[CML 035667] 【高浜原発3・4号の再稼働阻止に向け 30キロ圏内の京都・滋賀、関西一円から 住民説明会の開催、地元同意権を求めよう】 「若狭の原発周辺住民ネットワーク」を軸に、福井・関西の連携を進めよう

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2014年 12月 28日 (日) 13:18:38 JST


美浜の会ニュース癸隠械温罅2014年12月22日)より

高浜原発3・4号の再稼働阻止に向け
30キロ圏内の京都・滋賀、関西一円から
住民説明会の開催、地元同意権を求めよう

///////////////////////////////////

「若狭の原発周辺住民ネットワーク」を軸に、福井・関西の連携を進めよう

///////////////////////////////////

・京都・滋賀、関西一円から住民説明会の開催、地元同意権を求めよう
http://www.jca.apc.org/mihama/News/news132/index_news132.htm

 高浜原発3・4号の再稼働を止める運動は正念場を迎える。政府と規制委員会、福井県と高浜町は一体となって早期に再稼働を強行しようとしている。1月 16 日までのパブコメ終了後に審査書を確定し、2月には地元同意が焦点となる。福井県と高浜町は住民説明会も開かず、地元同意権を独占することに固執し、「京都に同じ権限を認めるなら再稼働しなくてもいい」とまで語っている。県民や周辺住民の安全など眼中にない。さらに、4月の統一地方選の争点になるのを嫌って、地方選の前に地元同意に決着をつけようとしている。

 運動の焦点は、30 ㎞圏内京都府・滋賀県及び関西各地から、住民説明会の開催と、被害地元として同意権を求める声を顕在化させることにある。福井と関西の団体で作られた「若狭の原発周辺住民ネットワーク」を軸に、連携を強めて進もう。政府の原発回帰路線をくい止めよう。  		 	   		  


CML メーリングリストの案内