[CML 029441] 【報告】第1023日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2014年 2月 6日 (木) 07:34:11 JST


青柳行信です。2月6日。

本日、「さよなら原発!福岡」例会 2月6日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
      福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
         地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1023目報告☆
      呼びかけ人賛同者2月5日迄3147名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】2月5日1名。
    南川和子
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
NHK経営委員に関する ニュースが飛び交っています。
安倍が任命した人物です。 まったくひどい行為です。
経済も陰りが出始めました。 実態経済が伴っていないので
当然と言えば 当然の現象です。
賃金を上げて 内需を拡大する方法が一番確実です。
あんくるトム工房
あるまじき行為  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2854

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆日之影町に小水力発電稼動せり地産地消の確かなる一歩
     (左門 2・6-559)
※舩津情報2・5-6.宮崎県日向川上流からの農業用水活用で実現。
町の名も、川の名も、地域の名も太陽光に溢れており、
将来は太陽光発電も加わってクリーン・エネルギーのメッカになる可能性に溢れ 
ている。
日本は資源大国なのだ!

★ 1/28弾圧に関する勾留理由開示公判の案内
【勾留理由開示公判】
日時:2014年2月6日14時~
場所:福岡地方裁判所304号法廷

本年1月28日、福岡県警は、暴力行為等処罰に関する法律違反の容疑で、二名 
の男性を逮捕しました。

二人にかけられた容疑は、昨年11月22日に九電本店前で行われた「来んしゃ 
い金曜!脱原発」行動の際に、苦情を言った通行人男性に対して団体の威力を示 
して脅迫を加え、暴行を振るったというものです。

しかし、事件の真相は全く異なります。二人は、平穏に金曜行動に参加していた 
市民に対して、執拗に「お前ら、死ね!」などの暴言を繰り返し、つばを吐きか 
けたり自転車をぶつけるといった悪質な妨害行為を繰り返していた男性に対し、 
そのような妨害行為をやめるよう説得していたに過ぎず、その一部始終は多くの 
参加者が目撃していました。

今回の逮捕劇には、何故か複数のテレビカメラが帯同し、金曜行動とは無関係の 
政治団体名を上げて大々的に実名報道されていますが、東京都知事選から先の糸 
島市長選まで、原発の是非をめぐって熾烈な選挙戦が繰り広げられているなか、 
政治的意図をもって行われた露骨なネガティブキャンペーンであると断じざるを 
得ません。

逮捕された二人の男性のうち1名の勾留理由開示公判が、本日、福岡地方裁判所 
で開かれます。公判では、検察官に対して容疑の釈明を求めるとともに、男性お 
よび弁護士からの意見陳述も予定されています。

今回のような政治的意図によって行われる恣意的な身体拘束は決して許さないと 
いう市民の声を裁判所に届けるため、多くの皆様の傍聴支援をお願い致します。

★ 金信明 さんから:
1/28弾圧に関して
http://blogs.yahoo.co.jp/sinmyon/MYBLOG/yblog.html

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<原子力規制委員会は電力会社の都合に合わせて規制基準を変える>に付いて報 
告します。

加圧水型の原子炉の再稼動申請をしている4電力会社の過酷事故対策の中で、過 
酷事故発生時の格納容器への水素充満で、水素の発生量が限りなく水素爆轟に近 
づき、電力会社が困
り果てています。
このことに付いては、原子力規制委員会は密かに電力会社の都合に合わせて規制 
基準を変えています。
原子炉の格納容器破損防止対策は、原子力安全基盤機構が平成24年11月9日 
に規制基準を発表しています。
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/shin_anzenkijyun/data/0003_06.pdf
資料の11ページに
(a)水素燃焼の観点から厳しい事故シーケンスを選定し、全炉心内ジルコニウ 
ムの75%が水と反応し手発生する水素量を考慮する。
(c)溶融炉心とコンクリートとの反応による非凝縮性気体の発生を考慮する。
(d)長期的な水の放射線分解による水素・酸素発生を考慮する。
(a)+(c)+(d)となっていました。
その安全対策基準を継承し、原子力規制委員会の「炉心損傷防止対策及び格納容 
器は破損防止対策の有効性の評価に係る標準評価手法(審査ガイド)(案)」平 
成25年6月3日で
は
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/shin_anzenkijyun/data/0023_10.pdf
(a)また、炉心内の金属-水反応による水素発生量は、炉内圧力容器の下部が 
破損するまでに、全炉心内のジルコニウムの75%が水と反応するものとする。
それ+溶融炉心とコンクリートとの反応による非凝縮性気体の発生を考慮す 
る。+長期的な水の放射線分解による水素・酸素発生を考慮する。と厳密に定め 
ています。
しかし、原子力規制委員会は、その基準では、4電力会社の申請書が規制基準に 
合格しないと分かると、
http://www.nsr.go.jp/activity/regulation/tekigousei/shinsa/data/ooi34/mendan/20131211_01giji.pdf
の2ページのように
特に格納容器は破損モードのうち水素燃焼に係わる妥当性確認については、 
MCCIでの水素発生量を踏まえた上で、全炉心内のジルコニウム量の75%が 
水と反応した場合に、全
水素発生量が多くなる事故シーケンスも念頭に入れて整理し提示すること。
とのあいまいな表現に変えて、熔融炉心とコンクリートとの反応による非凝縮性 
気体の発生量は計算せずに、全炉心内のジルコニウム量の75%が水と反応した 
場合の水素量の中に
含まれるとごまかして、水素発生量を少なくするルール変更を行った。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうも、天気予報では、冷たい日になるとしています。福岡でも一部に雪マー 
クがあります。
さて、今朝は九州山口の記事からはじめます。

