削減は無所属候補に対する差別を拡大するもので、主権者が真っ先に反対しなければなりません。

基本的人権の中で最も重要な立候補権、選挙権がないがしろにされている状況を放置して、政治運動の発展はあり得ないでしょう。

共産・社民を排除する選挙制度協議も許せません。無所属を含めた協議が必要です。

衆院選挙制度協議物別れ 与野党10党の実務者 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140214/stt14021417110003-n1.htm

太田光征


第23回参議院選挙無効請求訴訟を提起
http://kaze.fm/wordpress/?p=478
第23回参議院選挙無効請求訴訟の準備書面(2013年11月6日付)――戦後直後から最近までの国会審議を振り返る
http://kaze.fm/wordpress/?p=512


CML メーリングリストの案内