[CML 029350] 【報告】第1019日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 2月 2日 (日) 12:32:11 JST


青柳行信です。2月2日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1019目報告☆
     呼びかけ人賛同者2月1日迄3145名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
今日は 沖縄問題についての学習会に参加しました。
100名くらいの方が 参加されて 熱心に聞いて、意見を
述べられていました。
交流会も 賑やかでした。
あんくるトム工房
沖縄問題の学習会   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2850

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆オリンピックを原発ゆえに断れば価値を上げしにと殿のお叱り
          (左門 2・2−555)
※細川護煕さんの安倍首相批判は厳しい。
まさに「千載一遇」の好機を、目先の儲けのために棒に振ってしまった。
《指名を受けても辞退して、そう宣言していたら、
「日本はやっぱりすごい国だ」という評価になったと思う。
安倍さんには、そう言ってもらいたかった。それが総理のリーダーシップですよ。
それなのに、誘致に奔走するばかりで「状況はコントロールされている」なんて、
国際舞台で言ってしまった。
まったく、まやかし以外のなにものでもない。
(陰の声:藩の時代なら、まさに、切腹問題である!)・・・・そのあともトルコに飛んで
・・・・本当は原発を売りに行っているんでしょう。
日本とおなじような地震国で原発事故が起ってらどうするんですか。
物欲しそうな顔して、お金のことばかり考えている》。
(『池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ宣言」』径書房、126〜7頁)。
そのほかにも、聞くべき好インタビューがあります。 

★ 池田@中津 さんから:
皆様
福岡県にある航空自衛隊築城基地前で行う2月2日の「2の日の座り込み行動(10:00〜12:00)」
オスプレイ反対!14:00 〜*集会のあと、基地正門までデモ予定です。
https://www.dropbox.com/s/hgwycfdv50oesn3/002.jpg

★ 西岡由香 さんから:
青柳さま
こんにちは。
  <小浜のコスタリカでサクラサクラ>
ワケわかんないタイトルだと思われたかもしれませんが・・
しかも原発とあんまり関係ない話題なんですけど(- -;)

昨日・今日と島原半島の小浜温泉に行ってきました。
国の実証実験で地熱発電を始め、若いスタッフを中心に、まちの人たち
といっしょに「日本一のエコな温泉地に」と盛り上がっている小浜。
イラストの打ち合わせをした後、スタッフの方から、
「夕陽をながめながら海上露天風呂に入ると最高ですよ」と言われたので
ぜひ!とまずはお宿にチェックイン。日没まで間があったので、国道から
一本はいった旧道を散策していると・・
ん?
「喫茶コスタリカ」。
なんで小浜にコスタリカがーっ!?
当然入るワタシ。なんでこの名前なのかな。軍隊がない国だからかな。
南米風の店内のカウンターに座り、注文もそこそこに年配のマスターに
尋ねると
「コーヒー豆の産地で、ブラジルとか皆、店名につけてるから
誰もつけてない名前にしようと思って」。
・・それだけですかい。
コーヒーをすすりつつ、話題は全然コスタリカじゃなくて、マスターの趣味の
クラシックギターの話に。カウンターの中からいきなりギターが出てきたか
と思ったら「禁じられた遊び」を弾きだすマスター。客は私一人。やんやで
拍手したら、今度は奥から別のギターが出てきて、いきなりはじまる演奏会。
「サクラサクラ」からはじまってタンゴ、フラメンコ、映画音楽・・
ひとしきり演奏聞いて、お店を出たときには日はとっぷり暮れていました(- -;)

翌日は、朝一番で露天風呂へ!「日本一長い足湯」のすぐ横にある露天風呂は
海に突き出るようにたっていました。入浴料300円。道路のすぐわきの階段を
下りると、おわー!満潮のせいか、海とお湯の高さが同じだ!
海とお湯を仕切っているのは、お風呂のまわりの石と木の板だけなので、海まで
10センチ。柵とかないので、船が通る時は、体をお湯に沈めないと船から丸見え。
船が通ったあと安心していたら、
ざっぷーん!
ごぼごぼごぼ。波しぶきでびちょぬれ。温泉入ってておぼれるところやった・・。

あちこちから温泉の蒸気が立ちのぼる小浜の通りは、老舗の湯せんべい屋さんや、
おしゃれなレストラン、パンやさんなどが並んでいて、眺めるだけでもわくわく
します。
ん?
「湯けむりソフトクリーム しらす入り」
目をうたがいました。
ほんのり塩味のソフトクリームに、湯けむりをイメージした綿菓子がまきついて
いて、中にはしっかり、そのままのシラス。なぜシラス・・(聞けばよかった)

小浜の地図をもらおうと、小浜の総合庁舎(役場)へ。土曜日だから閉まってるかな
と思ったら、開いてた。入ったとたん、なぜか男性職員が寄ってきて
「こんにちは。こちらです」。
へ?
「奥へどうぞ」
ついたての後ろに案内されて、ふと見たら、こう書かれてあった。
「期日前投票」
ちがーーーう!
「オバマ」って書けば良かったかな、と思いつつ役場を出て、ふと横の観光協会
を見たら、オバマ大統領の等身大マネキンがタスキをかけて立っている!
タスキには「小浜ちゃんぽん」。・・おそるべし小浜。

夜、宿の窓からまちを見ると、まっくらな海に、温泉の白い蒸気が数十メートルも
勢いよく立ち上っていました。
なんだろう、この安心感は。
ここにいるよ。ここにあるよ。
そう語りかけられているような。

