[CML 029331] 2/11(火・休)原発メーカー訴訟、報告&説明会@品川きゅりあん(大井町駅前)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 2月 1日 (土) 10:02:06 JST


紅林進です。 


私も原告の一人となっています「原発メーカー訴訟」の会
 http://ermite.just-size.net/makersosho/  では、福島第
一原発事故における原発メーカーの製造物責任を問うた
め、福島第一原発の原子炉メーカー3社(日立・東芝・GE)
を相手取った損害賠償請求訴訟を、一昨日1月30日(木)、
東京地裁に提訴しました。

「原発メーカー訴訟」の会では、この「原発メーカー訴訟」に
ついての報告と説明会を2月11日(火・休)にJR 大井町駅前
の「品川きゅりあん」にて開催します。

そのご案内を転載させていただきます。

 (以下、転送・転載・拡散大歓迎) 

皆さま、
以下のように原発メーカー訴訟(1/30、提訴済み)についてその報告&説明会
を開催します。
関心のある方は是非ご参加ください。
(拡散希望)

1)趣旨(今回の訴訟の目標)
 1/30に東京地裁に原発メーカーを提訴しました。
フクシマ原発事故は原賠法によって原発メーカーは賠償責任が免責されているが、
それをいいことに原発メーカーは国内のビジネス先細りを補うために輸出に血眼
になっている。
 原発過酷事故は福島が終わりではない。今後も起こる可能性があり、輸出国の
国情を考慮すれば、技術以外の原因による過酷事故の可能性は大きい。
 しかし、国際標準となっている原賠法(=原発メーカー保護法・・PL法は適用し
ないことが謳われている)により、原発メーカーはどんな過酷事故があっても賠償
責任を問われることなく、原発を世界に拡散できる。
 種々の証拠により、原発メーカーの不作為によって起こった今回のフクシマ事故
を論証し、最終的に原賠法が憲法違反であることを明らかにする。

2)報告&説明会
 ・日時
   2月11日(火・休)9:30~11:30

 ・場所
   品川きゅりあん 6F 大会議室
    http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000000300/hpg000000268.htm 
    (JR 大井町駅下車1分)

 ・プログラム
  ・今回の原発メーカー訴訟の概要
  ・訴状の内容説明
  ・原告二次募集について

 ・参加費
   500円(資料代、会場費)

 以上、よろしくお願いします。

      「原発メーカー訴訟」の会
      http://ermite.just-size.net/makersosho/


CML メーリングリストの案内