[CML 029447] 【★拡散希望 】 ●争点は、ただひとつ。永田町徒然草 :白川勝彦

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2014年 2月 6日 (木) 10:22:59 JST


M.nakata です。
メールをいつも送らせていただき、ありがとうございます。 
  
 <以下転送拡散歓迎> 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
   永田町徒然草 :白川勝彦(元自民党国会議員・弁護士)ブログ記事の紹介です。
  【★拡散希望 】 ●争点は、ただひとつ。
 今回の歴史的、東京都知事選挙選挙について、ポイントが絞られてています。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 

(貼り付け開始)
********************************************************************
 http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1581#more

永田町徒然草 :白川勝彦
 
★【拡散希望】 争点は、ただひとつ。

14年02月05日

No.1646

都知事選があと4日だというのに、マスコミは相も変わらすいろいろな話題を取り上げ、
愚にも付かないことをさも重大事のように報道している。長い間政治の世界にいるが、
●マスコミが死に物狂いで政府に有利なように誘導している様を見たことがない。

逆に言えば、●今回の都知事選こそ国民的テーマで戦っている選挙であり、
●政府の心臓を突き刺す選挙なのだ。

●マスコミが争点としている「雇用や景気・子育てや高齢者支援・オリンピックやパラリンピックの準備・
首都直下型地震対策」など、程度の差はあるが特に争いはないのだ。

●だから、争点ではないのだ。限られた予算でどうするかという問題なのである。
しかし、●原発再稼働の是非は、Yes か Noか、ふたつにひとつなのある。

●原発即ゼロ=原発再稼働阻止と明言しない候補者は、結局のところ原発再稼働を容認するのである。

●宇都宮候補は確かに前回の都知事選に出た。だが原発問題をどう訴えたか憶えていないが、
今回のように原発即ゼロ=原発再稼働阻止が大きな争点とならなかったことだけは確かである。

●原発即ゼロ=原発再稼働阻止が今回のように全国民的に提起され、それを最大の政治問題としたのは、
細川・小泉W連合である。●この事実は、誰も率直に認め、評価しなければならない。

●宇都宮候補を推薦している共産党や社民党は、何十年前から反原発と訴えてきた。
しかし、54基もの原発を許し、●いままた安倍首相の再稼働を許そうとしている。それが現実である。

●この前面に立ち塞がり、これをストップさせようとしているのが細川・小泉連合なのである。
●多くの国民がその周りに集まっている。私もその一人だ。


●レーニンは、いつも“具体的状況の具体的分析”を強く訴え、ロシヤ革命を成し遂げた。
●原発即ゼロ=原発再稼働阻止など、革命などに比べれば大したことでも何でもない。現にいまが原発ゼロなのだ。

そして、●細川候補を勝利させれば、原発再稼働阻止は現実となるのだ。これが都知事選の現状であり、その本質である。

●宇都宮陣営には、賢明な行動をして貰いたいものである。

それでは、また。

**************************************************************************************


CML メーリングリストの案内