[CML 029436] Re: 全共闘世代と「男どうし」について

T.kazu hamasa7491 at hotmail.com
2014年 2月 6日 (木) 05:48:25 JST


熊田様

>>
昔のように話し明かそうよ」という部分に、北山修が、「反」』を歌いながらも、
イヴ・K・セジウィックのいう「ホモソーシャリティ」(男性間の非・性的な絆)の特権性
―そのためなら、・・・・・
<<

それは、全共闘世代が育った環境のせいだと思います。
思春期のまえ、あるいは、もっとまえの幼児期に、

両親の思考パターン、
ラジオから街から流れる大量の歌謡曲、
それを大人たちが口ずさむこと。
家庭にテレビが入るまえに映画館でみせられた 

時代劇や仁侠映画、あるいは「おいら岬」など。 


全共闘世代は
大脳皮質の内側の原始脳器官に
完全に
インプリンティングされて(刷り込まれて)います。

ni0615田島拝



-----Original Message----- 
From: 熊田一雄
Sent: Thursday, February 06, 2014 1:39 
AM
To: GenderStudiesML at yahoogroups.jp
Subject: [CML 029432] 全共闘世代と「男どうし」について

熊田です。

全共闘世代と「男どうし」について
http://d.hatena.ne.jp/kkumata/20140206/p1

熊田一雄



CML メーリングリストの案内