「湯の花」を掃除する職人さんたちは「温泉は生きもの」と語るそうです。
「温泉は生きものだから、手がかかる。だけど手をかけた分だけ、その恵みに
あずかれる」
って。
いつかみなさんとごいっしょしたいです〜。

★ 田島 さんから:
みなさま ぜひお読みください
鎌田慧さんの訴え
◆なぜ脱原発候補の統一が必要なのか
https://twitter.com/ni0615/status/429185072848068608

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日は、ずいぶん暖かい日でしたが、今朝は、昨日よりもさらに5℃も気温が高いです。
今朝は、NHk会長発言を報じる海外の記事からはじめます。
後半に、玄海町の記事があります。

1.<「干渉、認めたよう」と米紙 NHK会長発言で>西日本(02月01日 10時58分) 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/66978
記事<【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は31日、NHKの籾井勝人会長の発言などを取り上げ、安倍政権がNHKに干渉しようとしているとの不安を
籾井氏が「自らの就任会見で事実だと認めたようにみえる」と報じた。記事は、籾井氏が「政府が『右』と言っているものを、われわれが『左』と言うわけにはいかない」とした発
言を紹介。「保守的な現政権に忠実に従うと公言したように思われた」ことで批判を浴びたと述べた。・・・・大学教授がラジオで原発問題を話そうとしたところ拒まれた問題も取
り上げた。・・・・記事は、日本のメディアについての著作もあるファクラー東京支局長が執筆。>
・・・・・・事前に、首相といろいろと協議したことがつい口に出たんでしょうね。原発問題も当然その中にはあった・・・・・。

さて、フクイチをめぐって東電は、
2.<「福島原発」作業員の被ばく9割減目標 コンクリ壁活用>毎日新聞 2月1日(土)15時0分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00000035-mai-sctch
記事<福島第1原発の収束作業に当たる作業員の被ばく線量を、来年3月までに現在の10分の1程度に低減することなどを盛り込んだ東電の対策案が明らかになった。放射線量の
高いがれきの撤去、汚染水をためる貯蔵タンクをコンクリートの壁で囲むことなどが柱。特に敷地境界では貯蔵タンクの増加で放射線量が上昇しており、この問題解決への効果も期
待される。・・・・・・現在、貯蔵タンク増設の影響で、敷地境界の放射線量が最も上昇しているエリアは最大毎時50マイクロシーベルト(0.05ミリシーベルト)に達してい
る。東電はこれらの対策で15年3月末までに同5マイクロシーベルト(0.005ミリシーベルト)未満に低減する。作業員の出入りがある区域など他のエリアも同じ目標値
を設けた。原子炉建屋がある高線量エリアは対策を講じながら、来年度末までに達成すべき低減目標値を設定する。・・・・・同原発では、1カ月当たり平均延べ約6400人が作
業に当たる。昨年12月の月間被ばく線量は1人平均0.93ミリシーベルト、最大12.61ミリシーベルトだった。法律では「年間50ミリシーベルトかつ5年間100ミリ
シーベルト」と規定され、作業員の健康管理や確保の上で、被ばくを抑えることが急務になっている。東電は「さらに対策を検討し、最終的に事故前の状態に近づけたい」としてい
る。>

被災地フクシマ、
3.<楢葉町役場に県職員駐在 第一原発の監視態勢強化へ>福島民報 2月1日(土)11時40分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00000014-fminpo-l07
記事<福島県は、東京電力福島第一原発の監視態勢強化に向け、4月から楢葉町役場に職員4人を駐在させる。原発の専門家の立場から県に助言する原子力専門員1人も含まれる予
定。廃炉作業が適切に行われているか監視するほか、トラブルが発生した際に情報収集に当たる。・・・・原発事故前は大熊町の県原子力センターに県職員が駐在していた。>

4.<双葉町の地権者ら中間貯蔵施設反対へ団体結成>朝日デジタル2月1日21時25分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG215FSMG21ULBJ006.html?iref=comtop_list_nat_n05
記事<除染で出た廃棄物を保管する中間貯蔵施設建設計画で、用地を買い上げる国の方針に反対し、福島県双葉町の地権者有志らが1日、まとまって交渉するための任意団体をつ
くった。「先祖伝来の土地を手放せない。最終処分場にしないなら土地を返せるはずだ」などと賃貸借を求めている。・・・環境省は昨年12月、福島県の双葉、大熊、楢葉の3町
に、廃棄物を30年間保管する中間貯蔵施設の建設受け入れを要請した。「借地にすると、長期にわたる管理が難しい」として、用地は買い取って国有化する方針を示してい
る。・・・団体をつくったのは候補地の地権者を含む双葉町民7世帯で、同県郡山市内で設立総会を開いた。・・・・・>

5.<西部に復興拠点26ヘクタール 飯舘村、災害公営住宅など整備>福島民報 2月1日(土)11時44分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00000015-fminpo-l07
記事<東京電力福島第一原発事故で全村避難している福島県飯舘村の復興計画推進委員会(赤坂憲雄委員長)は31日、復興計画第4版の答申案を公開した。比較的空間放射線量が
低い村内西部の深谷行政区に約26ヘクタールの復興拠点エリアを設け、災害公営住宅や太陽光発電施設、道の駅などを整備する構想が盛り込まれている。・・・・答申案による
と、15戸の災害公営住宅を建てる。・・・・復興計画推進委員会は福島市飯野町の村出張所で開かれ、深谷行政区の復興拠点エリアのイメージ模型を示した。委員16人の意見を
答申案に反映させた上で、3月に村に答申する。村は村民の意見を聞き、6月定例議会で復興計画第4版を策定する方針。・・・・・・・・・・・>

