[CML 035685] 【報告】第1350目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 12月 30日 (火) 08:30:46 JST


青柳行信です。12月30日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk

異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1350日目報告☆
      呼びかけ人賛同者12月29日3682名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
     
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
今日の テーマは 3年前の新聞が出てきたという話しです。
2011年の11月 福島のこと 廃炉のことなどが載っています。
2号機が再臨界を起こしたこと。原発ゼロの見通し。
廃炉にまでは30年〜40年かかることなどです。
このような 事実を認識すれば 再稼動なんてとんでもないことが、
はっきりするはずなのですが。
あんくるトム工房
3年前の新聞   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3307

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆人間の上に宗派を押し立てて平和を破る人間を破る
      (左門 ’14・12・30−886)
※イラクの不幸な家族のドキュメントを見て痛感する。
我が日本の場合は、財閥とその手代の党派である。
  
★ 仮面ライダ− さんから:
おはようございます。
テントの皆さん一年間テント設営お疲れ様でした。
m(___)m
〈うどんの釜の湯〉の私も本日で仕事納めです。
業務で利用しているガソリンスタンドでは
灯油が1?83円になって品切れの看板がでていました。
ス―パ―は正月用の買い出しで車で一杯
皆さん安全運転で、無事故で
良いお年をお迎えください。
一日川柳
〈SM大臣好き好きナチ太郎と沖縄虐め〉
〈長州の悪代官琉球処分でSM姫始め〉
〈嗚呼イヤラシアキエと官邸で姫恥じめ〉
〈晋三お前も悪じゃの〜SM暴走犬め〉
〈めったに出ない今世紀最悪のSM首相〉

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
 メールサービス 2014年12月30日 第445号

日本の政治動向には絶望的になりますが、
あきらめずに2015年も異議を唱え続けます。

-----------------------
    2014年
  見たくない顔
 聞きたくない言葉
-----------------------
■安倍内閣: 安倍晋三、麻生太郎、石破茂、菅 義偉、山谷えり子、極右女性閣 
僚、・・・
■NHK経営委員会: 籾井勝人、百田尚樹 、長谷川三千子、・・・
■メディア: 渡辺恒夫、櫻井よしこ、大越健介、辛坊治郎、・・・
■その他: 田母神俊雄、石原慎太郎、橋下 徹、桜井 誠(在特会)、・・・
■右傾週刊誌/ネトウヨ: 反日、売国奴、国賊、国辱、嫌韓、反中、・・・
■ヘイトスピーチ: 差別、偏見、憎悪、罵倒、・・・
■この道しかない: しっかり、憲法改悪、秘密保護法、集団的自衛権、原発推 
進、消費増税、TPP、・・・

-------------------------
 集会・アクション
-------------------------
■全国のデモ開催情報まとめ
◆原発関連
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
◆改憲関連
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
各社とも年末年始の体制に入っています。ネットで検索した記事を並べます。
今朝も川内(せんだい)原発、玄海原発の記事からはじめます。

川内(せんだい)原発関連、川内原発関連の動きを伝えてきた記者が、
1.「やごろうどん:ワイド 川内原発 これから /鹿児島」毎日新聞 2014年12月29日 地方版

http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/m20141229ddlk46070291000c.html
全文「九州電力川内原発(薩摩川内市)の再稼働について薩摩川内市長と市議会、知事と県議会が同意し、地元手続きが終わった。地元レベルで一応の政治的判断が出たというとこ
ろだろうが、やるべきことを全てやったかというと疑問だ。 
まず、原発で事故が起きた場合の避難計画。お年寄りら要援護者の避難、地震や津波などと同時に事故が起きる複合災害への備え。そもそも、川内原発で想定されるような地震が起
きた場合、薩摩川内市をはじめ周辺自治体は、地震による多数の死傷者、火災、これらの対処だけで手いっぱいとなるはずだ。
そして、各地で開かれた安全性に関する住民説明会。難解な科学・技術に基づく対策を、あの回数と時間でどれだけの人が理解できたのだろうか。
一方、各地で反対活動が盛んに行われた。しかし、総選挙で前回も今回も、川内原発のある鹿児島3区で、再稼働反対の“統一候補”は出なかった。のみならず、再稼働に反対しな
がらも今回、3区では容認候補を支援する政党もあった。なぜ、反対活動が政治運動にストレートに結びつかないのか。
しかし、自らを省みると、川内原発の“安全性”について本当のところを報道できたのか、表面的な動きばかり追いかけてはなかったか……。この欄でも、以前「(再稼働の)取材
も長くなりそうだ」と書いたが、まだまだ続く。始まったばかりなのかもしれない。【宝満志郎】」