1.<玄海の安全対策質問 伊万里市議会が九電招致>佐賀新聞02月05日
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2619949.article.html
記事<伊万里市議会の防災・環境施設対策調査特別委員会は4日、九州電力の原 
子力担当者を特別参考人として招致し、原子力規制委員会の新基準に基づく玄海 
原発(東松浦郡玄海
町)の安全対策や安全審査の状況について質疑した。・・・・・・・・・前田久 
年委員長は「相当の対策がとられていると評価した。今後も専門家を招いたり、 
原発を視察するなど
して安全対策への理解を深めたい」と話した。八木部長は取材に、市と交渉中の 
安全協定について「交渉の中身は言えないが、できるだけ早く締結したい。(立 
地自治体並みを求め
る市の姿勢は)重く受け止めている」と述べた。? >
・・・・・後段の“安全協定”のことは昨日紹介した記事にはなかった。

大分県、
2.<伊方原発 原子力災害対策を新たに導入>大分合同[2014年02月05日 10:18]
⇒http://www.oita-press.co.jp/localNews/2014_139156330697.html
記事<大分県が県地域防災計画を改正して原発事故対策を盛り込んだことに伴 
い、四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)と海を隔てた県内の自治体で、市や村の 
地域防災計画に原子力
災害を想定した対策を設ける動きが相次いでいる。いずれも原子力規制委が防災 
対策を求めた原発30キロ圏内の範囲外となるが、各自治体の防災担当者は「住 
民の関心が高く、万
が一に備えた」という。・・・・原発事故対策を新たに導入したのは、大分、津 
久見、別府の3市。大分市は工場や医療機関など事業所での事故を考えた放射性 
物質事故対策の項目
に、原子力施設に起因する災害を被害想定に追加した。原子力災害が起きた際の 
初動態勢や情報伝達、屋内退避の呼び掛け、安定ヨウ素剤の服用などを明記し 
た。 「伊方原発
は佐賀関の高島から40キロと近い。国が50キロ圏内の地域に対しても対策を 
示すことが考えられ、先手を打った」と同市。・・・・・津久見市も無垢(む 
く)島が伊方原発の
50キロ圏内にある。担当者は「今後、具体的な行動指針を作っていくことにな 
るが、離島対策を考える必要がある。避難勧告などは国の指示の前に、早めの対 
処が生じてくること
が考えられる」と指摘する。・・・・別府市は伊方原発から80キロほど離れて 
いるが、「事故が起きた場合、放射性物質を含んだちりやガス状のものがどこま 
で飛来するのか分か
らない。市民の関心は高く、対策があることにより、住民の安心にもつながる」 
と説明する。・・・・宇佐市は2012年度の計画改正時に原子力施設の事故も 
含んだ放射性物質
対策を設けた。国東市と豊後高田市、姫島村は本年度中に導入する方向で計画の 
見直し作業を進めている。臼杵市と杵築市は県が本年度中に作成予定の原子力災 
害対策実施要領(マ
ニュアル)を見た上で、盛り込む方針という。<メモ> 昨年6月に改正された 
大分県地域防災計画の原子力災害対策は、伊方と九州電力川内(鹿児島県)、玄 
海(佐賀県)の各原
発で東京電力福島第1原発と同等の事故を想定。情報収集、連絡体制を整備し、 
大気中の環境放射線モニタリングを実施する。国の指示、助言に基づいた屋内退 
避や安定ヨウ素剤の
服用、飲食物の出荷制限、摂取制限を実施したりするとしている。>

山口県、
<選挙:知事選 新人3人の争いか あす告示 /山口>毎日新聞 2014年02月 
05日 地方版
⇒http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20140205ddlk35010289000c.html
記事< 山本繁太郎前知事の辞職に伴う知事選は6日、告示される。現在のとこ 
ろ▽共産公認で党県委員の藤井直子氏(61)▽無所属で元総務省企画官の村岡嗣 
政氏(41)=自
民、公明推薦▽無所属で元衆院議員の高邑勉氏(39)=生活推薦??の新人3人 
が争う見通しで、3氏は支持者回りや公開討論会などの選挙準備を進めている。 
投開票日は23
日。・・・・高邑氏は今回、NPO法人所長の飯田哲也氏(55)を支援する考 
えだったが、飯田氏の出馬断念を受け、立候補を決断した。上関原発計画の撤回 
など飯田氏の主張の
一部を政策に取り込んでいる。山本氏や飯田氏と争った前回知事選での得票数は 
約5万5000票。>