6.<飯舘村民「戻らない」30.8% 前回比3ポイント上昇>福島民友新聞 2月1日(土)11時4分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00010005-minyu-l07
記事<東京電力福島第1原発事故で全村避難が続く飯舘村民のうち、現時点で村に「戻りたいと考えている」人の割合は21.3%で前回調査(昨年2月公表)に比べ0.6ポイント低下し
た一方、「戻らないと決めている」人の割合は30.8%と3ポイント上昇したことが31日、復興庁が発表した同村の世帯主を対象にした住民意向調査の結果で分かった。帰還を望まな
い人が増えたことについて、菅野典雄村長は「避難が長引いていることで帰還を諦める人が増えてきているのかもしれない」と語った。・・・・帰還意向で「まだ判断がつかない」
とした人は36.1%で最も多かった。・・・・調査は、村内の全3024世帯を対象に昨年11月15〜29日に実施した。1458世帯から回答があった。回収率48.2%。>

7.<災害公営住宅入札不調 資材、人件費が高騰 建設用地確保も進まず>福島民報02/01 09:05
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014020113652
記事<・・・・福島第一原発事故に伴う県内の災害公営住宅整備で、県は31日、会津若松市門田に建設する1棟(16戸)の建設工事の入札が不調になったと発表した。復興需要
を背景に資材や人件費が高騰しており、業者の入札価格が県の予定価格を上回ったためとみられる。建設地の土地買収は停滞している。入居は今年10月から順次、始まることか
ら、孤立を防ぐための支援策を早急に打ち出すことも求められる。県は平成26年度、災害公営住宅を専門に担当する課長ポストを新設し対応を強化する。■2度目の不調・・・・
入札不調が発生したのは、会津若松市門田に建てられる鉄筋コンクリート4階建ての1棟。8社が入札したが、いずれも県の予定価格を上回った。・・・災害公営住宅をめぐる入
札不調は今回が2カ所目となる。・・・・・・・・・■長引く仮設生活・・・・・・・■着工1割未満・・・・・>
・・・・・時間があれば、検索をして被災地を知ってください。

8.<南相馬市、除染完了目標2年延長 作業員不足など影響>福島民友新聞 2月1日(土)11時0分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00010001-minyu-l07
記事<南相馬市は31日、東京電力福島第1原発事故に伴う避難区域外で、市が担当する地域の除染の完了目標を2年間遅らせ、2016(平成28)年度中の完了を目指すとする新しい除染
計画を発表した。市が除染の完了時期を遅らせるのは2度目。同日の市議会全員協議会で示した。・・・・・・市によると、市が除染を担当する約1450ヘクタールのうち、昨年末現在
で作業を終えたのは約160ヘクタールで約11%にとどまる。・・・・仮置き場の設置の遅れと作業員不足により除染が進んでいない。市は従来の計画の2倍に当たる約1900人の作業員
を確保し、除染の加速化を図りたいとしている。>

9.<震災後初の出初め式 楢葉町消防団、再建へ手探り>朝日デジタル2月2日03時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1Z65Q0G1ZUGTB00J.html
記事<原発事故でほぼ全町民が避難する楢葉町で、消防団が震災後初めて出初め式を行った。避難後の団の活動は大きく制限されているが、「団員同士のつながりを保ちたい」。組
織の再建に向けて動き出している。1月26日午前、会場の楢葉南小体育館には消防団員97人と婦人消防隊員14人が集まった。震災による津波で殉職した隊員1人に祈りを捧げ
た後、松本幸英町長らが団員らの服装を確認する通常点検に臨んだ。・・・団は町内7地区ごとに組織した分団からなり、定員250人。震災後に団員が公式に集まるのは2013
年4月の春季検閲以来で、2度目。同月1日時点で217人が所属するが、この日の出席者はその半数以下だった。・・・・・・・>

10.<第二原発の早期廃炉要請求める 県に脱原発県民会議>福島民報 2月1日(土)11時57分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00000020-fminpo-l07
記事<福島県平和フォーラム、社民党県連などでつくる脱原発県民会議は31日、東京電力福島第二原発の早期廃炉を国、東京電力に申し入れるよう県に要請した。中間貯蔵施設に
ついて住民理解を受け入れの条件とすることや、放射性廃棄物を運ぶ際の通学路や生活道路の安全確保なども求めた。>

11.<再生エネの未来語る 南相馬で国際会議が開幕>福島民友新聞 2月1日(土)11時59分配信  
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00010013-minyu-l07
記事<再生可能エネルギーの普及に取り組む国内外の専門家が集い、エネルギーの未来を語り合う「コミュニティパワー国際会議2014in福島」は31日、南相馬市で始まった。2日まで
の3日間、県内3会場で計約30人が登壇し、活動の経過や再生可能エネルギーの展望を発信する。再生可能エネルギーの議論を深め、小規模分散型のエネルギー社会の実現と加速化を
目的に、NPO法人環境エネルギー政策研究所(東京)が2012(平成24)年から開いている。・・・・・>

12.(プロメテウスの罠)事故と犯罪:9 判決「震災が契機」朝日デジタル2月1日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10956136.html
記事<・・・・・「今回の事件は原発が原因であります。原発事故がなければ、この事件は起きなかったと思います」 2011年8月26日、判決が出た。検察側の求刑5年に対
し、判決は懲役3年、執行猶予5年だった。・・・・加畑や大槻の主張通り、判決文にはこの一文が盛り込まれた。 「東日本大震災という非日常的事態が発生し、将来に悲観的に
なったことが本件犯行の契機となったものである」・・・・・平常心に戻り、大変なことをしてしまったと思っていた画家にとっては、驚きの判決だった。肩の力が抜け
た。・・・・・・>
・・・・・続きは検索してお読みください。