2.「あしあと:’14鹿児島 1〜3月 /鹿児島」毎日新聞 2014年12月28日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20141228ddlk46040332000c.html
「・・・◆3月13日 九州電力川内原発を優先審査 原子力規制委は川内原発1、2号機の再稼働に向けた安全審査を優先して進めることを決めた。地震や津波への安全対策が一
定レベルに達していると判断した。・・・」

3.「あしあと:’14鹿児島 4〜6月 /鹿児島」毎日新聞 2014年12月29日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20141229ddlk46040287000c.html
「・・・◆6月13日 再稼働反対に1000人 川内原発の再稼働反対を訴え、県議会開会日に県庁前で1000人が集まる。作家の広瀬隆氏も駆けつけた。・・・」

玄海原発関連、
4.「(佐賀県)=年またぎ知事選= 4陣営、年末駆ける」佐賀新聞2014年12月29日 10時11分 
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30301/140735
「・・・・唐津市で街演をスタートした島谷幸宏候補(59)は前滋賀県知事の嘉田由紀子氏と共に県内を回った。玄海原発正門前でマイクを握り、原発再稼働反対や原発に依存し
ない経済政策を主張した。佐賀市の商業施設前ではオスプレイ配備計画への反対を主張し、「県民の県民による県民のための県政、しがらみのない政治を実現する」と約束し
た。・・・」

5.「(佐賀県)=来援語録= 嘉田滋賀県前知事」佐賀新聞2014年12月29日 09時57分
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30301/140738
「■佐賀から原発変える 滋賀県前知事の嘉田由紀子氏が28日、知事選の島谷幸宏候補を応援するために、唐津神社や玄海原発前などで演説し、「佐賀から日本を変える、玄海原
発を変えるという意思を見せてほしい」と脱原発を訴えた。
滋賀県は原発が集中する福井県と隣接する。嘉田氏は川内原発の地元同意に触れ、「鹿児島県知事は10キロ圏外の意見は聞かなくていいと再稼働に同意した。10キロ圏外だけで
なく、50キロ圏外だって被害を受けるところの意見はすべて生かすべき」と語った。嘉田、島谷両氏は自然環境をテーマにした研究者で共著も3冊ある。・・・・・」

6.「「佐賀県)=候補者へ=(3) 佐賀大4年 山本敦士さん(22)」佐賀新聞2014年12月29日 10時00分 
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30302/140743
「・・・・ブログやツイッターで候補者の情報を収集しています。オスプレイや原発再稼働はみんなが注目しており、将来、今の小学生や園児たちにも関わる問題。県民の声を聴
き、柔軟な判断ができる人に票を投じます。自分たちにとっての損得だけでなく、若い世代への視点も併せ持ってほしいと思います。(佐賀市大和町)」

福島第1原発、
7.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2014年12月30日
「29日正午現在1.118マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホームページから抜粋  前日は1.142マイクロシーベルト毎時」

被災地フクシマ、各紙で避難勧奨解除を批判する記事が、
8.「南相馬市 避難勧奨、最後の解除」河北新報12月29日(月)11時10分配信 
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141229_63018.html
「南相馬市内の152世帯が指定された東京電力福島第1原発事故に伴う国の特定避難勧奨地点が28日午前0時、解除された。福島県内の勧奨地点は全てなくなった。市によると、指定世
帯の約7割が現在も避難を続けている。国の決定を「一方的だ」と非難する声も強く、地元ではさらなる環境改善を訴えている。・・・・
勧奨地点はもともと往来の制限が無く、解除時に、バリケードの撤去作業などはなかった。国は全世帯が指定基準の年間20ミリシーベルト(毎時3.8マイクロシーベルト相当)を下
回り、「健康に影響ないレベルになった」(高木陽介経済産業副大臣)として解除に踏み切った。指定時に平均毎時2.4マイクロシーベルトだった線量は、除染で同0.4マイクロ
シーベルトに下がった。しかし、同1マイクロシーベルトを超える世帯もあり、地域には原発20キロ圏内より線量が高い場所が散見される。勧奨地点があった行政区長は、再除染と住
民の被ばくを管理する健康手帳の発行などを国に求めてきたが、実現しないまま解除を迎えた。解除に伴い、慰謝料は来年3月で打ち切られる。避難の継続は家計の負担増にもつなが
る。・・・
・・・国の強引な指定解除と慰謝料の打ち切り・・・とんでもない。