4.<ベア、九州の企業は慎重姿勢 従業員、期待とあきらめと>2014年02月06 
日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/31735/1/
記事<九州の企業でも、労働組合側が2014年春闘の賃上げ要求を固めつつあ 
り、ベースアップ(ベア)を要求する方針の労組が少なくない。一方で、経営側 
は慎重な構えを見せ
ている。・・・・・・・九州電力(同)は、原発の再稼働と業績改善の見通しが 
立っていない。瓜生道明社長は電気料金の再値上げを検討する意向を示してお 
り、社員の給与抑制な
ど引き続き経営合理化が求められる可能性が高い。 >
長崎県、
5.<再生可能エネルギーテーマの映画、太陽光発電使い上映会 8日に平戸市 
の若手有志が企画>西日本電子版2014年02月06日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/31740/1/
記事<長崎県平戸市の若者有志でつくる「平戸エコツーリズム検討会」は8日、 
同市岩の上町の平戸文化センターで自然エネルギーの普及に取り組む市民を追っ 
たドキュメンタリー
映画「パワー・トゥ・ザ・ピープル」の無料上映会を開く。・・・・・・上映会 
で使用する電力は太陽光発電でためた電気で賄う。・・・・・・・・・・・・>
福岡県、
6.<【わが社のアジア戦略】A?WINGインターナショナル 風力発電で農 
村の生活向上>西日本電子版2014年02月06日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/31742/1/
記事<タイ北部の山間部。電線もない奥地の村にある日、小さな風力発電機が 
立った。住民は携帯電話の充電で10キロ以上離れた隣町まで出掛ける必要がな 
くなった。設置したA?
WINGインターナショナルの中村廣秀会長(60)が写真を見せながら「電力 
があれば、地域での生活向上に役立ちます」と笑顔で話す。発電機の管理で住民 
の雇用も生み出した
という。・・・・創業は2007年。宮崎県都城市の都城工業高等専門学校の技 
術を活用して小型風力発電機を製造していた企業の事業を承継し 
た。・・・・・・・・・・

福島第1の現場では、
7.<福島第1 燃料取り出し現場の線量、プール内のコバルトが原因 >日経 
2014/2/5 22:20
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0504Z_V00C14A2CR8000/
記事<東京電力福島第1原発4号機の使用済み核燃料を取り出す作業現場で、燃 
料プールの水に含まれる放射性物質のコバルト60が、空間の放射線量を引き上げ 
る原因になっている
ことが5日、原子力規制庁が公表した調査結果で分かった。規制庁は東電に結果 
を伝え、遮蔽や除染など作業員の被曝(ひばく)低減対策を求めた。コバルト60 
は、原発事故前の
2010年11月に始まった4号機の定期検査に関し、原子炉圧力容器内のシュラウド 
(炉心隔壁)の取り換え作業などでプール内に広がったとみられる。・・・・コ 
バルト60のほか、建
屋床面に付着した放射性セシウムの影響で、プールに架かる燃料取り扱い機の上 
の線量は毎時81マイクロシーベルト、作業台車の上は90マイクロシーベルトだっ 
た。ただ床面や側面
に厚
さ12ミリの鉛板を設置すると、3分の1程度に減らせることも分かっ 
た。・・・・・・ 調査は昨年12月から今年1月にかけて実施。東電は昨年11月 
から4号機プールの燃料を共用
プールに移しており、14年末までに全1533体の移送を終える予定。>

被災地フクシマ、
中間貯蔵施設問題、
8.<「なぜ大熊と双葉だけ」 中間貯蔵2町集約、住民不快感>福島民友新聞 
2月5日(水)11時10分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140205-00010001-minyu-l07
記事<東京電力福島第1原発事故の除染で出た廃棄物を保管する中間貯蔵施設の 
建設をめぐり、佐藤雄平知事が4日に示した大熊、双葉の2町に施設を集約する方 
針は、両町の住民に波
紋を広げた。避難住民たちは施設の必要性を認めながらも、具体的な説明がな 
く、地元への建設ありきで進められる計画に不快感を見せた。一方、県の方針で 
は建設候補地から除外
されることになる楢葉町の住民は、大熊、双葉両町の住民を気遣いながら、施設 
建設の不透明な先行きに困惑の表情を浮かべた。>
9.<議論の推移…注視 双葉郡各町村長、県は説明責任を>福島民友新聞 2月5 
日(水)11時13分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140205-00010002-minyu-l07
記事<佐藤雄平知事から大熊町の渡辺利綱町長、双葉町の伊沢史朗町長が中間貯 
蔵施設の候補地から楢葉町を外して、両町への集約化を示されたことに対し、双 
葉郡の他の町村長は4
日、地域復興の前提となる除染推進に向けて中間貯蔵施設の必要性を認めながら 
も、集約化の受け入れには「両町の判断」とし大熊、双葉両町の議論の推移を見 
守る考えを示した。
ただ、県に対しては両町民への説明責任を果たすことを求めた。・・・佐藤知事 
の方針について遠藤雄幸川内村長は「楢葉町の候補地は他2町の候補地と離れて 
いるので、集約化する
ことで管理しやすい面もあるのではないか」と指摘。「中間貯蔵施設は復興に不 
可欠な施設。県が前面に出て、候補地2町の住民に説明することが必要」と強調 
した。松本允秀
葛尾村長も「両町民の受け止めで今後の対応は変わる。県は、住民の理解が得ら 
れるように最大限の努力をしてほしい」と求めた。>
政府は、
10.<話あれば重く受け止め=中間貯蔵施設集約案で-環境副大臣>時事通信 
2014/02/05-18:20
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014020500739
記事<環境省の井上信治副大臣は5日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故 
の除染で生じた汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設をめぐり、福島県の佐 
藤雄平知事が候補地
を双葉、大熊両町へ集約するよう国に求める方針を示したことについて、「正式 
なお話があれば、重く受け止めさせてもらいたい」と述べた。>