13.<1日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定値・県内死者・行方不明者数>福島民報2月2日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値です。

栃木県、
14.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞2月1日 17:25
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140201/1492223
記事<▼空間放射線量率(1日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・・>

群馬県、
15.<除去土壌の仮置き場 搬入、保護工事終わる  桐生>上毛新聞年2月1日(土) AM 11:00
⇒http://www.jomo-news.co.jp/ns/2413912197204269/news.html
記事<福島第1原発事故に伴う放射性物質の汚染状況重点調査地域の指定を受け、除染作業を進めていた群馬県桐生市は31日、同市黒保根町下田沢の国有林に設けた除去土壌などの
仮置き場への搬入と保護工事が完了したと発表した。公共施設や同町の民家を一昨年夏から除染する一方、民家から離れた国有林を、除去した土の仮置き場に定めて工事していた。
今後も定期的な測定で監視を続ける。
 ・・・仮置き場は県道から4.2キロ入った赤面(あかづら)国有林内の1344平方メートル。カラマツ林を伐採して整備した。市は公園や学校など公共施設28カ所と、空間放射線量が
高かった同町北部の民家46戸を除染し、除去した土を容量1立方メートルの大型土のう袋に入れて現場保管。林野庁が花見ケ原森林公園内で除去した枝葉や下草と合わせ、266袋を昨
年夏、仮置き場に搬入した。 >

宮城県、
16.<加美町 最終処分場 区長会も反対 建設阻止へ署名活動など検討>大崎タイムス2月2日
記事<東京電力福島第一原発事故により発生した指定廃棄物(放射性セシウム8000ベクレル超) の最終処分場建設問題をめぐり、町北西部の田代岳国有地が県内候補地3カ所の一つ
に選ばれた加美町は1月31日、区長会議を中新田公民館で開いた。席上、区長会の結束のもとで、署名など建設阻止に向けた住民運動を進める方針が決まった。この日は、町内79行
政区のほとんどの区長が出席。強硬な反対意見が相次ぐ中で、区長の一人が「区長会として断固反対の姿勢を示していこう」と提案、全会一致で承認された。反対署名を集める活動
は早急にスタートさせる考え。今後、立て看板による抗議も検討しているという。>

東京都、
17.<夫婦の絆、代償の1票=原発長期避難の女性−「被災者に優しい人を」・都知事選>時事通信02/01-08:33
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014020100059
記事<東京電力福島第1原発事故後に福島県三春町から都内へ自主避難した増子理香さん=28日、東京都千代田区・・・原発政策が争点の一つとなった東京都知事選の投開票まで
8日。東京電力福島第1原発の事故後、子連れで都内に自主避難した母親は、届いた投票所入場券を複雑な心境で見詰めている。離れて暮らす夫との間にあつれきも生まれたが、福
島県から住民票を移して得た1票。「被災者の立場で施策を」。新しい知事に望みを託す。・・・・・・・事故前は、平穏な暮らしの中で「選挙から意識が遠のいていた」と言う増
子さん。今なら自主避難者に対する乏しい支援など都の抱える課題が見える。「脱原発だけでなく、誰が被災者に優しいのか。東京のリーダーを見極めたい」としっかりした口
調で話した。>
・・・・・記事中に、避難者の苦悩が綴られています。

長崎県、
18.<被災地の今を語る 浪江焼麺太国メンバーら>朝日デジタル2月2日03時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG215RXFG21TOLB008.html
記事<ご当地グルメの祭典「B―1グランプリ」で昨年1位に輝いた福島県浪江町の浪江焼麺太国(やきそばたいこく)のトークが1日、大村市であった。「なみえ焼そば」で町お
こしをめざし、勢いが出てきた矢先、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に見舞われた経験を語った。トークに参加したのは焼麺太国太王(だいおう)(代表)の八島貞之さ
ん(45)と事務局長の浅見公紀さん(38)。なみえ焼そばは極太のゆで麺を使う。太国は2008年、浪江町商工会青年部が中心になって立ち上げた。・・・・・・・・>

原発立地地域、
福井県、
19.<原子力安全基盤機構が福井事務所廃止 どうなる現地の検査体制>福井新聞ONLINE 2月1日(土)17時28分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00010002-fukui-l18
記事<原子力規制庁への3月統合を前に独立行政法人原子力安全基盤機構(JNES)は31日、関西電力美浜原発3号機蒸気噴出事故を教訓に開設された福井事務所(福井県敦賀市)を廃
止した。統合までは東京の本部で検査業務に対応するが、福井県内にある規制庁の4事務所への機能移転や職員の増強は不透明なままだ。・・・・福井事務所をめぐっては2004年の美
浜3号機事故を受け、原発14基を抱える本県が国に現地の安全規制体制の強化を求め、当時の中川昭一経済産業相が西川知事に対し設置を表明。05年10月に所長、検査員ら20人規模で
開設された。・・・・原発の長期停止により業務が減り、11人体制となったが、平時を含め検査業務などで役割を果たしてきた。規制庁への統合を控え、建物内を元通りにして所有
者
に返すため約1カ月前の“撤退”となった。鈴木正幸所長は「敦賀を離れるが、東京から職員を派遣して業務はこれまで通りしっかりやっていく」と話した。・・・・これに対し県の
櫻本宏安全環境部長は「福井事務所の設置は定期検査のみならず、平時の検査体制の充実がポイントだった。国は美浜3号機事故の教訓を忘れていないか。経緯を踏まえた対応が必要
だ」と指摘する。・・・・規制庁は県内に敦賀、美浜、大飯、高浜の各原子力規制事務所を置き、小山田巧地域原子力規制統括管理官を含め25人体制。旧原子力安全・保安院時代と
同じだ。今後はJNES統合に伴い、県が求めている各規制事務所への保安検査官らの増強がされるかが焦点。櫻本部長は「規制基準が厳しくなり、世界最高水準の安全を目指すの
なら現地での監視、保安検査体制も強化するべきだ」と、あいまいな現状にくぎを刺した。・・・・規制庁総務課の担当者は「統合で規制庁全体の職員が倍の約千人になるため、人
の配置ですったもんだしている。全体を決める中での配置になる」と説明・・・・・・>