8’.「生活変わらず「正月は県外」南相馬で避難勧奨地点解除」福島民友新聞12月29日(月)13時24分配信 
http://www.minyu-net.com/news/news/1229/news7.html
「・・・・対象世帯の住民は複雑な表情を浮かべ、見通せない生活再建への不安を口にした。「解除で生活が劇的に変わることはない」。自宅の様子を見に戻った同市の佐藤勝治さ
ん(79)は解除後も変わらない現実に目を覆う。現時点で自宅で暮らすつもりはない。正月も県外で過ごす予定だ。・・・・
・・・市の除染で放射線量は下がったが、自宅の周囲を取り囲む山林は除染が行われていない手つかずの状態。「安心して暮らせる環境にはほど遠い」というのが佐藤さんの本音
だ。年末年始は長男家族の元で過ごす予定だ。自宅に親戚が集い、笑い声の中で迎える新年は、今年も訪れない。「いつかは昔のようにという気持ちはある。でも家族はここ(自
宅)に来たがらないからね」。佐藤さんは寂しそうに笑った。」

8”.「避難勧奨、全て解除 南相馬、住民「すぐ帰還せぬ」」朝日デジタル2014年12月29日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11529718.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11529718
「・・・今回、指定が解除された福島県南相馬市の152世帯の住民の多くは「線量がまだ高い」などとして解除に反対し、「すぐには帰還しない」と話している。・・・」

8”’.「「特定避難」解除 「一方的」怒りと不安 南相馬、除染進まず賠償打ち切り」毎日新聞 2014年12月29日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20141229ddlk07040092000c.html
「・・・「特定避難」は双葉郡などの避難区域と異なり、居住を制限する制度ではない。だが、実際は子供のいる世帯を中心に避難を選択している住民は多い。問題は、指定解除に
伴い、来年3月で1人当たり月10万円の精神的賠償が打ち切られるため、経済的に避難生活が継続できなくなる世帯が出てくることだ。・・・・
自宅が同地点に指定され、同市鹿島区の仮設住宅で妻と避難生活を送る嶌影勘さん(73)も、「自宅は山に囲まれていて、近くには線量が高いところがある。安心して暮らせる状
態になるまで、指定を解除してほしくなかった」と肩を落とした。「我々の声を無視した国の一方的な判断で解除するのはおかしい」。菅野会長は住民の気持ちを代弁するかのよう
に声を荒げた。」

9.「楢葉町、来春帰還へ課題山積 1月から町政懇で意見聞く」福島民報12月29日(月)11時53分配信 
http://www.minpo.jp/news/detail/2014122920109
長い記事「東京電力福島第一原発事故で全町避難の続く楢葉町は早ければ来春に住民帰還を始める目標を掲げたが、実現に向けて課題が山積している。避難の長期化で傷んだ住宅を
修繕する作業員が十分確保できず、自宅で生活する環境が整わない可能性が浮上。町は年明けから町政懇談会を開いて住民の考えを聞き、帰町時期を再検討する。・・・・
■住宅修繕の人員不足 風雨で屋根や外壁が剥がれたり、室内の柱などをネズミにかじられたりしたケースが目立つという。町は今年6月、3億7000万円の予算を確保し、ネズ
ミ・害虫駆除、家屋内清掃などへの補助制度を設けた。申請が相次いでいるが、復興需要を背景に大工や清掃業者が足りず1カ月から半年先まで作業に入れない例もあ
る。・・・・」
■背景 東京電力福島第一原発事故に伴い、楢葉町はほぼ全域が避難指示解除準備区域となった。11月末現在の町の総人口は7459人。約8割の5785人は町役場出張所があ
るいわき市内で暮らしている。松本幸英町長は今年5月、住民帰還の時期について「諸条件がおおむね整うことを前提に、早ければ平成27年春以降」との方針を示した。復興庁な
どが10月に実施した帰還に関する住民意向調査では、36・1%が「条件が整えば町に戻る」と回答。「今はまだ判断できない」が30・5%、「町には戻らない」が22・
9%、「すぐ戻る」が9・6%と続いた。」
・・・ここも除染が終わったとして、政府が指定解除をたくらむ!!