11.<葛尾村、水源調査へ 帰村後の飲用水対策>福島民報 2月5日(水)11時 
44分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140205-00000013-fminpo-l07
記事<葛尾村は帰村後の飲用水対策として、村内の地下水調査と簡易水道の水源 
調査を実施する。4日、三春町の村役場三春出張所で開いた臨時議会に事業費約 
6065万円を計上
した補正予算案を提出し、原案通り可決された。 村では東京電力福島第一原発 
事故発生前まで大勢の住民が沢からの引き水などを飲用水としていた。引き水に 
代わる深井戸などの
水源を検討するため、村内全域の地下水脈の分布や岩盤の状況を調べる。地下水 
調査の財源には国の避難区域等帰還・再生加速事業交付金を充て、一般会計に調 
査委託料3654万
円を計上した。 簡易水道の水源調査は、村内湯ノ平の浄水場付近の調査地点を 
深さ100メートルまで試掘する。簡易水道は原発事故発生以前は公共施設や一 
部住宅など約1
20カ所に給水していたため、地下水源の有無などを調べる。>

12.<「営農を再開」1割 進まぬ除染 農家の意欲低下 浪江町調査>河北 
新報(2/5 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/02/20140205t61005.htm?
記事<福島第1原発事故で避難区域に指定されている福島県浪江町の農家のう 
ち、地元で農業を再開する意思がある人は、全体の約1割にとどまることが町の 
アンケートで分かっ
た。・・・・将来的に町で農業を再開するかどうかを尋ねる質問で「再開した 
い」と答えた人は10.3%だった。「再開しない」が最も多い42.7%、 
「判断がつかない」は
42.4%だった。・・・町産業・賠償対策課は「除染が進まず、再開意欲を低 
下させている。放射能対策に力を入れ、営農意欲を向上させたい」と話し 
た。・・・・町に取り組ん
でほしい放射線対策(複数回答)は多い順に「試験栽培」「風評被害対策」「ダ 
ムの早期復旧」だった。・・・アンケートは町の農家2530人を対象に昨年 
11月に郵送方式で実
施した。回答率は63.4%。>

13.<放射線と食、環境を連携 県が「消費者教育」骨子案>福島民友新聞 2 
月5日(水)11時41分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140205-00010008-minyu-l07
記事<県は4日、県内の消費者教育を総合的に推進するための「県消費者教育推 
進計画(仮称)」の骨子案を明らかにした。東京電力福島第1原発事故を受け、 
放射線教育と食育、環
境教育などを連携して推進する方向性を盛り込んだ。 同日、福島市で開かれた 
県消費生活審議会、県消費者教育推進地域協議会の合同会議で委員に示し
た。・・・・・・・・・・・・・・・・>

14.<過去最大2805億円の公共事業費 (福島)県予算案>朝日デジタル 
2014年2月6日03時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG253HRYG25UGTB007.html
記事<県は5日、2014年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は1兆 
7145億円(前年度比175億円減)で、前年度に続く過去2番目の規模。そ 
のうち震災・原子力災
害対応分が8705億円を占めた。公共事業費は2805億円(同400億円 
増)にのぼり、過去最大となった。震災後、予算規模は依然として膨らんだまま
だ。・・・・・・・・・>

15.<除染や線量推移を発信 郡山市役所に「情報ステーション」>福島民友 
(02/05 11:00
⇒http://www.minyu-net.com/news/topic/140205/topic4.html
記事<郡山市は3日、市役所本庁舎1階市民ホールに、市内で進めている除染作 
業の進捗(しんちょく)状況や進め方、放射線量の推移などを発信する「除染情 
報ステーション」を
開設した。除染事業についての情報を広く発信して、市民に理解や関心を深めて 
もらおうと設置した。・・・・・・・・・・・・・>

16.<「原発事故原因で失踪」東電に3300万円請求へ  双葉病院患者遺 
族>読売2月4日
⇒http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=92299&from=tb
記事<東京電力福島第一原発事故後、入院先の双葉病院(福島県大熊町)から行 
方不明になり、失踪宣告を受けた女性(当時88歳)の遺族7人が、事故がなけ 
れば失踪宣告を受け
ることはなかったとして、東電に3300万円の損害賠償を求める訴訟を近く、 
東京地裁に起こす。代理人弁護士によると、女性は認知症で、一人で日常生活が 
できない状態で入院
していた。2011年3月12日、避難指示が出て入院患者約340人の救助活 
動が始まり、女性は14日午後まで病院内にいることが確認されていた。しか 
し、16日未明の最終
救助時は姿がなく、その後も見つからなかった。親族からの失踪宣告の申し立て 
を受け、福島家裁相馬支部は昨年9月、「14日午後~16日未明、病院外に出 
て、ライフライ
ンが途絶した地域を徘徊はいかいし、死亡した可能性が高い」と判断し 
た。・・・・ 東電広報部は「訴訟で主張を詳しく聞き、真摯しんしに対応した 
い」としている。>