20.<海底で新たに谷確認 もんじゅ追加調査 福井>産経新聞 2月1日(土)7時55分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00000063-san-l18
記事<日本原子力研究開発機構は31日、原子力規制委員会から指示された高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)の敷地内破砕帯(断層)に関する追加調査の2次中間報告を規制委に
出した。現段階では活断層を裏付けるデータは得られていないが、もんじゅ近くの沖合の海域で新たな谷が見つかった。データ拡充のため、昨年12月からもんじゅの敷地北西で海
底地形調査を実施したところ、水深40メートル前後で谷が確認された。周辺には活断層「白木−丹生断層」(長さ約15キロ)が走る。原子力機構は今後、分析・評価を進める。
今年度内に規制委へ最終報告を提出。規制委の有識者調査団が改めて活断層か否かを判断する。>

金曜行動、
21.<首相官邸前抗議行動 原発ゼロ掲げて>しんぶん赤旗2月1日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-02-01/2014020115_01_1.html
記事<首都圏反原発連合(反原連)は31日、首相官邸前抗議行動を行いました。安倍晋三首相は、国会で「原発はもうやめたというわけにはいかない」とのべ、再稼働の推進を表
明。「原発ゼロ」の目標を投げ捨てる安倍政権に、3000人(主催者発表)の参加者は「再稼働反対」「原発ゼロを撤回するな」の声を突きつけました。この日の抗議行動は、官
邸前と国会正門前、ファミリーエリアで実施され、官邸前では「稼働ゼロから原発ゼロ」「再稼働の道はない」などのプラカードが揺れました。・・・・宇都宮氏がスピーチ・・・
官邸前抗議行動には、日本弁護士連合会前会長の宇都宮けんじ弁護士も参加してスピーチしました。宇都宮氏は「脱原発は東京電力福島第1原発事故の被害者への支援とあわせ
てすすめなければならない」と語りました。福島第1原発、第2原発を廃炉にするとともに、柏崎刈羽原発の再稼働に断固反対し、さらに廃炉を求めたいとのべました。・・・・>

21’.<【金曜日の声 官邸前】都知事選 脱原発も重要>東京新聞2月1日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2014020102000129.html
記事<埼玉県深谷市の元高校教員 下村すみよさん(65) 小さな孫がいるが、未来の世代に原発という負の遺産を残してはいけない。TPPや特定秘密保護法など今の政治は人
の命よりお金本意で動いている。すごく心配。危機感を持っている。・・・・東京都板橋区の不動産経営 山田純一さん(66) 原発立地地域の反対運動を3・11まで知らな
かった。エネルギーの恩恵を受ける東京に住み、何もしないでいることはできない。宇都宮さんや細川さんも来たが、脱原発は重要なテーマだ。・・・・・東京都豊島区のライター
 中田潤さん(54) 抗議活動が始まったころから来ている。スポーツライターをやっているが、3・11で人生が変わり、原発の記事を書いている。再稼働しないことが決ま
り、ここに来なくていい日が訪れてほしい。>

都知事選、
22.<都知事選:原発是非など4候補が議論…ネット配信>毎日新聞(02月02日 01時46分)
記事<東京都知事選の主要候補4人が1日、インターネットの動画配信サービス「ニコニコ生放送」などが企画した討論番組に出演し、約17万人に達したネット視聴者に政策を訴
えた。・・・・・・「福島で実際に原発事故が起きたのに、なぜ安全と言えるのか」。討論の中で、前日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(67)は原発再稼働を唱える元航空幕
僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)を指名して質問。田母神氏が「専門家に何度も聞いたが、放射性物質による人体への影響は少ない」などと主張すると、宇都宮氏は「それ
は独自の見解では」と反論した。・・・また「原発即時ゼロ」を訴える元首相の細川護熙(もりひろ)氏(76)に対し、元厚生労働相の舛添要一氏(65)が「エネルギーは
安定供給を考えないと。責任あるリーダーはきちんとした代替案を示さなければいけない」とけん制する場面もあった。・・・・・・>