9’.「帰還で楢葉町長インタビュー」福島民報2014/12/29 08:27
http://www.minpo.jp/news/detail/2014122920116
「・・・−町長自身、今月上旬から自宅に戻り生活している。・・」 
・・・・参考まで、興味があれば検索してどうぞ。

9”.「“震災の教訓”後世に 楢葉町が「災害記録誌」発行」福島民友新聞12月29日(月)13時21分配信 
http://www.minyu-net.com/news/news/1229/news10.html
「楢葉町は28日までに、東日本大震災の発生から警戒区域再編まで同町が歩んだ軌跡を記した「町災害記録誌第1編」を発行した。約4500部作成し、同日までに町民への配布を開始し
た。震災の教訓を後世に伝えていく目的で作成した。震災発生から警戒区域見直しまでの約1年5カ月分。ダイジェスト版として発行し、A4判56ページにわたる。・・・・・」

10.「(中島町)仮置き場の見学会実施 15年3月完成目指す」福島民友12/29 08:50
http://www.minyu-net.com/news/news/1229/news3.html
「中島村は28日、除染で出た汚染土壌などを一時保管するため、同村滑津に造成中の仮置き場の見学会を開いた。村内唯一となる仮置き場は2月から、共有地の雑木林に造成して
おり、来年3月の完成を目指している。敷地面積は約4.5ヘクタールで、置き場部分は約3.5ヘクタール。すでに村内の小中学校などの敷地内に保管していた汚染土壌などは全
て先行搬入した。・・・」
・・・小中学校に保管・・・・各地にこうした汚染物質が山積みされています。

11.「(富岡町)(プロメテウスの罠)おだがいさま:17 笑い、原点から発信」朝日新聞デジタル12月29日(月)7時30分配信 (有料記事) 
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11529763.html
「◇No.1140 福島に縁もゆかりもなかった芸人も、おだがいさまFMを支える。お笑いコンビ「ぺんぎんナッツ」のいなのこうすけ(35)と中村陽介(なかむらようす
け)(32)だ。2011年5月13日、吉本興業が全国に芸人を派遣する「あなたの街に住みますプロジェクト」で福島県担当として着任した。
郡山市の半壊アパートに2人で転がり込んだ。2Kで家賃は月3万7千円。地元メディアや役所へあいさつに回る。だが、原発事故後の混乱期、仕事はなかなか見つからない。そん
なとき、郡山の避難所ビッグパレットでミニFMを立ち上げた県職員の天野和彦(55)に誘われた。・・・
住みます芸人の企画を知り、2人の出身地の福岡か千葉行きを望んだ。そこへ震災が起き、福島行きに立候補。だれも手を挙げなかった。先輩芸人から言われた。「放射能でみんな
逃げてる。まだ若いし、やめとけ」でも、迷いはなかった。・・・
今では思ったことを何でも話せるようになった。少しずつ、みんなが前向きになっていると感じる。でも、テレビでは放射線量が天気予報のように流れる。街のあちこちにモニタリ
ングポストが立つ。「福島も僕らも、これで終わっちゃいられません!」」

12.「飼い主待つ 被災ペット…三春のシェルター」読売新聞2014年12月29日
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20141228-OYTNT50225.html
「東日本大震災で飼い主とはぐれたペットを保護している三春町の動物シェルターに、震災発生から3年9か月以上がたっても取り残されている犬や猫がいる。飼い主の避難生活が
長期化して引き取りの見通しが立たないうえ、中には動物を手放す決心がつかない飼い主もいるためだ。東京電力福島第一原発事故のしわ寄せは、動物たちの生活にも及んでいる。
◇1000匹を保護 のどかな山村が広がる三春町上舞木(かみもうぎ)の街道沿い。約9000平方メートルの敷地内に震災や原発事故の後、保護された犬や猫を収容するシェル
ターがある。
原発事故で、避難指示区域に取り残されたり、避難の途中で飼い主とはぐれたりした犬や猫が大量に出たため、県と県獣医師会などは2011年4月、動物のシェルターを作った。
当初は福島市にあったが、保護される動物が増えたため三春町にも施設を作り、昨年3月、同町に集約した。県によると、多い時期は300匹以上を同時に受け入れ、今まで保護し
た総数は1004匹(犬459匹、猫545匹)に上る。
◇残るのは福島だけ 自治体や獣医師会が運営に関わった同様の施設は、岩手や宮城など他県にもあった。・・・・ペットは法律上、財産として扱われるため、センターは飼い主に
返すか、飼い続ける意思がないことを確認して引き取り手を探してきた。これまでに500匹以上を新たな飼い主に引き合わせてきたという。・・・しかし、扱いが決まらない動物
もいる。飼い主が「避難先ではペットが飼えない。新居を探すまで待ってほしい」と言って、所有権を放棄せず引き取りも保留しているケースだ。・・・・」