17.<(プロメテウスの罠)事故と犯罪:13 批判浴びた福島地検? 釈放の 
是非を問われた福島地検>朝日デジタル2月5日
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140205-00000003-asahik-soci
記事<福島警察署川俣分庁舎に留置されていた「7番」の男性(43)は、震災 
翌日に突然釈放された。福島地検が震災と原発事故を受け、勾留中の容疑者31 
人を釈放。再犯者が
出たことが発覚し問題となるのは、震災から約1カ月後の2011年4月上旬の 
ことだ。全国紙のみならず週刊誌も大きく取り上げ、福島地検を批判し 
た。・・・・・仙台地検も震
災後の3月12~16日、容疑者と被告の計30人を釈放している。こちらは大 
きな問題にならなかった。何が違うのか。・・・・11年4月12日の国会法務 
委員会。当時の法
相、江田五月(えださつき)(72)は「仙台地検においては(中略)警察とも 
十分に協議の上で、警察の方の要請もあって」釈放した、と答弁している。…… 
(以下、有料設定
)>

18.<5日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定 
値・放射性物質の検査結果(加工食品)・県内死者・行方不明者数>福島民報2 
月6日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値 
です。

栃木県、
19.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞2月5日 17:25
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140205/1496371
記事<▼空間放射線量率(5日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。 
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート 
ル)・・・・・・・・>
20.<電力自給率5倍増へ 2030年へ栃木県が目標値公表>下野新聞2月5日 朝刊
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20140205/1495344
記事<県環境森林部は4日、宇都宮市内で開かれた第2回県環境審議会地球温暖 
化・エネルギー部会(部会長・山田洋一宇都宮大教授)で、3月をめどに策定す 
る「とちぎエネル
ギー戦略」の目標値を明らかにした。2005年度を基準年とし、本県の電力自 
給率を05年度の15%から30年度に70%への向上を目指す。ガスを使った火力発電 
と発電の際の排熱を
同時活用するガスコージェネレーション(熱電併給)など、臨海部の火力発電な 
ど大規模集中電源と異なる分散型電源の導入を柱とする。・・・・再生可能エネ 
ルギー発電設備容量
(出力)は30年度に基準年の38万キロワットの約4倍となる160万キロワット 
に押し上げる。・・・・・・>

宮城県、
21.<宮城の指定廃棄物最終処分場候補地 大和町議会も建設反対>河北新報 
(2/5 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/02/20140205t11017.htm
記事<福島第1原発事故によって宮城県内で発生した指定廃棄物の最終処分場の 
県内候補地3カ所の一つに大和町下原地区が選ばれたことを受け、大和町議会は 
4日、臨時会を開
き、町内への建設に反対する意見書を全会一致で可決した。処分場問題に対応す 
る特別委員会の設置も決めた。・・・・・・・・>

青森県、
22.<電力寄付の代替 県が新支援制度創設へ>陸奥新報2月5日
⇒http://www.mutusinpou.co.jp/news/2014/02/29979.html
記事<電源三法交付金が適用されない県内25市町村を対象とした新たな支援制 
度について、三村申吾知事は4日、「前向きな検討に入っている」とし、県が新 
制度を創設する考え
を明らかにした。財源は一般財源を充てる。また、むつ小川原地域・産業振興財 
団が実施する地域振興事業の維持を目的に、県が財団に支援することも検討して 
いる。・・・・・>
岩手県、
23.<放射線の知識学ぶ 黒沢尻工高電気科1、2年生>岩手日日(02/05)
⇒http://www.iwanichi.co.jp/kitakami/item_37971.html
記事<東北大大学院から講師を招いた出前授業「放射線を学ぶ」は4日、北上市 
村崎野の県立黒沢尻工業高校(三浦俊哉校長、生徒674人)で開かれた。同校 
電気科の1、2年生
78人が、寸劇や講義、実験などを通して放射線について理解を深めた。授業は、 
将来発電所などへの就職を希望する生徒に放射線やエネルギーについての関心を 
持たせ、正しい知識
を身に付けてもらおうと企画された。・・・・・・・・・・>

