[CML 029346] 原告の思いを多くの方に知っていただき、この裁判を支援していただきたいです原発賠償訴訟・京都原告お話会

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2014年 2月 2日 (日) 09:02:00 JST


原告の思いを多くの方に知っていただき、この裁判を支援していただきたいです原発賠償訴訟・京都原告お話会



転送・転載歓迎


京都の菊池です。

原告の思いを多くの方に知っていただき、この裁判を支援していただきたいと考え、「原発賠償訴訟・京都原告団のお話会」を開催いたします。

 みなさん、ぜひ原告の話を聞きにきてください。お待ちしています。

(※
東日本大震災による被災者支援京都弁護団
http://hisaishashien-kyoto.org/


原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会の
ブログ
http://shienkyoto.exblog.jp/


うつくしま☆ふくしまin京都のBlog
http://utukushima.exblog.jp/


も、ぜひお読みください)



案内を転載します。


原告のお話会(2月2日14:00・宇治公民館)にご参加ください。


---
みなさま
奥森と申します。

1月25日(土)の京都市呉竹文化センターで開催した「原告団のお話会」は、
7名の方にお話を聞きにきていただきました。少し寂しかったです。

原告団からは、萩原ゆきみさん、堀江みゆきさん、高木久美子さんの3人にお話をしていただきました。
また、弁護団からは、森田弁護士が参加され、「訴状についてのプレゼンテーション」をしていただきました。

原告のお話の内容については、お話していただいた原告にご了解をいただいた上で、何らかの形でお知らせしたいと思います。

参加者の方から、感想が寄せられましたので、お知らせします。

2月2日(日)には、午後2時から宇治会場で「お話会」を開催しますので、ぜひご参加ください。

++++++++++
◆原告のお話について

・ 三人の皆さんのお話を聞かせていただいて、あらためて背筋が伸びる思いでした。
お話してくださったことを自分のこととして受け止めて、私にできることを何でもしていきたいと思いました。今日はありがとうございました。
 こんなことを思い出しました。(一歩を踏み出すこと)行動が必ずしも幸福をもたらすとはいえないかもしれないが、行動なくして幸福はあり得ない。
(行動→訴訟)
 この訴訟のこと、今日のお話をたくさんの人に伝えていきたいと思います。

・ 避難を決められるまでのお話には、いつも心を動かされます。子どもたちの未来のために決心されたことが本当に正しかったと、日本中で確認できる日を迎えたいと思います。

・ 切実な話を聞き、事故の与えた影響が大きかったことが理解できたように思います、大変でしょうががんばってください。


++++++++++++++++++++++++++++++++++
原発賠償訴訟原告団のお話会
みなさん、原告の話を聞きに来てください!
++++++++++++++++++++++++++++++++++

京都原告団のお話会

<宇治市会場>
◇と き  2014年2月2日(日)14:00〜16:30

◇ところ  宇治公民館(京阪宇治駅下車徒歩5分)
◇申 込  *特に必要ありませんが、メールで申し込んでいただけると助かります。

◇協 賛  「原発なくそう宇治の会」
     http://nakusougenpatsu-uji.cocolog-nifty.com/blog/

◇参加費は、一般500円、避難者・学生は無料です。

<呼びかけ>
 9月17日、福島県などから京都に避難している33世帯 91人が、国と東京電力に対する損害賠償を求めて、京都地裁に提訴しました。

 この裁判の意義は、第1に原発事故による放射能汚染がもたらす健康被害、とりわけ子どもの命と健康、未来を守るために、「避難という選択をしたことは正しかった」ということを社会的に明らかにし、
すべての損害を東京電力と国に賠償させることです。

 第2は、東京電力と国の加害責任を追及することです。
東京電力は大地震と津波は想定外の事態であり、原発事故は自然災害によるものとして自らの責任を回避し続けています。安全神話をふりまき、必要な安全対策を意図的に先送りしたり、不作為であったことの責任を追及することです。

 第3は、東京電力と国は、原発事故の発生以来、市民に正しい情報を伝えず、
真相を明らかにしていません。この裁判は、福島原発と放射能汚染の状況について、事故発生当時はどうであったのか、そして現在はどうなのか、そして未来はどうなるのか、その真相を余すところなく明らかにさせることにあります。

 私たちは、原告の思いと裁判への立ち上がりに応えて、10月20日に「原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会」を結成しました。
原告の思いを多くの方に知っていただき、この裁判を支援していただきたいと考え、「原発賠償訴訟・京都原告団のお話会」を開催いたします。

 みなさん、ぜひ原告の話を聞きにきてください。お待ちしています。

*****************
<第1回期日>
◇日 時  2014年2月7日(金)午後2時〜3時30分
◇場 所  京都地方裁判所101号法廷(正門入ってすぐ)
*原告以外の方は、傍聴の抽選が実施されます。

<期日報告集会>
◇場 所  こどもみらい館第2研修室

+++++++++++++++++++++++++++++
原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会
 〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254
            北川コンサイスビル203号
 Tel:070-5260-9870・Fax:0774-21-1798
 E-mail : shien_kyoto at yahoo.co.jp
 Blog:http://shienkyoto.exblog.jp/
+++++++++++++++++++++++++++++


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内