13.「川内町で年越しそば打ち 原発事故後、初の収穫」河北新報2014年12月30日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141229_65029.html
「福島県川内村の「蕎麦(そば)酒房 天山」で29日、年越しそばの準備が始まった。東京電力福島第1原発事故後、初めて村で栽培されたソバを使う。店主の井出健人さん
(34)は「川内村の新そばを打てるのは感慨深い」と意気込む。・・・・
井出さんは2008年、いわき市の古民家を移築して店を始めた。十割そばが人気を呼び、夏には隣の大熊町や富岡町から50〜60人が訪れた。原発事故で店は休業を強いられ、
ことし3月、避難先の埼玉県から戻り店を本格的に再開したが、客足は遠のいたままだ。・・・
井出さんは2008年、いわき市の古民家を移築して店を始めた。十割そばが人気を呼び、夏には隣の大熊町や富岡町から50〜60人が訪れた。原発事故で店は休業を強いられ、
ことし3月、避難先の埼玉県から戻り店を本格的に再開したが、客足は遠のいたままだ。・・・・」
・・・・福島に移住した矢先に原発事故にあって、・・・福島の自然や風土にひかれて移住している人が多かった。
・・・・再開した蕎麦―基準値を下回ったとしても、複雑な心境になります。

14.●●「(いわき市)原発事故発生時市民アンケート 広域避難計画に反映」いわき民報2014年12月29日(月)更新
全文「市はこのほど、「原子力災害時の避難等に関する市民アンケート」の結果をまとめた。それによると、東日本大震災に伴う東電福島第一原発事故で避難した市民のうち、回答
者世帯全体の約6割が家族全員か、家族の一部が避難していたことが分かった。アンケート結果を踏まえ、市では、現在策定作業を進めている原子力災害にかかる市広域避難計画に
反映させる方針。
アンケートは、原子力災害にかかる市広域避難計画の策定に当たり、原発事故当時における市民の避難行動や事故から3年が経過した現在の意識を把握するとともに、今後、万が一
の原子力災害発生時における行動や備えにつなげようと、行われた。
対象は、26年7月1日現在、本市に居住している満18歳以上の男女のうち、23年3月11日時点で本市に居住していた3000人を住民基本台帳から無作為抽出した。有効回収数は
1156票で、回収率は38・5%。「回答者の属性など」「震災時の情報の入手や避難などの実態」「新たな原子力災害時の行動や今後の備え」の3つのテーマで、29の質問を行っ
た。
避難の状況では、「家族全員が避難した」が40・2%、「家族の一部が避難した」が16・9%と、回答者全体のうち、約6割が避難したと答えた。避難する上で苦労したことでは、
ガソリンが手に入らなくて困ったが81%、渋滞で避難に時間がかかったが41%、どこに行けばよいのか分からなかったが26%となった。避難先では、茨城県、東京都、埼玉、千葉、
栃木、神奈川県などの県外が71・1%と最も多く、県内が16・8%、市内が9・7%だった。
新たな原子力災害時の行動や今後の備えについては、情報入手手段としてテレビが86・7%、緊急速報メール(エリアメール)が35・1%、FMいわきが33・1%、市や消防の広報
車が18・9%だった。屋内退避指示発令時の行動では、指示に従い屋内退避をするが71・9%、避難指示発令時の行動では、68・9%が家族全員で避難すると答えた。また、要配慮
者などへの支援では、近所の高齢者や障がい者への支援として60・9%が声をかけるとしたほか、20代から40代を中心に、「支援したいが何をしたらよいかわからない」との回答が
22・6%に上った。
市ではアンケート結果を踏まえ、現在策定作業を進めている原子力災害にかかる市広域避難計画に反映させる方針。」

15.「(福島県)28日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定値」福島民報12月29日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・この紙面にあった「東日本大震災の県内死者・行方不明者の一覧表は、県の発表が1月4日まで休みとなるので、1月5日まで休載する、と。

16.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野新聞12月29日17:45
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20141229/1823026
▼空間放射線量率(29日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

17.「(茨城県)<原発ADR>茨城の250農家申し立てへ 賠償継続求め」毎日新聞?12月29日(月)21時37分配信
http://mainichi.jp/shimen/news/20141230ddm041040082000c.html
全文「茨城県西地域の野菜農家約250人が、東京電力福島第1原発事故の風評被害による損害賠償の継続を求め、来年3月にも国の原子力損害賠償紛争解決センターに裁判外紛争
解決手続き(原発ADR)の集団申し立てを行うことを決めた。東電から2013年4月以降の賠償を打ち切られており、今年6月までの賠償額に相当する総額10億〜20億円を
請求する方針。
申し立て農家は同県坂東市や境町、八千代町など県西地域でキャベツ、ハクサイなどを生産している。県内農家は原発事故後、風評被害で売り上げが減少したとして賠償を受けてき
た。東電は「農産物などは市場価格が震災前の価格に回復した」などとして、13年3月分で賠償を打ち切ったが、農家は「風評被害が続き、売り上げは回復していない」と主張し
ている。
申立代理人の原発被害救済茨城県弁護団によると、農家による集団申し立ては全国でも聞いたことがないといい、今後は他の地域でも説明会を開くなどして、参加を呼び掛けていく
方針。同弁護団事務局長の関健太郎弁護士は「個々の農家では(東電と)交渉できず、泣き寝入りしてしまうことも少なくない。集団で地域を巻き込み、風評被害の深刻さを訴えた
い」と話している。」