茨城県、
24.<県央地域首長懇話会 5項目の覚書 原電に締結要求へ 茨城>産経新 
聞 2月5日(水)7時55分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140205-00000049-san-l08
記事<■安全対策強化など盛り込む・・・・日本原子力発電東海第2原発(東海 
村白方)をめぐり、水戸市など9市町村でつくる「県央地域首長懇話会」(座 
長・高橋靖水戸市長)
は4日、国への安全審査の申請は東海第2原発の再稼働に直結しないなどとする 
5項目を盛り込んだ覚書の締結を、原電側に求めることを決めた。懇話会では平 
成24年7月、原子
力安全協定の枠組み拡大や東海第2原発の運転再開などの重要事項について周辺 
市町村が意見を述べる権限の付与や迅速な情報提供を原電に要求。・・・・これ 
に対し、原電側は昨
年12月、協定の改定を事実上先送りする回答を示した。・・・・このため、こ 
の日の懇話会では協定が改定されるまでの暫定的な措置として、安全審査の内容 
説明や、発電所
敷地内に保管する使用済み核燃料などの安全対策の強化など5項目を盛り込んだ 
覚書の締結を原電側に求めることを決定。一両日中にも、原電に申し入れる予 
定。・・・・高橋市長
は「覚書は(安全審査の申請を)了承するものではない」と強調。「覚書という 
一つのハードルを設け、改めて懇話会で原電の行動に対して、連携して協議を 
し、判断していく」と
述べた。>
24’.<5項目 同意要求へ 東海第二原発の自治体協定 県央地域首長懇話 
会>東京新聞2014年2月5日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20140205/CK2014020502000130.html
記事<東海村の日本原子力発電(原電)東海第二原発と周辺自治体との安全協定 
見直しをめぐり、水戸市や東海村など九市町村長でつくる「県央地域首長懇話 
会」は四日、原発の安
全審査などに関して原電に五項目の同意を要求することを決めた。速やかに申し 
入れ、今月中の合意を目指す。・・・・・・この問題で懇話会は、原電が東海第 
二原発の再稼働に際
して事前了解を取る自治体を、現状の県と東海村から、周辺市町村にも広げるよ 
う安全協定を見直すことなどを要求している。二〇一二年七月に要請したが原電 
は回答を先送りし、
国の安全審査後まで見直す時期を引き延ばす姿勢を示している。このため見直し 
実現までの暫定的な措置として五項目の要求を決めた。内容は(1)今回の取り 
決めは当面の対
応であること(2)県、東海村と再稼働の協議をする前に協定を見直すこと 
(3)安全審査申請は再稼働に直結しないと相互に確認すること(4)安全審査 
の申請前に丁寧に説明す
ること(5)原発敷地内の使用済み核燃料の安全対策を講じること-の同意を求 
めている。・・・・会合は水戸市内で非公開で行われた。座長の高橋靖水戸市長 
は終了後、取材に
「同意を取り交わしても安全審査を容認するわけではない。私たちが何の権限も 
ないまま審査が行われないようにしたい」と述べた。・・・・また一部報道で、 
地元自治体が東海第
二原発の安全審査の申請を大筋で了承する見通しだと伝えられたことに、高橋市 
長は「私は取材を受けていないし、職員がそのように答えたこともない」と強く 
否定した。・・・
橋本昌知事も同日の定例会見で「(申請と了承の)連絡は原電からも地元自治体 
からも全くない」と述べた。>

島根県、
25.<エネルギー基本条例:署名数確定、8万3323人 連絡会、県に制定 
請求へ /島根>毎日新聞 2014年02月05日 地方版
⇒http://mainichi.jp/area/shimane/news/20140205ddlk32040557000c.html
記事<脱原発を柱とした「エネルギー基本条例」制定の直接請求を目指す市民グ 
ループの署名簿縦覧が3日までに全19市町村で終わった。県選管によると、異 
議申し立てはなく、
有効署名数は各市町村選管が認定した計8万3323人のままで確定した。市民 
グループは7日にも県に条例制定を直接請求する。署名を集めたのは「島根原 
発・エネルギー問題県
民連絡会」(代表世話人、北川泉・元島根大学長)。昨年10月から署名活動を 
始め、県条例制定の直接請求に必要な有権者の50分の1(昨年12月2日現在 
で1万1673人)
を大きく上回る9万2817人分を集めた。署名は各選管に提出され、必要事項 
の記載漏れなどを除く8万3323人分が有効と認定された。>
26.<中部に放射線監視拠点 原発周辺地域では全国初>日本海新聞2014年2月5日
⇒http://www.nnn.co.jp/news/140205/20140205009.html
記事<中国電力島根原発(松江市鹿島町)の事故に備え、鳥取県は新年度、平常 
時・緊急時の放射線監視拠点となる「原子力環境センター」整備に着手する。土 
壌や雨水に含まれる
放射性物質を検査する機器や積算放射線量の計測器などをそろえ、監視体制を強 
化。避難判断や防護措置を行う上で必要なデータを収集し、緊急時に備える。島 
根県など原発立地地
域には既に同様の施設があるが、県によると周辺地域での整備は全国初。島根原 
発から約80キロ離れた県衛生環境研究所の敷地内に整備。鉄筋コンクリート2階 
建て、延べ床面積
500平方メートルの建物を建設する予定で、機器整備も含めた総事業費は5億 
4千万円。全額国交付金を活用し、15年度の完成を目指 
す。・・・・・・・・・・・>

規制委―石川県、
27.<志賀原発の断層調査22日から>時事通信 2014/2/5 13:42
記事全文<原子力規制委員会は5日、定例会合を開き、活断層の疑いが指摘され 
ている北陸電力 <9505> 志賀原発1号機(石川県志賀町)直下の破砕帯(断層) 
などについて、22日と
23日に現地調査することを決めた。>

海外、
28.<米海軍、原子炉操作試験で不正か / 空軍でカンニング発覚直後に>佐 
賀新聞02月05日 09時08分?
記事<【ワシントン共同】米海軍制服組トップのグリナート作戦部長は4日、国 
防総省で記者会見し、原子力空母などの原子炉操作に関する筆記試験の際にカン 
ニング行為があった
疑いで調査に入ったと明らかにした。 米軍では先月、空軍核ミサイル部隊の計 
92人が定期技能審査でカンニングに関与した疑いが公表されたばかり。原子力 
をめぐって新たな不正
が発覚したことになり、グリナート氏は「失望している」と述べた。 ジョナサ 
ン原子力推進機関部長によると、不正行為があったとされるのは、南部サウスカ 
ロライナ州にある原子
力空母や原子力潜水艦の原子炉を操作する乗組員を養成する研修施設。>
・・・・・核の管理、こんなレベル、空母の寄港は拒否しないと!

