[CML 029440] 【要申込】本日2/6(木)国会エネルギー調査会(準備会) 第34回(2/6)「エネルギー基本計画」のあり方を問う@衆議院第一議員会館

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 2月 6日 (木) 07:17:49 JST


紅林進です。 

当日になっての転載になってしまいましたが、本日2月6日(木)、 
衆議院第一議員会館において、「国会エネルギー調査会(準備会)  
第34回:『エネルギー基本計画』のあり方を問う」が開催される
とのことです。 

取材・傍聴は要申込で、申し込み先は下記です。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆取材申込・お問い合わせは以下までお願い致します。
  阿部知子事務所(原発ゼロの会事務局)
   Tel: 
3508-7303(衆議院内線:50424)/ Fax: 3508-3303
   E-mail: 
morihara[@]abetomoko.jp ([@]を@に変える)
  原発ゼロの会ブログ:http://genpatsuzero.sblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

まおこの国会エネルギー調査会(準備会)とは全く別の院内集会ですが、 
同じく衆議院第一議員会館では、国会エネルギー調査会の開催時間前 
に秘密保護法関係の下記の院内集会も行われます。(部屋は別) 

★国会前行動
とき  2月6日12時~13時 
ところ 衆議院第二議員会館前
発言  国会議員、研究者、表現者、市民団体 ほか
★「秘密保護法」廃止へ!院内集会
とき   2月6日13時30分~15時
ところ  衆議院第一議員会館多目的ホール
報告  「衆院欧米各国情報機関に対する議会監視等実情調
     査団」参加議員から  
お話し 田島泰彦さん(上智大学教授)
    「『監視機関』はチェックの役割を果たせるのか?」
発言  国会議員、市民団体、表現者、地方から
主 催 
「秘密保護法」廃止へ!実行委員会 


また参議院議員会館では、「伊方原発を再稼働させないための院内集会」 
が開催されます。 

伊方原発を再稼働させないための院内集会 
【日 時】 2014年2月6日(木)13:00~14:30 
【会 場】 参議院議員会館 B109会議室
 
 
(以下転載) 

国会エネルギー調査会(準備会) 第34回(2/6)「エネルギー基本計画」のあり方を問う 

報道各位、関係各位(BCC、重複失礼致します)

いつも超党派「原発ゼロの会」の活動にご関心をお寄せ頂き、誠にありがとうござい
ます。
以下、国会エネルギー調査会(準備会)をご案内致します。

阿部知子事務所(原発ゼロの会事務局)
森原 
秀樹

――――――――――
2014年2月5日
超党派「原発ゼロの会」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               
プレスリリース
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
        「エネルギー基本計画」のあり方を問う
----------------------------------------------------------------------
    
    国会エネルギー調査会(準備会) 
第34回(2/6)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 通常国会開会をうけ、国会エネルギー調査会(準備会)を再開致します。第
34回は、2月中の閣議決定が見込まれる「エネルギー基本計画」について改め
て論議します。
 原発ゼロの会は1月29日、役員名で「エネルギー基本計画への提言」を発表
し、基本計画原案における原子力の「基盤となる重要なベース電源」との位置
づけを撤回し原発ゼロへの道筋を明確にすることなど22項目の提言を行いまし
た。原子力委員会も1月9日、「国民に丁寧に説明すべき」などとする見解を出
し、立案過程の不透明性を指摘しています。
 福島第一原発事故後初めてとなる基本計画の見直しを経て、事故の経験を踏
まえた責任ある方向性が示されるためにも、引き続き党派を超えた開かれた議
論が重要と考えます。取材方、よろしくお願い致します。

───────────────────────────────────
                ◇開催概要◇
───────────────────────────────────

 ◇日時  2014年2月6日(木) 
16:00~18:00
 ◇場所  衆議院第一議員会館 国際会議室(1階)
       *会館入口で入館証を配布します。
 ◇共催  原発ゼロの会/国会エネ調(準備会)有識者チーム

 ◇プログラム 「エネルギー基本計画」のあり方を問う
   説明: 資源エネルギー庁(原案やパブリックコメント取扱いについて)
       内閣府(原子力委員会の1/9付「見解」等について)
   提言: 「エネルギー基本計画への提言」について(原発ゼロの会より)
   コメント: 植田和弘(京都大学教授)
         飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)、ほか
   討議・意見交換: 出席国会議員、有識者を交えて

 ◇出席者 国会議員(原発ゼロの会メンバーはじめ関心を持つ議員)
    
  国会エネ調(準備会)有識者チームメンバー

───────────────────────────────────
○「原発ゼロの会」には、現在9党及び無所属の衆参国会議員64名が参加して
 います。「国会エネルギー調査会(準備会)」は、国会にエネルギー政策見直
 しを総合的に議論する場がないことを懸念し、自主的な開かれた議論の場と
 して2012年4月より継続開催しているものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆取材申込・お問い合わせは以下までお願い致します。
  阿部知子事務所(原発ゼロの会事務局)
   Tel: 
3508-7303(衆議院内線:50424)/ Fax: 3508-3303
   E-mail: 
morihara[@]abetomoko.jp
  原発ゼロの会ブログ:http://genpatsuzero.sblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


CML メーリングリストの案内