映画のことですが、
23.<“自立”へ想像力巡らせ 原発計画拒んだ町の記録映画、監督の思いは>【神奈川新聞】1月31日
⇒http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1401310005/
記事<30年以上前、原発立地計画を住民の反対運動によって断念に追い込んだ町があった。紀伊水道を挟んだ徳島県阿南市と和歌山県日高町。「ノー」の声を上げた人々を追った
ドキュメンタリー映画「シロウオ 原発立地を断念させた町」が静かな反響を呼んでいる。横浜市鶴見区在住で監督のフリーライターかさこ(本名・笠原崇寛)さん(38)の出発
点は「3・11の前に人々はなぜ原発の危険性に気付き、立ち上がれたのか」だった。・・・・原発は便利だし、地方も潤う。つまり必要悪である、と。そう思うことで目を背けて
きたのです。あの事故が起きるまでは−。自身のことを、かさこさんは率直に振り返った。・・・そして2011年3月、福島第1原発の事故は起きた。ふるさとを丸ごと追わ
れ、低線量被ばくの不安を背負わされた人々。「だから、もう目を背けていられなくなった」。福島だけでなく国内にある原発を今後どうしていくのか。再稼働か、否か。原発問題
をテーマにした映画制作を持ち掛けられ、頭に浮かんだのが「原発を拒否した町の人々の声」だった。・・・住民たちが原発反対の声を上げ、立地計画断念に追い込んだ場所が全国
に34カ所もある。やはり3・11後に知ったことだった。・・・・・・・
◆映画「シロウオ 原発立地を断念させた町」
1960〜70年代にかけ原発の立地計画があった徳島県阿南市と和歌山県日高町を舞台に、計画が白紙化されるまで反対運動に携わった住民や自治体関係者にインタビューした長
編ドキュメンタリー。2013年11月末に完成。要望などに応じ全国で上映会を続けている。県内では1月25日に横浜市鶴見公会堂で初めて上映され、県内外から約250人が
来場した。
>
・・・・・映画の内容、登場する人の もっともと思える話が、紹介されています。これまで、原発をはねのけた地域が34か所もあった・・・・。

再生エネ、
24.<風力発電の点検費用を特約で補償 損保2社が業界初>西日本(02月01日 16時54分) 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/67010
記事<損保ジャパンと日本興亜損害保険は1日、風力発電の設備が破損した場合の復旧費用に加えて、再発防止に向けた点検費用を補償する特約を付けた損害保険の取り扱いを始め
た。特約は業界では初めて。政府が再生可能エネルギーの拡大を後押しし、風力発電の事業者が大きく増えていることに着目した。・・・・日本風力発電協会(東京)によると、風
力発電設備は2004年3月末時点で741基だったが、13年3月末には1916基まで増加した。これに伴って、風車の羽根などが破損する事故が03年度には経済産業省に
25件報告され、12年度には62件に増えている。>

九州、
大分、
25.<別府でバイナリー発電 宇宙関連事業者>大分合同[02月01日 09:31]
⇒http://www.oita-press.co.jp/localNews/2014_139121494123.html
記事<宇宙関連事業を手掛ける「コスモテック」(東京都)が別府市で温泉蒸気を利用したバイナリー発電を始める。7月から稼働する予定。同社によると、再生可能エネルギーの
固定価格買い取り制度で蒸気だけを使うバイナリー発電は全国でも初めてという。・・・刈屋茂取締役南日本事業部長らが31日、別府市役所で発表した。市内小倉の山林
(1650平方メートル)にバイナリー発電所を建設。近くで温泉を使った発電事業を手掛ける「瀬戸内自然エナジー」から未利用の温泉蒸気を購入し、代替フロンを使ったバイナ
リー発電を行う。発電所には125キロワットの発電機4機を設置。計500キロワットのうち400キロワットを九州電力に売電する。年間総発電量は一般家庭約770世帯分に
相当
する。初期投資は5億〜6億円で、年間1億円の収入を見込む。本体工事は4月に着工する。事業期間は15年。・・・・・>
・・・・・大分は、おもしろい、いろんなものを使って発電する例の宝庫。
次も、
26.<利用可能な新エネの推計値をまとめる 別府>大分合同[01月31日 09:52]
⇒http://www.oita-press.co.jp/localNews/2014_1391129678.html
記事<泉都で利用可能な新エネルギー量は一般家庭の約56万軒分―。別府市は再生可能エネルギーのうち、温泉熱や太陽光など市内で利用可能な新エネの推計値をまとめた。総量
は熱量換算で年間約4900万ギガジュール。このうち利用可能量(約730万ギガジュール)を電力量に換算すると一般家庭56万軒分の利用量に匹敵する。市は活用が有望視さ
れる新エネを数種類に絞り、新年度から重点的に調べる。・・・・市が、新エネの普及を図る計画策定に向けて有識者らで今月立ち上げた「地域新エネルギービジョン推進委員会」
に報告した。市内の新エネ総量は温泉が豊富で地中熱が高いことから、外気との温度差を利用して冷暖房や給湯の冷熱源にする「地中熱利用ヒートポンプ」や太陽光発電、山間
部での風力発電で4分の3を占めた。 ただ、地理的、技術的な制約を受けるため、利用可能量は総量の15%程度となる。電力量に換算すると約2千ギガワット時となり、県全体
の一般家庭(約48万軒)の年間利用量を賄える計算。温泉を生かした地熱バイナリー発電の他、温泉熱や地中熱を利用するヒートポンプが約9割を占めている。・・・・・・委員
会は2014年度中にビジョンをまとめる。委員長の由佐悠紀京都大学名誉教授は「温泉を活用した発電や熱利用で利用可能量が多いことは分かったが、過度の開発が温泉に悪影響
を与えることも考えられる。開発と保全を両立した指針をつくりたい」と話した。・・・・・・・> 
・・・・・・「電力量に換算すると約2千ギガワット時となり、県全体の一般家庭(約48万軒)の年間利用量を賄える」・・・・すごいですね、可能性を秘めています。