NHK、
29.<「脱原発」テーマ変更を要請=NHK会長>時事通信2014/02/05-21:11
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014020500868
記事<NHKの籾井勝人会長は5日の参院予算委員会で、同局のラジオ番組で 
「脱原発」に言及しようとした東洋大の中北徹教授が降板した経緯に関し、 
「テーマの変更を求めたも
ので、コメントそのものを修正するような注文はしていない」と述べた。民主党 
の有田芳生氏への答弁。籾井氏は、「東京都知事選では原発問題が争点の一つと 
なっており、期間中
の番組は公平性を期する必要がある」とも語った。>
29’.<「秘密法も靖国参拝も発言取り消す」 籾井NHK会長>朝日デジタ 
ル2014年2月6日02時16分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG2576MDG25UTFK010.html?iref=comtop_6_02
記事<NHKの籾井勝人(もみい・かつと)会長は5日の参院予算委員会で、就 
任会見での自身の発言について「特定秘密保護法であるとか靖国参拝について、 
私が言及したこと、
これも個人的な見解だ」と答弁した。・・・・・・・籾井氏は、ラジオ番組に出 
演予定だった中北徹・東洋大教授が脱原発をテーマに取り上げようとして認めら 
れず降板した問題も
「(東京都知事)選挙期間中でもあり、テーマの変更を求めた。コメントそのも 
のを修正するような注文はしていない」と答弁した。>

参考資料、
30.<(社説)電力業界―変わらぬ体質にメスを>朝日新聞デジタル 2月5日 
(水)7時0分配信 (有料記事)
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140205-00000005-asahik-soci
記事<言うだけ、むなしさが募る。電力業界はどこまでいっても変わらないの 
か。・・・・関西電力が発注する送電線工事をめぐり、ファミリー企業などによ 
る談合が摘発された。
公正取引委員会は、受注企業に課徴金の納付や排除措置を命じただけでなく、関 
電に対しても社員が談合を助長したとして再発防止策をとるよう申し入れた。発 
注側にも改善を求め
るのは異例のことだ。関電だけではない。東京電力も昨年末、送電線工事の談合 
摘発に際し同様の社員関与があったとして、改善策を求められている。・・・・ 
電力業界トップ2社
そろっての不祥事である。いずれも、原発事故の後も続いていたことに驚かされ 
る。……(以下、有料設定)>
30’.<原発、狭まる情報公開 新規制基準のテロ対策影響>朝日デジタル 
2014年2月5日18時23分
⇒http://digital.asahi.com/articles/ASG245QY4G24OIPE01S.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG245QY4G24OIPE01S
記事<電力会社が、原子力発電所の情報の公開範囲を狭めている。東京電力福島 
第一原発事故の教訓を踏まえてつくられた新規制基準にテロ対策が盛り込まれた 
ためだが、規制当局
が非公開を求めていない範囲まで制限する動きもある。テロ防止を念頭におく特 
定秘密保護法の運用内容が決まっていないだけに、電力会社はどこに公開と非公 
開の線を引けばいい
のか迷っている。・・・・・ ■東電、ベント非公開を決定・・・・東電は昨年 
末、柏崎刈羽原発(新潟県)の原子炉格納容器につながる排気設備「フィルター 
付きベント」の非公
開を社内で決めた。工事中の様子を報道に公開したことはあるが、今後は原則と 
して取材や視察にも応じないことにした。・・・・東電が非公開にしたきっかけ 
は、昨年12月
18日の原子力規制委員会の会議。電力会社が行う安全対策を審査する際、「機 
器の配置場所などは非公開にする」との方針を示した。原子力規制庁の幹部は 
「図面などを公開する
と、テロリストの情報源になりえるため」と説明する。・・・・東電は、非公開 
はこの方針を踏まえたとしている。ただ、同庁幹部は、詳しい資料が出てくる審 
査と、取材や視察で
公開する範囲は異なるとして、「方針は審査での情報の取り扱いを定めたもの。 
取材や視察に情報隠しのような対応をすることは想定していなかった」と見解が 
食い違
う。・・・・・■秘密法で電力会社過敏に・・・・・>

31.<細川・小泉「冬の陣」~選挙戦終盤の東京都知事選(前) >データ・ 
マックス2014年2月 5日 15:57
⇒http://www.data-max.co.jp/2014/02/05/post_16456_tm_01.html
記事<・・・・・・・・後出しじゃんけんと言えばこれほどの後出しはないが、 
選挙終盤の各社の世論調査の数字はいずれも桝添氏が細川氏にトリプルスコアに 
近い差をつけてリー
ドしており、2位につけていた細川氏が3位の宇都宮氏に逆転されたという調査 
もある。・・・・・東京都庁 もっとも、だからといって安倍首相が言うよう 
に、有権者の関心が福
祉のみに向けられたわけでも、政権の原発推進政策が支持されたわけでもない。 
むしろ、都知事選渦中に行なわれた各紙の全国世論調査では、原発再稼働への反 
対が朝日58%、日経
58%、東京60%など軒並み6割近くに達していた。それでも、「原発即時ゼロ」 
を争点に掲げた小泉-細川コンビの挑戦は完全に空振りに終わり、同じ再稼働反 
対派の細川氏と宇都宮氏の支持を合わせても桝添氏に届きそうにない数字 
だ。・・・・・なぜ、「小泉反原発旋風」は起きなかったのか。・・・・・・・・>

