[CML 029585] 2/15(土)エジプト「革命」の謎~映像と現地報告~(第59回草の実アカデミー)@渋谷区穏田区民会館(原宿・神宮前)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 2月 12日 (水) 13:12:09 JST


紅林進です。

私も会員になっています「草の実アカデミー」の下記催しのご案内を
転載させていただきます。 


(以下、転送・転載歓迎)

■第59回草の実アカデミー 
エジプト「革命」の謎~映像と現地報告~

〇講師:田保寿一(ドキュメンタリー映画監督)
○日時:2月15日(土)1時30分開場、2時開演、4時45分終了
○場所:渋谷区穏田区民会館1階集会室
     渋谷区神宮前6-31-5 TEL:03-3407-1807
○交通:JR山手線「原宿駅」表参道口7分
     東京メトロ千代田線「明治神宮前<原宿>駅」4番出口3分
http://www.ss-kousya.com/institution/community/ondenkumin.htm
〇資料代:500円
〇主催:草の実アカデミー
     ブログhttp://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/
     E-mail kusanomi at notnet.jp

 
 独裁打倒を旗印に大規模な集会が始まり、ついには政権が崩壊したエジプト
の「革命」から3年。その後、ムスリム同胞団の政権ができ、その後は新政権
に対する反対運動が高まり、実質的クーデター……とエジプト情勢は目まぐる
しく動いている。
 
 いったい何が起き、どのような政治情勢で、いかなる政治集団が何をしている
のか。事態は複雑で混沌としている。謎が多い。そのなかで田保寿一監督は、
2度にわたり2か月間の現地取材を慣行した。 

 田保氏は「タマロッド」という若者グループを取材したが、今回の映像報告と
講演のポイントは、この若者グループである。重要な役割をしているにも関わ
らず、日本のメディアはどこも取材していないからだ。
 
 昨年4月28日、カイロ市内のある家に男女7人の若者が集まり、モルシ政権
打倒の署名を街の中心部でやろうと決めた。5月1日から街頭署名を始め、
1日で5000筆集めたと言う。

 6月30日までに220万の署名を集めたと言われる。そしてこの6月30日、エジプト
全土で史上空前の330万人の巨大デモが行われ、モルシ政権派と政権打倒が
大規模な衝突になり、7月3日のクーデターにつながった。 

 この若者集団を軸に、全体の情勢を考える。 

 田保寿一氏は、かつてテレビ朝日「ザ・スクープ」のスタッフとしてイラク戦争
終結直後のクウェートに入り取材活動を行う。戦争時、原油で水鳥が油まみれ
になった事件が起き、その原油はイラク軍が流したとされたが、現地調査の結果、
米軍の製油施設への空爆によるものであることを立証。1991年8月17日 「水鳥
映像の謎」を放送、ギャラクシー賞を受賞。 

 その後さらにイラクを取材したり、アメリカの死刑問題、北朝鮮拉致問題などを
取材。アメリカのイラク帰還兵による反戦運動を描いた『冬の兵士』も制作している。

**************************************


CML メーリングリストの案内