佐賀県、
27.<原発退避所、工事着手へ 玄海町で契約可決>佐賀新聞2月1日  
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/genkai_pluthermal.0.2618073.article.html 
記事<東松浦郡玄海町は、九州電力玄海原発(同町)で事故が起きた際の一時退避場所となる特別養護老人ホームの放射線防護工事に着手する。31日の臨時議会で、工事の請負契
約を可決。前例のない工事のため、準備が遅れていたが、町は3月末までの完成を目指す。 工事は、町内の特別養護老人ホーム「玄海園」で実施。放射線を遮断するフィルターの設
置や自家発電設備を埋め込む工事などを行う。九電工唐津営業所が2億3709万円で請け負う。発電設備が受注生産となるため、2カ月以上完成が遅れる可能性もある。
 ・・・・工事は国の事業で、全国の原発立地・周辺自治体で実施。県内は、玄海原発から半径5キロ圏内の玄海園を含む特別養護老人ホーム2カ所と唐津市の七つの離島(5〜15
キロ圏)の公民館など計9カ所が対象。県は昨年2月、事業費18億円を計上した。 ・・・・しかし、通常の改修とは違う放射線防護工事で、前例もノウハウもないため、整備を担
当する唐津市や玄海町の作業が難航。基本設計だけでも半年かかるなど、大幅に遅れていた。玄海町の岸本英雄町長は「予算を繰り越すなどして対応してきたが、整備を進めること
ができ、ほっとしている」と述べた。
 ・・・残り8カ所を整備する唐津市は現在、設計中で、着工は3月末になる見込み。県は3月末の完成を予定していたが、大幅にずれ込む。>
・・・・・結局、最後は九電の子会社が受注。 
 
28.<【原発考・都知事選】 作家・雨宮処凛氏 大きな争点化を歓迎>西日本電子版02月02日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/31520/1/
記事<原発政策は都知事選の争点になり得るし、既になっている。福島第1原発事故後の衆院選、参院選では残念ながらあまり大きな争点にならなかった。事故から3年が経過しよ
うとする中、「脱原発選挙」と名付けていい、大きな動きを歓迎したい。・・・一方で、景気や暮らしにもっと高い関心が向けられているのは、ある意味で仕方がない。みんな今の
暮らしに精いっぱいで追い詰められている。原発政策だけに絞ったワンイシュー(単一争点)選挙でいいのかとの意見も理解できる。東京には雇用、高齢化、孤独死といった格差社
会の矛盾が凝縮されており、私も原発政策だけでは選べない。・・・・・・私の考えは原発即時ゼロ。今でも原発は1基も動いていない。原発なしで、もし電気料金が上がった
としても、福島で経験した事故を考えれば受け入れる人はたくさんいると思う。貧困層が困るとの指摘もあるが、値上げに所得制限を設ければいい。「原発がある国」「ない国」の
どちらを選ぶのかと問えば、「ない国」を望む人の方が多いだろう。原発から出た核のごみを処理するには10万年もかかるし、普通に考えて持続不可能。未来に対して無責任
だ。・・・候補者には、原発事故による食の安全についても語ってほしい。・・・・・・・・・原発を必要とする社会か、原発のない社会を望むのか。これからの日本を左右する選
挙だ。もし脱原発を実現すれば、世界へのすごいメッセージになる。何十年、何百年先を見据えた議論を期待したい。>

29.<環境活動家セヴァン・スズキさんが講演 22日北九州市 23日福岡市>西日本電子版02月02日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/31527/1/
記事<環境活動家の日系カナダ人、セヴァン・スズキさんを招いた講演会が22、23の両日、北九州市と福岡市である。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を踏まえ、子ど
もたちを被ばくの脅威から救い、日本の脱原発運動を支援しようと、有志が11日から全国11カ所で開く連続講演会の一環。・・・・・・・22日は午前11時40分から、北九
州市八幡東区の九州国際大学。定員500人。前売り(映画代含む)1800円、当日2300円。高校生以下は1000円。ウインドファーム=093(701)8996。23
日は午後0時50分から福岡市中央区の福岡国際ホール。定員600人。前売り1500円、当日1800円。高校生以下は1000円。NPO環境未来センター希望=092
(522)8332。>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面に、
30.<社説 地熱発電所新設 自然環境に配慮し推進を>
・・・・・99年以降、新規立地がなかった建設が九州で動き出した・・・・・九州電力が、大分県く九重町で、・・・>
社説検索は10時半頃以降に⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/
その面の左側に、
31.<首都の顔 九州人競う 舛添氏 細川氏 宇都宮氏>
・・・・・それぞれ九州にゆかりがある、と。
その左側に、28.の記事、
26面福岡都市圏欄、、
32.<糸島市長選、きょう投開票 市議選も>
27面に、29.の記事。
今朝の紙面は以上です。(2月2日5:34)
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 内富 さんから:
※ フクシマ―全世界的規模で対応すべき世界的危機
 http://www.jimmin.com/htmldoc/150301.htm

※放射能汚染を怖がる米国民、無視する政府と国連
福島第一原発の事故処理を政府任せにしてはならない
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39822


★ 味岡修 さんから:
安間 武(化学物質問題市民研究会)
(雪の札幌からメールサービス2014年2月1日 第402号をお送りします。)
--------------------------------------------------------------------------
自公政権を倒せ!
反原発・反秘密保護法・反言論介入
NHK経営委員会は抜本的に改組/NHK会長は辞任しろ!
--------------------------------------------------------------------------

■金曜日 定例反原発抗議:首相官邸前 18:00-20:00 首都圏反原連
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=3937

■金曜日 定例反原発抗議:道庁北門前 18:00-20:00 北海道反原連
http://h-can.net/

■2月5日(水) 18:30−20:00 第5回 東電本店前合同抗議 たんぽぽ舎他約30団体
新橋西口・東電本社前 3月は休み
http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=1864