32.<【原発考・都知事選】経済学者・池田信夫氏 即ゼロはコスト膨大>西 
日本電子版2014年02月06日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/31737/1/
記事<・・・・・ いけだ・のぶお 京都市出身。東大経済学部卒。NHKなど 
を経て民間シンクタンク「アゴラ研究所」所長。SBI大学院大学客員教 
授。・・・・・今、原発は
原子力規制委員会が法的に権限がないのに再稼働を止めている。運転を許可す 
る、止めるというのは内閣の仕事だ。法的に何で止まっているか分からないまま 
の状態が続いている。
異常事態だ。原発はいつでも動かせる状態にある。安倍晋三首相が「これからス 
イッチを入れてくれ」と言えば動く。・・・・・福島第1原発事故では1人も死 
んでいない。原発は
危険なものだが、津波対策を厳重にやっており、今後あれと同じタイプの事故は 
起こりえない。・・・・・>
・・・・・・こんな人を登場させて!?

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面に、NHKの経営委員二人のことが報じられています。人事は完全に偏向し 
ているようです。
その記事のすぐ下方に、32.の記事、
3面に、4.の記事、
32面九州経済欄に、4.の記事。
今朝の紙面はこれだけです。(2.6.5:03)
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ 
ください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 崔 勝久 さんから:
アメリカ上院ででプライス・アンダーソン法(原賠法)廃止の動き
http://oklos-che.blogspot.com/2014/02/blog-post_5.html
アメリカはPA法は有限で、日本は無限責任を謳うことを記しています。
しかしこの動きはそれでも国家の負担をなくそうという趣旨で、世界の
核による支配は原賠法で支えるという構造は不変です。
原発メーカーの責任を問うという動きを加速し、世界の市民による
国際連帯運動にしていかなければなりません。

★ 前田 朗 さんから:
※ホワイト企業を増やすために
高橋俊介『ホワイト企業』(PHP新書、2013年) 
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/02/blog-post_3330.html

※ヘイト・クライム禁止法(49)モンテネグロ
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/02/blog-post_5.html

★ 井上澄夫 さんから:
沖縄市サッカー場で発見され続けている枯れ葉剤疑惑ドラム缶問題で衝撃的な事 
実が明らかになりました。
 米軍は日本側が投棄した可能性までほのめかしていましたが、そういうごまか 
しはもう通用しなくなりました。
 しかし関連文書がないなどとのべて、米軍が責任を回避する可能性はあり得る 
と思います。

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!福岡」例会 2月6日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
      福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
         地図:http://tinyurl.com/mkzzusw
      連絡先:(080-6420-6211・青柳)
<さよなら原発!福岡集会<3.11(三周年)>
集会日時:3月9日(日)午後2時から
場所:福岡市須崎公園 福岡市中央区天神5-8
チラシ表 http://tinyurl.com/mjzu7ft
チラシ裏 http://tinyurl.com/ml5okhv

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
    〇裁判開始13:15(口頭弁論)
  報告会と提訴2周年記念集会講演会 午後14時から
   <2012年2月17日に福岡地裁に提訴>
講師:平野治和(ひらのはるかず)(福井市光陽生協病院院長)さん
福井民医連会長
福井市光陽生協病院院長
長く敦賀市や福井市で原発作業員の診療に携わり、
安定ヨウ素剤の普及運動など立地住民の健康問題にも積極的に取り組む。
著書に『原発銀座で輝け診療所』などがある。
講演内容
1、自己紹介;福井の原発と私のかかわった運動(ヨウ素剤普及活動)など
2、低線量リスク;肯定論文が増加しているがいくつか紹介しながら
3、被曝労働の実態;70年代若狭の日雇い原発労働の実態、福島に触れて
4、原発労働者の健康問題;循環器系リスクを中心に
5、まとめ

 場所:日本基督教団 福岡中部教会
    福岡市中央区大名2-4-36 電話:092-741-2420
   地図:http://tinyurl.com/ks3j7o7
   連絡先:	(080-6420-6211・青柳)

● さよなら原発!福岡集会<3.11(三周年)>●
集会日時:3月9日(日)午後2時から
場所:福岡市須崎公園 福岡市中央区天神5-8
地図:http://tinyurl.com/6od2twa
デモ:午後3時から天神周辺と九電前
主催: さよなら原発!福岡集会実行委員会
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
カンパ募金振込先
・郵便振替01770-5-71599 さよなら原発! 福岡
 1口500円(何口でも大歓迎)
チラシ詳細 http://tinyurl.com/l2vttdf

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   3月28日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
        原告総数 原告総数 7333名 (1/30現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
    午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
     <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
aoyagi at tent-hiroba.jp
************************















CML メーリングリストの案内