[CML 029605] 医師講演・被ばく連続学習会

T.kazu hamasa7491 at hotmail.com
2014年 2月 13日 (木) 06:42:05 JST


みなさま

2月14日の講演会は残席が僅かです。
おそれいりますが、
必ず事前申し込みをお願いします。
anti-hibaku at ab.auone-net.jp

放射線被ばくを学習する会
共同代表 ni0615田島拝


****************************************
2014/02/14 医師講演・被ばく連続学習会(東京)
医師講演・被ばく連続学習会
****************************************
http://www57.atwiki.jp/20030810/pages/89.html
PDF:
http://cdn57.atwikiimg.com/20030810/?cmd=upload&act=open&page=2%E6%9C%88%E3%81%A83%E6%9C%88%E5%AD%A6%E7%BF%92%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B&file=2%E3%83%BB3%E6%9C%88%E5%AD%A6%E7%BF%92%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B3.pdf

「放射線被ばくを学習する会」は、2月に三田茂医師を、3月に牛山元美医師をお招きして
、連続学習会を開きます。

事故を起こした福島第1原発が放出した放射能は、長期にわたって健康に影響を与えてい
ます。健康不安も大きいです。

さまざまな意見が飛び交っていますが、健康影響は「議論」によって測られるものはあり
ません。それは子どもたちの体に現れるものです。それを測るセンサーは、子どもたちを
直接診てくださっている臨床医の方々です。

しかも低線量被曝では、病気や症状に放射能特有の特徴があるわけではありません。「普
通の症状」だとして見過ごそうと思えば幾らでも見過ごすことが可能です。健康不安に耳
を傾けてくれるかどうか、医師の問題意識も放射線影響を見抜くセンサーとして、大きく
感度を左右します。

3.11以来、三田医師は東京近郊の在住者および福島からの避難者、子どもたち一人ひとり
に時間をかけて診察なさってきました。牛山医師は昨年ベラルーシで甲状腺研修を受けら
れ、地元神奈川で日々きめ細かな診察にあたるとともに、福島県郡山の病院での月1回の
当直勤務もなさっています。人間性あふれるお二人の医師のお話から、私たちもまた、家
族や周囲への健康に対する気遣いを学びとって行きたいと思います。

2月 第8回学習会
2月14日(金)午後6時15分~9時20分
アカデミー湯島・視聴覚室
「関東の子どもたちの異常について」
三田茂医師(小平市三田医院・院長)

3月 第9回学習会
3月18日(火)午後6時15分~9時20分
アカデミー茗台(みょうだい)・学習室A
「臨床医が見たチェルノブイリ、福島の現状 
臨床医に何ができるのか・・・親の期待と
現実」
牛山元美医師(相模生協病院)

参加費(資料代込み)700円。団体名は「安全な環境を考える会」です。
参加される方は 
anti-hibaku at ab.auone-net.jp へご連絡ください。
主催:放射線被ばくを学習する会 
http://www.57.atwiki.jp/20030810/ 



CML メーリングリストの案内