[CML 029453] Re: ロジャー・ウォーターズからスカーレット・ヨハンソンへのメッセージ

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2014年 2月 6日 (木) 16:34:14 JST


前田 朗です。
2月6日

役重さん

キング・クリムゾンの浅草国際では死にそうになりました(笑)。

後にジェネシス、ルネサンス、キャラバンになりますが、

ピーター・ゲイブリエルは「ビコ」を歌ったり、五輪で「イマジン」も。

アムネスティのゲイブリエル・東京ドームもすごかった。

昨秋、スイスでゲイブリエル・コンサートのチラシを見て慌てて調べたらチケッ
ト完売でした。


話は変わりますが、つい昨日、あるミニコミに、次のようなエッセイを書きまし
た。

前半は、映画『ハンナ・アーレント』の紹介。とても良い映画ですが、シヴァン
『スペシャリスト』を隠していること、アーレントの「ニューヨーク」ユダヤ人
特権階級性、そして、パレスチナへの視線が稀薄であることを指摘。

後半は、松元さんが教えてくれたクアラルンプール戦犯民衆法廷の紹介。シャロ
ンとイスラエル国家を裁くことの意味。映画『ハンナ・アーレント』が立ち止っ
たその先へ進むことの意味。

約2200字ほどのエッセイです。

ではまた。



----- Original Message -----
> 前田さん
> ありがとうございます。
> 私も高校から大学にかけてプログレにはかなりハマりました。
> 世代的に主として中古レコード屋めぐりというかたちになりますが。
> ロジャー・ウォーターズがパレスチナ連帯に積極的に関わっているのは、
> 頼もしい限りですが、「サンシティ」のようなレベルに到達するには
> まだしばらく時間が必要なようです。
> 役重
> 
>




CML メーリングリストの案内