■映画「100,000年後の安全」(日本語吹き替え)
原発から生まれる放射性廃棄物の危険を描いた衝撃の話題作が【期間限定で無料配
信】
【配信期間】 2014年2月10日(月)正午12時まで
(所要時間:約1時間18分)
http://www.at-douga.com/?p=10538

-----------------------------
東京都知事選
-----------------------------
■田中龍作ジャーナル 2014年1月31日
【都知事選】 金官参加者(金官:金曜夕方の首相官邸周辺の通称だそうです)
「脱原発したいなら小異捨て大同に」
http://tanakaryusaku.jp/2014/01/0008671

■田中龍作ジャーナル 2014年1月29日
【都知事選】 瀬戸内寂聴氏 脱原発にかける91歳の執念
http://tanakaryusaku.jp/2014/01/0008661

■田中龍作ジャーナル 2014年1月28日
【都知事選】 山本太郎議員「脱原発」訴え、ついに参戦
http://tanakaryusaku.jp/2014/01/0008655

■田中龍作ジャーナル 2014年1月23日
【都知事選】 福島の女性 「選挙で分裂するような脱原発運動ではいけない」
http://tanakaryusaku.jp/2014/01/0008631

■田中龍作ジャーナル 2014年1月22日
【都知事選】 細川氏 「原発こそ最重要争点」
http://tanakaryusaku.jp/2014/01/0008623

■田中龍作ジャーナル 2014年1月21日
【都知事選】舛添氏 原発政策質問され怒る
http://tanakaryusaku.jp/2014/01/0008615

-----------------------------
NHK 会長発言
-----------------------------
■慰安婦発言 NHK会長陳謝
答弁要求を待つ間に後方からメモを(写真)
(東京新聞 2014年2月1日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014020102000117.html?utm_
content=buffer25372&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=bu
ffer

■NHK会長発言:籾井氏「私見は取り消した」一本やり
(毎日新聞 2014年01月31日)
http://mainichi.jp/select/news/20140201k0000m040154000c.html

■特集ワイド:安倍政権のNHKでいいの? 経営委員会、「お友だち」人事に批判
(毎日新聞 2013年11月14日)
http://mainichi.jp/shimen/news/20131114dde012010057000c.html

■NHK経営委員に“お友達”ズラリ 安倍政権の露骨すぎる言論介入
日刊ゲンダイ(2013年10月28日)
http://gendai.net/articles/view/news/145502

★ 吾郷成子 さんから:
 辺野古中止への国際署名
皆さまへ 
1月7日に、オリバー・ストーンやマイケル・ムーアなどの世界的に著名な識者や文化人29人が「沖縄県名護市辺野古への米軍基地建設に反対する県民の戦いを支援する声明」を
発表しました。その後呼びかけ人は102名に拡大されて「辺野古新基地建設中止を求める国際署名運動」が開始されました。署名は次のサイトからできますので、どんどん広げて
いきましょう。  署名運動のサイトはhttp://chn.ge/1glVJSw入力される場合は 1gl の最初は数字の1、最後は小文字のエルです。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 井上澄夫 さんから:
 訪米中の又吉知事公室長は30日、米国務省で同省日本部長と国防総省の日本部長と会談しましたが、米側は「普天間の5年以内の運用停止」について「実行可能でない」と否定
しました。

★ 松岡@高槻 さんから:
「教育サイバーネット」を更新しました。
<読む・視る>
「フィリピン戦(ホロ島・レイテ島)の関係者を訪ねる旅/1950年代の靖国
神社遺児参拝の実像(5)」を掲載しました。

「戦争の歴史を遡行する。/朝鮮戦争への「参戦」、フィリピンBC級戦犯裁判、
フィリピン・中国戦体験」を掲載しました。
ご覧いただければ、嬉しいです。
教育サイバーネット
http://www.jca.apc.org/~isao_m/

−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!福岡」例会 2月6日(木)18時30分〜
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
     福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
        地図:http://tinyurl.com/mkzzusw
     連絡先:(080-6420-6211・青柳)
<さよなら原発!福岡集会<3.11(三周年)>
集会日時:3月9日(日)午後2時から
場所:福岡市須崎公園 福岡市中央区天神5-8
チラシ表 http://tinyurl.com/mjzu7ft
チラシ裏 http://tinyurl.com/ml5okhv

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1−1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45〜   〇入廷行進13:00〜
    〇裁判開始13:15(口頭弁論)
  報告会と提訴2周年記念集会講演会 午後14時から
   <2012年2月17日に福岡地裁に提訴>
講師:平野治和(ひらのはるかず)(福井市光陽生協病院院長)さん
福井の原発作業員の診療に携わって来られた先生です。
(福井で長らく民医連医師をしています。敦賀市で8年間仕事をしまして、
原発問題に関心を持たれ、主としてヨウ素剤の普及運動をされてきました)
 場所:日本基督教団 福岡中部教会
    福岡市中央区大名2-4-36 電話:092-741-2420
  地図:http://tinyurl.com/ks3j7o7
  連絡先:	(080-6420-6211・青柳)

● さよなら原発!福岡集会<3.11(三周年)>●
集会日時:3月9日(日)午後2時から
場所:福岡市須崎公園 福岡市中央区天神5-8
地図:http://tinyurl.com/6od2twa
デモ:午後3時から天神周辺と九電前
主催: さよなら原発!福岡集会実行委員会
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
カンパ募金振込先
・郵便振替01770-5-71599 さよなら原発! 福岡
 1口500円(何口でも大歓迎)
チラシ詳細 http://tinyurl.com/l2vttdf

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  3月28日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
       原告総数 原告総数 7333名 (1/30現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
   ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
   午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
aoyagi at tent-hiroba.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内