17’.「茨城の農家、集団請求へ 原発風評被害、賠償継続を」東京新聞2014年12月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014122902100004.html
「・・・茨城県による定期的な検査では一二年以降、県産野菜から放射性セシウムは検出されていない。だが、農家からは「原発事故後に値下がりした地元野菜の価格はまだ戻って
いない」といった指摘がある。茨城県の農家らに対する東電の損害賠償打ち切りは一三年秋に二十数件が表面化。橋本昌知事は「不利な条件下で事業者は必死に取り組んでいる」と
批判したが、東電側は争いがあればADRで和解する意向を示していた。・・・・」

17”.「茨城野菜 復権へ一丸 買い控え、買いたたき「悔しい」」東京新聞2014年12月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014122902000105.html
「・・・・一三年の県内の農業産出額は四千三百五十六億円で、原発事故前の一〇年の水準に回復してはいる。しかし一方で、今年一月に県が東京都や関西地方の消費者に実施した
調査では、約一割が「何となく不安」といった理由で県産野菜の購入を控えていることが判明した。・・・・・
◆東電と和解成立3分の2 申し立て1万4000件 原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てるADRは、福島第一原発事故から半年後の二〇一一年九月一日に受け付けを始
め、今月二十五日までに一万四千三百二十八件の申し立てがあった。このうち和解が成立したのは九千五百五十六件(66・7%)、進行中は二千七百六十二件(19・3%)。解
決に費やす期間は平均で半年程度とされ、時間、費用の両面で被災者の負担軽減になるとされる。ただ和解が成立せず、民事訴訟に発展する場合もある。
東電側が「国の指針から乖離(かいり)した和解案を受け入れれば、指針に基づいて賠償を受ける住民との間で著しく公平性を欠く」などとして和解を拒否するケースもあった。」
・・・円グラフが添付されています。

18.「「各県処分」めど立たず=候補地の反対根強く―指定廃棄物問題」時事通信12月29日(月)16時7分配信 
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014122900420
「福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物の処分問題をめぐり、国と地元の対立が深まっている。国は廃棄物が保管されている12都県内でそれぞれ処分する方針で、
このうち仮置き場が逼迫(ひっぱく)している宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の5県で最終処分場を新設する予定だ。しかし、国が2県で選んだ建設候補地では反対意見が噴出し、建
設のめどは立っていない。・・・・
一方、廃棄物が最も多い福島県では、既存の処分場を活用するほか、高濃度の汚染土などを最長30年保管する中間貯蔵施設を大熊、双葉両町の第1原発付近に新設する計画。15年早期
に搬入開始を目指すが、用地を取得するための地権者との交渉が遅れている。」
・・・添付図表があります。

原発立地地域、
19.「(青森県)審査の行方 なお不透明 どうなる青森・原子力半島」河北新報12月29日(月)11時10分配信 
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141229_23005.html
長い記事「青森県下北半島に集中立地する原発、核燃料サイクル施設はことし、相次いで原子力規制委員会の新規制基準の適合性審査(安全審査)を申請した。衆院選では原発推進
を掲げる安倍晋三政権が大勝したが、クリアすべき課題は山積し、再稼働や施設操業の見通しは不透明だ。2015年の「原子力半島」はどこへ向かうのか。現状と展望を見
る。・・・」
・・・時間が許すなら検索してどうぞ。

政府、
20.「新枠組み交渉、正念場に=20年以降の温暖化対策―先進国と途上国、対立必至」時事通信12月29日(月)15時52分配信 
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014122900411
・・・・温暖化対策を口実に原発再稼働をもくろみを解説する記事。添付グラフ有。総排出量は中国がダントツ。

