[CML 029345] 某飯場から

長船 青治 pencil at jca.apc.org
2014年 2月 2日 (日) 06:20:09 JST


長船@母と子のセンターです。

貸し切り旅館という飯場スタイルは3年前にいわき温泉街で「東電」がやったのと同じだ。
どうも体質が同じ臭いがするぞ。
寝具なし食事は夕食のみ6畳に3人のたこ部屋だ。
おまけに急場作りで建て増しした部屋は板張りに安物の絨毯張りで
掛け布団と敷き布団と枕の3点セットで3500円に950円の毛布1枚を足し
1時間かけて福島市街のホームセンターまで行き買ってきた。
暖房はエアコンなので夜は底冷えするし窓が一個もないので
部屋は乾燥し過ぎで一晩で完全に喉をやられた。

以下1泊2日のレポートをTwitterに連投したものですが転載します。

福島県からいったい何万人が避難したと思う。ニュースで県外避難民は5000人に減少したというけど。
本当かな、5万人の出稼ぎ労働者が福島県に移住したのをあたかも避難していた人々が帰って来ているかのように錯覚する。
実際のところ除染工事はどうなんだろうか。
		
2年半くらい前、「旧・東日本大震災緊急支援市民会議」(現・母と子のセンター)内ではおそらく復興関連の仕事が今後20年以上続くだろう。
東北に行けばビジネスチャンスも東京にいるよりもいっぱいあるだろう国の復興予算はじゃぶじゃぶあって掴み合いの取り合いになるだろう

と予測したものだった。しかし3年経過して見て現実はどうなんだろうと少し怪訝な気持ちになるのだ。
人々はクールさを装っているが何だかかなしい。現場ではあと3年だってね。稼げるだけ稼いで帰ろうと。

iPad mini wifi+3Gから

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
長船 青治@母と子のセンター

pencil at jca.apc.org
seijiosafune at icloud.com
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
http://www.facebook.com/seiji.w.osafune
http://twitter.com/sosafune
(社)母と子のセンター
http://seijiosafune-shushu.blogspot.com/
「長船青治の小品集」
http://shiminkaigi311.blogspot.jp/
「夜逃げ屋本舗」
http://yonigeyahonpo.cocolog-nifty.com/blog/
「暗黒幻想録」
http://rurisou.blog51.fc2.com
「ザ・コスミック」
http://www.jca.apc.org/~pencil/200409.html
「瑠璃草」
http://rurisou.exblog.jp/
「少林寺拳法「錬誠館」」
http://www.geocities.jp/shorinji_renseikan/
「パレスチナに献花を」
http://ameblo.jp/shumari/
「残された人々のためのコンピュータ」
http://d.hatena.ne.jp/sw_osafune/
「岸辺にて」
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/5847/
「泥縄式」
http://www.geocities.jp/aki28479/about.html
「長船青治の世界」
http://seiji-osafune.hitois.net/
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
私小説『パレスチナに献花を』
れんが書房新社・刊 定価1400円(税別)
全国書店およびAmazonからご注文できます。
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*


CML メーリングリストの案内