[CML 029614] Re: 若者は本当に田母神氏を支持したのか?

まっぺん mappen at red-mole.net
2014年 2月 13日 (木) 17:37:45 JST


【転載・転送自由】まっぺんです。
「若者の右傾化」に関するNo nameさんの推論は検証する必要があります。

■1および2について
投票していない人の思想を「投票した人と同じ」とするのは乱暴すぎます。
なぜなら「投票しない」という選択もまたひとつの「政治的意志」だからです。
「もともと興味が無いので投票しない」人ももちろんいますが、
「投票しない事」に意味を見つけることができる場合もあります。

【投票率の推移】
http://www.akaruisenkyo.or.jp/070various/071syugi/
を見てください。戦後の衆議院議員選挙における投票率の推移です。
2009年に約69%を記録してから、2012年には59%に落ちました。
比較すれば投票しなかった人が約1000万人も増えたことが分かります。
2009年は民主党への投票が集中し政権交替が起こった年です。
しかし結局民主党の政策は自民党寄りでしかなかったために、
失望した人々が投票をやめたと考えるのが妥当な見方であると思います。
「民主党への期待」と3年後の「民主党への失望」が数字の変化に現れています。
2012年には自民党が圧勝しましたが、実は得票数は激減しています。
つまり自民党への期待も無かったが、選挙制度の仕組みによって
結果的に自民党が多数派になっただけなのです。

【年代別投票率の推移】
http://www.akaruisenkyo.or.jp/070various/071syugi/693/
を見てください。これは1967年以降の年代別の投票率の推移です。
70年安保のころ、20代の投票率は60%前後を示しています。
30代では70%を超えている。つまり若者の政治的関心は高かったのです。
しかし1980年代に入ると20代の投票率は激減しています。
これは結局その上の世代の人々が20代の後輩たちに政治への関心を
持たせることに失敗したからと言えるのではないでしょうか。
30代の人々も近年、投票への意欲をどんどん失っています。
つまり20代30代の人々の「右傾化」というよりも、彼らに
政治的関心を持たせることに成功したのは右派だけだったという事です。
なお、政治的関心のない多くの若者たちが存在しています。
その人びとに対してどう影響を与えてゆくかは、我々の責任です。

■3について
ここで論争するのはやめておきます。そのかわり
『コモンズ』2月号に『永遠のゼロ』についての評論を投稿しました。
ジグザグ会に投稿したものは1万字以上で長すぎたので
1600字ほどにコンパクトにまとめました。ぜひお読みください。
http://com21.jp/modules/cpress/archives/1388


-----Original Message-----
From: cml-bounces+mappen=red-mole.net at list.jca.apc.org
[mailto:cml-bounces+mappen=red-mole.net at list.jca.apc.org] On Behalf Of no
name
Sent: Thursday, February 13, 2014 2:59 PM
To: 市民のML
Subject: [CML 029611] Re: 若者は本当に田母神氏を支持したのか?

CMLの皆様

馬鹿馬鹿しい記事なのでコメントします。
都知事選の田母神氏への投票分析から、若者(20代)の若者の右傾化が心配され
てます。ヤフーの記事は投票率ではなく、投票数を考えると右傾化してるのは、
50代以上であり若者は右傾化していない、という記事でしたが、馬鹿馬鹿しい。

理由
1投票していない人の思想は不明です、投票した人と同じと考えれば、若者の右
傾化傾向は明らかです。

2投票していない人が半数以上であり、それが不明あるいは、結局投票しないな
ら、都知事選の結果から議論しても、結論などでない、記事の議論になんの意味
もない

3今特攻映画「永遠の0」が大ヒットしており昨年から続き7週連続興収1位で
70億以上の興行収入と予想されており、2014年の実写日本映画第1位の映画と
なる可能性が大きい。
 この映画は特攻は志願制で、妻子を守るために特攻したとする歴史歪曲による
感動お涙頂戴映画ですが、戦争の概要しか知らない若者はそれに気づかず、泣が
止まらぬなどの大絶賛になっている。

若者が騙されやすく、熱しやすく、攻撃的なのは、その通りで、右傾化しやすい
のは、素直な事実として認めるべきです。学校の平和教育は表面的で、実際の緊
張下では、思想的な手助けになっていないという事でしょう。

市民運動している皆さんは、「平和が大事」などただ題目を唱えるのではなく、
中国・韓国との対立場面で具体的に何をすべきか説明しないと、若者から見放さ
れると素直に受け止めるべきでしょう。

以上
CMLの一読者


(2014/02/13 13:54), Yabuta Tohru wrote:
> 藪田です。
>
> 表題の古谷経衡の記事があります。なかなか良い記事ではないかと思います。図表
もありますので、URLをチェック本文をご覧あれ。
>
> 20代の24%が田母神に投票した。という若者右傾化の衝撃のように思います
が、投票率を加味すると、別の側面が見えます。
>
> じつは、30代、40代、でも票数では、田母神を支えている。
>
> 20代はなんと、4人に1人しか投票に行っていないのです。選挙という民主主義
参加の基本的権利の行使さえしない。こちらのほうが大きな問題ともいえます。
>
>
> *****************************************************
>
> http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20140211-00032569/
>
> 若者は本当に田母神氏を支持したのか?
>
> 古谷経衡 | 評論家



CML メーリングリストの案内