電力、
21.「関電・東ガスが提携交渉 燃料調達や発電所建設で 東電・中部電連合に対抗」日経新聞2014/12/29 2:00
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26I4W_Y4A221C1MM8000/
有料記事「関西電力と東京ガスが提携交渉に入った。燃料調達や火力発電所の建設、電力の相互融通などを柱にする。2016〜17年にも全面実施される電力とガスの小売り自由化をに
らみ、コストを削減して家庭や企業に電力とガスを安く提供するのが狙いだ。既に提携を決めた東京電力・中部電力連合に対抗する。国内エネルギー産業は地域や業界の垣根を越
え、本格的な再編時代に入る。
12月中旬に関電の八木誠社長と東ガスの広瀬道明社長が担当幹部を交えて会談し、広範な提携の検討で合意した。14年度末にも具体策を詰める。
力会社と都市ガス会社は長く実質的な地域独占が続いてきた。全面自由化をにらみ、石油元売りや商社などが新規参入を表明。価格などの競争激化は必至で、10月には東電と中部電
が包括提携に基本合意した。
関電は国内電力需要の3割を占める首都圏市場を強化する方針を打ち出している。東ガスは16年4月にも家庭向け電力販売に進出する方針。提携で合意できれば規模のメリットを生
かしたり、ノウハウを共有したりできると期待している。関電と東ガスの液化天然ガス(LNG)調達量は合計で約2100万トン(13年度)で、日本全体の4分の1を占める。LNG
は発電燃料や都市ガス原料だ。共同調達で価格交渉力を高める。・・・・
・・・東ガスも、東電などがガス販売拡大を狙っていることからコスト競争力を高める必要がある。
首都圏で石炭火力発電所を共同で建設・運営することも検討する。関電は小売り用の電源を確保する。東ガスは20年までに発電事業を300万キロワットに倍増させる計画だが、現在は
石炭火力発電所を持っていない。提携により発電コストが安い石炭火力のノウハウを得る狙いもありそうだ。 
さらに、神戸製鋼所が栃木県に建設する発電所から東ガスが調達する計画の電力の一部を関電に卸す案が浮上している。関西では関電が神鋼から調達している電力の一部を東ガスに
譲る可能性がある。それぞれが手持ちの電力を相互に融通することにより、関電は首都圏で、東ガスは関西で電力を売りやすくする。・・・・」

21’.「関電、東ガスと提携拡大へ 燃料の共同調達を検討」佐賀新聞2014年12月29日 15時53分 
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10204/140835
「・・・関電は現在、保有する原発が全基停止中で、液化天然ガス(LNG)など火力発電の燃料費がかさんでいる。2015年3月期の燃料費は1兆2230億円に上る見込み
だ。共同調達によってコスト削減を目指す。」(共同)

海外、日本企業が・・・
22.「大手邦銀、核関連企業と金融取引 民間団体がリスト公開」東京新聞2014年12月29日 21時46分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014122901001463.html
「民間の国際平和団体、PAX(オランダ・ユトレヒト)は29日までに、核兵器製造に関連する会社と金融取引をしている銀行や年金基金など411社・団体のリストを公開し
た。日本企業は、大手銀行をはじめ6社が含まれている。
報告書が核兵器関連企業と見なしたのは開発や製造に携わる28社で、米国のロッキード・マーチン、バブコック&ウィルコックス、欧州のエアバスグループなど。
核兵器関連企業に取引の実績がある企業には、日本から三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、オリックス、三
井住友トラスト・ホールディングス、千葉銀行が挙がった。
海外勢では英国のHSBC、米国のゴールドマン・サックスなどグローバルな金融機関が並んだ。・・・・
三菱UFJ、三井住友、みずほ各FG、三井住友トラストは報告書について「個別取引については答えられない」としている。千葉銀は「核兵器関連企業と認識しての融資ではな
い。いまは融資していない」という。オリックスは「当社が90%の株式を保有するオランダの資産運用会社の金融商品に、指摘された会社が入っていると思われる」(広報担当
者)と説明。資金を直接提供しているわけではないと話している。PAXは2013年もリストを作成しており、国内勢では三井住友トラストを除く5社が含まれていた。・・・」

23.「(韓国)送電中断を求め密陽住民が首にロープをかけ座り込み」ハンギョレ新聞12月29日(月)6時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00019188-hankyoreh-kr
「韓国電力公社(韓電)が新古里(シンコリ)原発〜北慶南(キョンナム)変電所765キロボルト送電線路の試験運転を始めると、送電塔設置に反対している慶尚南道密陽(ミリャン)の住民
たちが韓電の送電中断を要求した。
密陽765キロボルト送電塔反対対策委員会は28日「送電塔設置に反対する密陽住民たちが、26日から115番送電塔が建っている慶尚南道密陽市上東面高亭里で高圧送電を阻むための座
り込みを三日間続けている」と明らかにした。 韓電は28日午後から密陽送電塔区間を含む新古里原発〜北慶南変電所送電線路に対する試験送電を行った。
送電塔に反対する住民約50人は115番送電塔の下にある座込み場で韓電の送電中断を要求した。 約10人の住民は115番送電塔を囲む垣根近くの場所に座り込み、首にロープをかけて韓
電の試験送電に対する抗議の座り込みを行った。・・・・」
密陽住民たちは韓電の公式謝罪などの要求が聞き入れられるまで座り込みを継続する」と話した。」

24.「韓水原社長「原発サイバー攻撃、現在も続いている」」中央日報日本語版12月29日(月)17時2分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00000043-cnippou-kr
「韓国水力原子力(韓水原)のチョ・ソク社長は28日、「現在も原発に対するサイバー攻撃が続いている」と明らかにした。チョ社長は同日、ソウル三成洞(サムソンドン)の韓
水原ソウル支社で記者会見を開き、「今月9日の(自称『原発反対グループ』による)悪性コード電子メール攻撃以降、韓水原内部の業務網に侵入しようとする試みが以前より増え
た」とし「攻撃者が残したコメント文に『声東撃西』という表現があるが、資の追加流出と原発破壊脅迫をしておきながら(実際は)日常業務ネットワークを攻撃しているようだ」
と話した。・・・・」

参考記事、
25.「原子力人材育成 原発政策に新増設も加えよ」読売新聞2014年12月30日 01時12分
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20141229-OYT1T50106.html
「・・・・だが、廃炉現場で働くだけが目的では、有能な人材がどれほど集まるだろうか。福島第一原発の廃炉作業を担う人材さえ確保できない恐れがある。・・・・・福島第一原
発事故の教訓を生かし、安全性を大幅に向上させた新型の原発を建設することで、産官学に幅広い人材を育てる。そうした原子力政策を確立すべきだ。」
・・・この新聞社があいも変わらず、原発推進記事を。興味があれば検索してどうぞ。添付図表があります。?

26.【神奈川】2014取材ノートから(8)市民の姿なき防災訓練 原子力空母の交代決定」東京新聞2014年12月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20141229/CK2014122902000125.html
「十二月十七日。寒風吹きすさぶ米海軍横須賀基地では、帰港して約三週間の原子力空母「ジョージ・ワシントン」(GW)の前で、空母での事故に備えた日米合同原子力防災訓練
が行われた。横須賀市、米海軍、原子力規制庁などの関係者が、日米間の情報共有や軽い被ばくと骨折をした乗組員の治療の流れなどを確認。岸壁では放射線管理区域を設定し、被
ばくしたけが人役を搬送した後、日米双方で周辺の放射線量を測り、互いの数値を突き合わせる。
 一見、念の入った訓練。だが横須賀の住民の姿はない。「万が一の事態でも基地の外に影響はない」という米側の見解に沿い、周辺住民の避難が訓練に盛り込まれることはなかっ
た。・・・・
いざという時のための訓練さえ、最悪の事態を想定して行えない。それが、原子力空母がある横須賀の現状だ。空母交代で、引き続き原子炉が東京湾に浮かぶことになる。安全神話
が崩れた例は福島で見た。国や市は、住民を守る現実的な方策を編み出すべきではないだろうか。交代の、その日までに。」
・・・ここでも「安全神話」が。

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
7面下方に、21.の類似記事。

今朝は紙面は、これだけです。(12.30.4:35)
※この新聞記事紹介は、この時間を過ぎた頃には次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ 前田 朗 さんから:
大江健三郎批評を読む(4)大江文学の「矛盾」をどう見るか
中村泰行『大江健三郎――文学の軌跡』(新日本出版社、1995年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/12/blog-post_29.html

−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●九電本店前ひろば 2015年1月5日(月)から●

【テントひろばから生まれたオリジナル曲】
●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

「きみへ 〜さよなら原発!福岡〜 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める
「異議申立て」意見陳述会の開催について関するご案内。●
http://ameblo.jp/yaaogi/

●九電本店前ひろばへ年末カンパよろしくお願い致します。●
    【カンパ振込先 】
<郵便振替>
   口座記号番号 01770−5−71599
   加入者名  さよなら原発!福岡
<通信欄に「ひろば」とよろしくお願い致します。>
<他金融機関からの振込用口座番号>
  一七九(イチナナキュウ) 店(179) 当座 0071599 

●「さよなら原発!福岡」例会 2015年1月8日(木)18時30分から●
      福岡市人権啓発センター
  場所:福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
     電話 092−717−1237 FAX 092-724-5162
   地図:http://www.kenkou-support.jp/access/
<例会の会議場所、福岡市人権啓発センターは 場所が移転しました。>

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分〜(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
     第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
             原告総数 原告総数  8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
     ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
        午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内